「Galaxy S8」「Galaxy S8+」国内では売れない

虹彩認証などに対応したようだが、ホームボタンが廃止され、指紋認証が背面のメインカメラ付近に移ったようだ。そのため、操作性は悪いだろうとCNETは書いている。
https://japan.cnet.com/article/35098954/

個人的に一番気になるのは、バッテリーの容量が3000(S8)/3500(S8+)mAh(Xperia XZ Premiumは3230 mAh/S7 Edgeは3600mAh)と減ったことだ。これは相当厳しいスペックだ。ディスプレイのサイズは5.8型と6.2型へと大きくなっているので、OLEDディスプレイの消費電力が相当程度下がっていないなら、ちょっと選べない製品だろう。

やっちゃった感が強い。まあ、Noteの問題から当初予定していたバッテリが搭載できなかったのかも知れないが・・・。


スペック表を載せるかどうかは、ちょっと検討している。正直、予想以上に薄型に力を入れて大事な基本を疎かにした印象があるので、昨年のソニーとは真逆に今年はソニーの方が評価出来がっかりだ。薄さやディスプレイより、もっと基本的な部分に力を入れた方がよいと思うが・・・。まあ、それでも世界で2番目に売れる製品群なので、強気に出られるのだろうが・・・。

Samsungはそろそろ落ち目になるかどうか、世界市場がどう見るかが、これで分かるだけに、今回、世界の反応がどうなるかは気になるところだ。個人的には、今回のGalaxyは方向を誤っていると思う。


というより、このスマートフォンは大きすぎだろう。6インチは流石に・・・。フォンというよりは既に「本」(Book)だよ。いやGalaxyだけにノートなのか?本当にそろそろiPhoneSEみたいなそこそこ高性能なAndroidスマホが欲しい。


-むらた 様-

コメントありがとうございます。確かにおっしゃるとおりです。使ってみないと分からないものだと思いますし、虹彩認証を使わせたいというのはあると思います。ただ、指紋認証の場所は考え物ですし、虹彩認証は屋外での逆光認証などが上手くいかないことがあるので・・・薄くするよりサイドキー付近に指紋認証センサーを付けて、運用性を上げた方がよいと思うのです。あくまで私見ですが・・・。

ちなみに、バッテリの件ですけど、私なりの見解を書いておきます。基本的に私は、スペック厨なので、欲しいスペックで書いているという前提もありますので、ご了承下さい。

「バッテリーはS835とNougatの省電力性があるので」という点。

この点については、私の見解は次のようになります。
Nougatの省電力性は、過去のスマートフォンでもバージョンアップすれば使えることになります。もし、それが機能すると仮定すれば、単に過去の製品は再調査をしていないから、持続時間が変わらないだけという話にもなり得るのではないでしょうか?そうなると、バッテリ容量が多い過去の製品は、新製品より長持ちする可能性もあります。


それと、Snapdragon 835の省電力性というのも実は営業トークとしては常套手段ですけど・・・これはいわゆる策です。私としては「子供だまし」です。全く意味がないとは言いませんけど。
スマホのSoCもPC向けのCPUと同じで、TDP/SDPに相当するものがあり、消費電力上限や下限、発熱量は前の世代などをある程度踏襲しています。どうしても、筐体に収める都合上、電力と熱を規格基準の枠に当てはめてデザインする必要がありますから・・・。

では、何故、同じ枠でも新しいほど消費電力が減るというのか?それは単純に市場(ユーザー側)での運用実績から見て、平均した時にという条件があるのです。それをSoCやCPUを制御するマイクロコードなどを用い、ある程度細かくチューニングすることで、電力効率を上げているというだけの話です。簡単に、説明するとこれまでの製品(100)があり、パフォーマンスが倍(200)になったと仮定しましょう。

アプリケーションを快適に使うのに必要とする性能が、前の世代の一番上の性能(100)と同じなら、最大性能を発揮する必要などありません。動作を意図的に100に抑えることで、消費電力を抑えられます。速度は前の世代とほぼ同等(100)になります。

これは、性能に余裕があるため、積極的に寝る間も惜しんで働くのではなく、意図的に休み休み働かせることで時間外の割り増し費用を抑えてみたいな労働をしている訳です。仕事で言えば対価となる賃金と同じで、時間外/深夜/休日割増しの1.25倍や1.35倍、1.5倍を無くしてちゃんと休ませれば、コスト(消費電力)は平均で下がります。835の場合は2クラスター4コアの8コアのようですから、コア数が増えたこの世代では、非操作時と低負荷時の消費電力はかなり下がるはずです。

しかし、次の点を忘れてはいけません。

-ハイエンドに求められるのは何か?-

相対的に性能が上がるため、消費電力が下がるというのは、あくまで前の製品に比べて負荷が増えなければです。ハイエンドを買う人にはその利点が必ずしも上手く機能するとは限りません。

ハイエンドユーザー向けの製品における省電力機能というものの欠点があるとすれば、「省電力が機能する条件を満たさない」運用をするケースが多いということにあります。私は職業上、端末運用管理もしていたので、嫌な思い出が沢山ありますが、その中にバッテリーが持たないじゃないかという苦情もありました。お隣さん(隣の席の人)より持たない、故障だと・・・。

省電力機能も使っているけど、持たない。何故か調べるとそこではハードの運用頻度が高く、通信も多いパフォーマンス消費が多かったわけです。これでカタログスペックとか知っている人や、下手に市場評価などを知っている人に説明するのは辛いのですよね。公称平均を出される割に、電力管理がどう動いているか知りませんから・・・

ハイエンド製品を選ぶ人の多くは、実はスマートフォン自体で扱うアプリケーションが比較的多く、最新で最高速を求めているケースも多いので、バッテリ容量が減ってしまうと、その影響が如実に出ることがあります。

所謂、平均的な運用の公称値がいくら伸びていても、実際には持たない訳です。その結果、持つという記事の割に、持たないという自己評価が出てくることになります。そして、持つという人は、何か工夫を自分でしているケースが多く、そういうもの(何か対策をするもの)という意識になる。

ある意味これは、本末転倒です。ハイエンドなのにハイエンドの性能を殺して時間を持たせるという、本当にハイエンドを買う意味はあるのかという袋小路に陥るわけです。だから、最近は一通り出来るミドル製品を選んでという人が増える訳です。私としては、ミッドはわくわく感がないので・・・。と、愚痴ってしまいましたが話を戻します。


今回の場合は、SoCよりも液晶ディスプレイ(OLED)の解像度とサイズがアップしているのが、余計に心配を助長します。XperiaもX世代とZ5 Premiumの間でバッテリ容量が減ってというのはありますが、あれはディスプレイの解像度を下げて、光透過性は上がっていたり、いくつかの機能縮小などもしていました。バッテリーを持たせるための努力に機能バランスも考えた結果という点があったのです。

それでも、公称より持ちが悪いと言われました。今回Galaxyのディスプレイは厳しいのです。スマホの3割から4割の電力消費に影響を与えますから、大きくなると辛くなる。特にピッチを抑えてディスプレイ解像度を上げると、同じ消費電力でも輝度が下がるためバッテリーを減らすとチューニング(輝度の調整)に相当苦しむことになったでしょう。その辺りまで計算してディスプレイの消費電力も相応に抑えられていればよいのですが・・・。

個人的な見解を言えば、Noteのバッテリー問題がなければ、Samsungはバッテリ容量をこの製品で少なくとも前と同等から4000mAh台にするつもりだったと、私は思っています。そうすれば、だいたいこの大きさとこのディスプレイを見ると、バッテリ消費の公称値も伸び、最大性能時の持ち時間は前と同等程度に出来ると私は見ています。
しかし、あれが起きたことでバッテリーセルの電力密度下げることになったとしたら、公称値が下がらないか、伸びるぎりぎりを探ってこうなったのではないかと私は見ています。

これは、設計期間から考えても妥当なのです。Noteの回収騒ぎが起きた期間から逆算すると、バッテリ密度と容量のために筐体デザインの変更を行う余裕はありませんから。

Samsungにとっては、たぶんこの製品は何とか支える程度でも、売れればOKの製品で出したのだろうとみています。世界市場がどう評価するか分かりませんが、苦戦することも予想しているかも知れません。ただ、これが売れなかったとしても、バッテリ問題が原因と考えれば、S9でそれを挽回させることも出来ます。ただ、次がダメだったなら、S8が新モデルとしての転換点となり得ます。


CPU機能やソフトウェアとしての省電力を比べるなら、Transmetaが開発していたLongrun TechnologyとLongrun2 Technologyや、PCのOSやプラットフォームで使われるステート電源管理のように、何をしたときにどこの電力が削減されるかは、大事です。ただ、それが分かったとしてもハイエンドが求めるのはあらゆる面での性能です。しかも、携帯デバイスですから、バッテリーの容量が減って性能は高いというのは、微妙ではないでしょうか?


あくまで、製品が出てこないと実際にどうなのかは分かりませんが、バッテリ容量の減少は私からみると失望でしかありません。携帯デバイスでハイエンドなのにバッテリーセーフに力を入れたら、そもそもハイエンドの意味がありませんからね。これが、17インチのDTRノートPCなら良いのですけど・・・

だから、売れないというか、私的には、売れて欲しくもないのかな?これで売れて、他のメーカーも追従されたら、堪りません。ソニーも、折角バッテリーを増やす方に動いたのだから・・・。この流れは勘弁して欲しいのです。



「「Galaxy S8」「Galaxy S8+」国さんコメントありがとうございます。
今後記事を書く上での参考にさせて戴きます。
ちょっと、こういうコメントは予想していなかったので、動揺していますが、出来れば、Galaxyというブランド批判なら2chなどで書いて戴ければと思います。その方が、きっと楽かと思います。
当該製品(S8やS8+)に問題があったというなら、その製品の問題を、書いて頂けると幸いです。出来れば、こうすれば良いのにと書いてくれると、多くの人にとって参考になるでしょう。


どうしても、一点だけ書いておきたいことがあるので、書いておきます。
「それから、 どれほどスペックの事を語っても、欲しくないです。(笑えるだけ)」というのも、嫌いな人同士の集会なら別でしょうけど、ここではこういう記載はしないで戴きたい。あくまで良い物を各社が消費者の望む方向に向けて、開発していくのに必要な内容なら良いですけど。そうでなく私は二度と買いません的な意見や、スペックが高くてもお笑いものですと言われると、ちょっと困るのです。

最近は、TwitterやSNSでもそういう書き方をする人は多いですが、その多くを書いている人は、きっと昔の日本がどうやって成長してきたかを知らないのでしょう。戦後の日本企業はくず鉄やゴミから商品を作っていたぐらいの国でした。それが、朝鮮戦争の軍事景気(GHQは当初日本を農業国にするつもりだったいう話もある)と、その後の努力で日本製が技術的にも性能的にも評価されるようになりました。良い物は、最初から日本製ではなかったのです。それを変えたのは、正しい製品レビューでした。この商品は悪い。この商品は良い。ここを改善すれば良くなる。そういう情報を公開することで、良い物が生まれていきました。

今、ハイテク製品全般で確実にそれをやっているのは、分解マニュアルなどを出しているiFixitやConsumer Reportsぐらいです。日本には残念ながら純粋に評価しているところはありません。その結果、今ではSamsungはダメ、LGはダメ。中国はダメ。日本がOK、Appleは別腹で沢山記事がVIPサービスされる。欧米は良かったり、悪かったり。それは評価ではなく利己主義や経済性(広告主への配慮)を他人に押しつけるだけです。だから、良い物を見るという部分が失われ、新しい発想で良い物を生み出すことが出来なくなる。この意味が分かりますか?日本が製品開発力で衰退するということです。
https://jp.ifixit.com/Guide/iPhone+7+%E3%81%AE%E5%88%86%E8%A7%A3/67382
https://jp.ifixit.com/Teardown/Samsung+Galaxy+S7+Teardown/56686
http://www.consumerreports.org/cro/index.htm

爆発するような商品とか、ブレーキが効かないとか、燃費データ改ざんとか、世界ではそういうのは毎年1件は新しい話題として出てきます。じゃあ、それをやった会社が、潰れるのかというと、三菱自動車は何度もやったので、あれですけど、トヨタはブレーキマットなどに対策を取り評価されました。VWは一時は苦しいとされていましたが、今は改善傾向。タカタは落ちています。これが、示すのは対応が良ければ、むしろ評価されるということです。

しかし、日本、中国、韓国は最近結構似ていて、良し悪しではなく先にメーカーが悪いものだったり、ブランドイメージが悪いものとして見る人もいる。その結果、適正な評価がなされないことも多いのです。このコメントを見ると、そういうところはありませんか?と気になってしまいます。

私は、本当にスペック表が大好きなので、自分で調べたそれをここに公開していますけど、そういうスタンスのBlogでは、このようなことは書かない方がよいかも知れません。スペックを事細かに見ている人と、全体のイメージでの発想やイデオロギー(思想傾向)が関与している人とでは、調べている情報の量も、それらを集めるために使っている時間も違います。何より、思想傾向による感情が入って全面否定する人と、純粋にスペックなどを見ている人では、交わるのも難しいものです。

これでも私は、下のように一つ一つデータベースや表を個人的に作っているのですから、思想を込めて好き嫌いだけを、記事に絡められると困るのです。何かアイデアがあって、こうすれば良いと言ってくれるなら救いもありますけど。
http://powerpro.at.webry.info/201705/article_20.html

私も、このタイトルの記事であったため、アンチの人を呼んでしまったことは、申し訳なく思っています。
ただ、Galaxyを暗に否定しているわけではなく、今回のモデルについて、想像出来るスペックよりバッテリが弱いため、Note 7の問題も加味すると、売れ行きは悪くなるだろうと考えて書いたものであることをご理解戴ければ幸いです。もし、ご理解戴けるならば、今後とも、当ブログに足を運んで戴ければと思います。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

むらた
2017年03月30日 11:26
どうなんでしょうね。
バッテリーはS835とNougatの省電力性があるので、それ次第、
端末ロック解除は指紋じゃなくて虹彩認証を使おう、なのかなと受け止めてます。
ホームボタンが普通のオンスクリーンキーではなく感圧式と聞いたので、その辺も含めて、今回のは実利用しないと分からないなと。。。
むらた
2017年03月30日 11:26
どうなんでしょうね。
バッテリーはS835とNougatの省電力性があるので、それ次第、
端末ロック解除は指紋じゃなくて虹彩認証を使おう、なのかなと受け止めてます。
ホームボタンが普通のオンスクリーンキーではなく感圧式と聞いたので、その辺も含めて、今回のは実利用しないと分からないなと。。。
「「Galaxy S8」「Galaxy S8+」国
2017年05月24日 21:29
見た目重視?で中身なし買って後悔Gyalaxy、唯一の良いところはまだ爆発していない事!
スマホでハイエンドが欲しい?何のためにハイエンドでないと動かないアプリがある?操作スピードが向上する?
安全、基本性能品質が正常であるという事が前提で、ハイスペックというのは次に考えること、基本が出来ていないで製品を世に出すという事は、開発に携わるものとして信じられない。
デザインも安全・安心を考えて創られるものであり、落としただけで画面が割れる製品を出す前に、今のエッジデザインでも他社に負けない材質等検討する努力を怠っている製品は所詮、砂上の楼閣、そのような製品でハイスペック?
立派なマンションに住んでいても基礎が疎かでは、安心して住めないのと一緒
どれほどスペックの事を語っても、欲しくないです。(笑えるだけ)
終了
2017年06月01日 03:54
普通に売れませんよ。特に目新しい物も無く
早くも不具合が報告されてます。
まぁ文字通り爆死でしょう。
みんな秋のiPhone待ちですから。

この記事へのトラックバック