何者かが流通過程でスマホにマルウェアをプリイン・・・日本での流通はどうかな~?

PC Watchの記事なのだが、ソース記事を読んでも、内容がいまいち掴めないものだった。どうも流通ROMの一部に購入時点で不正プログラムが封止されているケースが見られたという内容のようだ。厳密には、ランサムウェア(身代金要求型の暗号化ソフト)紛いまたは、利用歴を収集し広告を表示するタイプのマルウェアが入っているという話のようだが、全部ではないらしい。

また、コンポーネントの動作モードと排除方法までは記載されていないため、どう対処すべきなのかも見えない。
これが、トレンドマイクロやKasperskyなどの報告だと、動作モードや漏れている情報に関する話、対処方法も書かれているのだが・・・。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1049161.html
http://blog.checkpoint.com/2017/03/10/preinstalled-malware-targeting-mobile-users/


対象ハードウェアを見る限り、Galaxy S7やS4などバラバラなのが気になる。メーカーがプリインストールしているなら、当該機種がある程度特定されるが、今回の場合は流通過程という話になっており、正規の流通ルートではないものと思われる。販売製品を買った際に一部に混入するという流通経路は、一体なんなのか?まあ、海外輸入物ならとにかくとして、国内の大手キャリアでこの問題が発覚する可能性は低いのではないかと思うのだが・・・。どうなのだろうか?

当該機種は海外でも人気の機種である。そのため、流通レベルが低い国だと、こういう問題は起きやすい。日本に該当するのかどうかは、ちょっと気になるところである。

尚、こういう問題を防ぐには、信頼出来ない販売店で安価だからと製品を購入しないことだろう。
特に二次流通品(中古、新古、ジャンク)の場合は、当該機種に限らず、こういう話はよくあるので、気をつけた方がよいだろう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック