Xperia XZ Premium XZsスペック表・・・一応

今回のスペック表作りは、かなり難産だった。思った以上に世間のデータがバラバラで、情報は沢山あるのにどれを信じるのが正しいか分からなかった。本当はXAなどの表も作りたいのだが、ちょっと躊躇しているのは、これが厳しかったからだ。特に、MSM8998におけるAdrenoの仕様がはっきりしないのが、残念である。Adrenoの周波数やUnit Numは推測である。まだベンチマークも出ていないようなので、クロックを上げて性能を高めているのか、シェーダーユニットなどの増加で性能を底上げしているのかは定かではないが、少なくとも微細化でユニット数は最大で倍ぐらいになっているのではないだろうかと考えて、書いている。クロックは発熱を考えるとさほど上げていないのではないかという打算もある。

後は、メインカメラのGレンズは焦点距離が24mm Gレンズと書いている国内サイトもあったが、国外では25mm Gレンズの記事が多かったのでそちらにしている。ちなみに、その他のUSB端子の仕様は、XZsはUSB3.1や3.0と書かれているケースがあるが、どうもXZとの関係性を見ると、ただの焼き直しの部分が多いので、2.0としている。Snapdragon 820は5Gbps対応可であり、今回は対応している可能性もある。

XZ Premiumはスピードクラスは3.0相当、端子形状と電流仕様がType-Cで3.1となる。このUSB3.x規格は分かり難く面倒くさい。

Type-C端子形状と電流仕様で3.0と3.1、2.0がごちゃごちゃになってしまった。正直、速度が480Mbpsなら2.0、5Gbpsなら3.0、10Gbpsなら3.1のまま定義して欲しかった。電流クラスと端子形状は本来のインターフェースリビジョンとは別に置くべきだっただろうと、これを調べて思うのだ。

 

しかし、今回も本当に重箱の隅を突っつくより小さな仕様の変化が多い。XZsとXZなどはその典型例である。カメラ機能の画素を抑えて、新しいIMX400と思われるセンサーを搭載し、メモリーを4GBに増やした点を見ると、iPhoneの数字だけモデルと、Sが付くモデルのような差ともいえる。

一方でXZ Premiumのような製品は、凄い差がともいえない。Z5の画面にXZを足して1.2を掛けたぐらいである。今回は8コアになっており、さらにDSPやGNSSチップが刷新されているので、カメラを除けばそれが変更の大半を占めている。

ただ、Premiumの詳細スペックを見てやっとではあるがちょっと喜ばしい点はあった。それは、UFSに対応した点であろう。VAIOなら真っ先に対応するストレージの高速化である。この部分はプラスである。

尚、カメラ仕様はXZから大きく変わった。画素が増えるという予想をしていた人もいたが、画素は減らされた。これは、センサー感度の向上とハイスピード撮影に対応させるためである。2月7日に発表されたセンサーが採用されたと思われ、これがIMX400(第4世代Exmor)だったと思われる。

いつもの通り表は、PCビュー専用である。

製品名 Xperia XZ 
Premium
Xperia XZs Xperia XZ(参考)
初期OS

確定Update
Android 7.1
Nougat
Android 7.1
Nougat
Android 6.0.1
Marshmallow
→Android 7.0
Nougat
SoCブランド
型番
Snapdragon 835
MSM8998
XZと同じ Snapdragon 820
MSM8996
CPU1
CPU2
CPU1クロック
CPU2クロック
合計コア数
Qualcomm Kryo

Kyro 2.45GHz×4
Kyro 1.90GHz×4
Octa(8コア)
XZと同じ Qualcomm Kryo

Kryo 2.15GHz ×2
Kryo 1.60GHz ×2
Quad (4コア)
Architecture ARMv8-Ac ARMv8-Ac ARMv8-Ac
RAM
Bus Width
Channel
Bus Clock
Band Width
4GB
LPDDR4
Dual
1866MHz
29.8GB/s
4GB
XZと同じ
3GB
LPDDR4
Dual
1866MHz
29.8GB/s
ROM Storage
Channel Bus
64GB
UFS
XZと同じ 32GB/64GB※
eMMC※64は海外DSのみ
GPU  
GPU Clock(Boost)
Unit NUM
API_OpenGL_ES
API_OpenVG
API_OpenCL
API_Vulkan
API_DXD3D
API_DXDFL
Video Encode
Video Decode
Video Codec
Adreno 540
600前後?
-512ぐらいかな?
3.2
1.1
2.0
1.0
12
12_1
H/W 4K 30fps
H/W 4k 60fps
H.264/265・VP9
XZと同じ Adreno 530
624MHz
256
3.2(3.1+AEP)
1.1 
2.0
1.0
12(11)
12_1 (11_2)
H/W 4K 30fps
H/W 4K
H.264/265
ディスプレイ
サイズ
解像度
DPI/PPI
タッチスクリーン
強化パネル
コーティング
コントラスト比
その他
IPS LCD
5.5インチ
3840×2160
801ppi
10ポイントマルチタッチ
Gorilla Glass 5
傷・指紋低減

Triluminos
X-Reality
High Dynamic Range
(REC.2020)
IPS LCD
5.2インチ
1920×1080
424ppi
10ポイントマルチタッチ
ーたぶんXZと同じ
傷・指紋低減

Triluminos
X-Reality
IPS LCD
5.2インチ
1920×1080
424ppi
10ポイントマルチタッチ
Gorilla Glass 4準拠か?
傷・指紋低減

Triluminos
X-Reality
メインカメラ(背面)
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
手ぶれ補正
その他
Exmor RS 25mm G
19.3MP
Sony IMX400?
2.0
???
3840×2160
720p@960fps
デジタル動画/静止画
6群”G”レンズ
Exmor RS 24mm G
22.85MP
Sony IMX300
2.0
5520×4140
3840×2160
30fps/60fps?
デジタル動画/静止画
6群”G"レンズ
メインカメラ機能
オートフォーカス
タッチフォーカス
C-AF
デジタルズーム
パノラマ
ジオタグ
HDR
顔認識
露出補正
セルフタイマー
ISO感度
ホワイトバランス
シーンモード
マクロモード
フラッシュ
画素メモリー内蔵
◎(レーザー/Hybrid)

◎(Hybrid/予測)
○(8x)






○(12800?)
◎(RGBC-IR)


◎(LED)

◎(レーザー/Hybrid)

◎(Hybrid/予測)
○ (8x)






○(12800)
◎(RGBC-IR)


○(LED)
自撮りカメラ(前面)
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
ISO感度
Exmor RS 22mm
13MP
IMX278?
2.0
4160×3120
1920×1080
30fps
最大6400
Exmor RS
13MP
IMX278かな?
2.0
4160×3120
1920×1080
30fps
最大6400
商用通信
FDD-LTE/TDD-LTE
通信モード
速度上り/下り
対応バンド

LTE/W-CDMA/GSM
○/○
Cat.13/16
150.8/979Mbps
1,2,3,4,5,7,8,12,13,
17,19,20,26,28,29,
3839,40,41
XZと同じ LTE/W-CDMA/GSM
○/○
Cat.13/12
150.8/603Mbps
1,2,3,4,5,7,8,12,13,
17, 19,20,26,28,29,
38,39,40,41かな?
3G W-CDMA/EDGE W-CDMA
GSM 850/900/1800/1900 850/900/1800/1900
Wireless LAN
(Wi-Fi)
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ac w2
IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 4.2
NFC/Felica
IrDA
Miracast
MHL
○/?
×
×
×
○/○(Felicaは国内)
×
×
×
ラジオ
ワンセグ
テレビ機能(フルセグ)
×
グローバルはなし
グローバルはなし
○(グローバル仕様)
○(国内/アンテナ別売)
○(国内/アンテナ別売)
指紋認証
虹彩認証

×


×
方位位置センサー
A-GPS
GLONASS
Baidu
QZSS
Digital Compass
Q Location

○(地域仕様)
○(地域仕様)
?(センサーは対応可)
以下XZと同じ IZAT Gen8C

○(動作は地域による)
○(動作は地域による)
×
環境センサー

加速度
圧力/気圧
ジャイロ
近接
磁気






以下XZと同じ





防水
防塵
耐衝撃


×


×


×
USB
端子形状
○(3.1/5Gbps)
Type-C
○(2.0かな?)
Type-C
○(2.0)
Type-C
ヘッドフォン端子
マイク端子
ハイレゾ対応

○(ヘッドフォン)
○(192KHz/24bit)

○(ヘッドフォン)
○(192KHz/24bit)

○(ヘッドフォン多芯)
○(192KHz/24bit)
SDカードスロット ○(256GB) ○(256GB) ○(256GB)
UIM/SIM Card Nano-SIM×1 or 2 Nano-SIM×1 Or 2
バッテリ容量
充電時間
3G通話時間/4G
3G待受時間/4G
通話・利用時間平均
バッテリ交換
ワイヤレス充電
急速充電
3230mAh
不明
不明
不明
不明
×
×
○(QC3.0)
2.900mAh
XZと同じかな?



×
×
○(QC3.0)
2,900mAh

17.5時間/
610時間/590時間

×
×
○(QC3.0)
ボディー仕様
寸法(mm)
その他
金属
156×77×7.9
金属
146×72×8.1
金属(アルミニウム)
146×72×8.1
ALKALEIDO
重さ 195g 161g 161g
初期色選択



2色
Black
Chrome
3色
Black
Silver
Blue
4色
Mineral Black(黒)
Platinum(銀、灰色)
Forest Blue(青)
Deep Pink(ピンク)
販売(グローバル)
国内キャリア
2017年第二四半期中
未定
2017年4月
未定
販売中
販売中

足りない部分を言えば、昨日も書いたが、バッテリ交換が出来ないこと。ワイヤレス充電に対応しないこと。5インチ未満の機種を出さなかったこと。IEEE802.11ad(WiGig)に対応しないことだろうか?今年ももしかするとIEEE802.11adは普及製品に出てくることはないのだろうか?ちなみに、PremiumはQC4.0(Quick Charge4.0)について公式には対応していないようだ。

最後に、通信速度だが売り文句はクアルコムとソニーも1Gbpsとなっているが、Cat.16の物理最大で記載している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック