ソニーのフラッグシップ機Xperia XZと4.6インチのX Compact発表(久々の比較表)

X Performanceは最上位のフラッグシップではなく、高性能なパフォーマンスモデルであった。今回の製品がいわゆるフラッグシップになるようだ。ただし、Qi/PMAはやはり搭載されていない。デザインは洗練されたUnified Designで、Loop Surfaceという曲線的なデザインを採用している。これは、確かに欲しくなるかもしれない。カメラ以外は微妙と言えば微妙だ。レーザーオートフォーカスに加えて、RGBC-IR(Red Green Blue Clear-Infrared/赤・緑・青・輝度-赤外線)センサーと呼ばれるセンサーシステムを搭載することで、撮影時に精度の高い色再現性を実現するようだ。

SoCはSnapdragon 820がX Performanceと同じく採用される。USBはType-C(USB2.0準拠)、防水防塵仕様、バッテリは2900mAhとなる。

 

X CompactはSnapdragon 650を搭載。4.6インチ。HD液晶。バッテリ容量は2700mAhとX Performanceと同じ容量となる。防水機能や防塵機能は搭載されないのが、痛いところである。あれば売れるだろうが・・・。ちなみに、筐体のデザインは、XZと同じだが、背面カバーが樹脂製(XZは金属)である。できれば、XZ Compactでかつ防水防塵であれば・・・確実に買ったのに。国内向けが防水防塵であることを祈る。

ちなみに、これはグローバルモデルであるため、日本独自の機能(FeliCa/テレビ機能など)は搭載されていない。まあ、国内ではきっとキャリアオンリーでその機能をつけて販売されるだろう。

以下が製品仕様となる。X Performanceとの違いは面倒なので、差がある部分のみ記載している。尚、表は、スマホや携帯に対応していないので、スマホ閲覧時はPCサイトの表示モードで見るか、PCやタブレットで閲覧して欲しい。

製品名 Xperia XZ Xperia X Compact 参考XZとの違いのみ)
Xperia X
performance
初期OS

確定Update
Android 6.0.1
Marshmallow
→Android 7.0
Nougat
Android 6.0.1
Marshmallow
→Android 7.0
Nougat
同じ

→対応予定
SoCブランド
型番
Snapdragon 820
MSM8996
Snapdragon 650
MSM8956
XZと同じ
CPU1
CPU2
CPU1クロック
CPU2クロック
合計コア数
Qualcomm Kryo

Kryo 2.15GHz ×2
Kryo 1.60GHz ×2
Quad (4コア)
Cortex-A72
Cortex-A53
A72 1.8GHz ×2
A53  1.4GHz ×4
Hexa (6コア・GTS)
XZと同じ
Architecture ARMv8-Ac ARMv8-A XZと同じ
RAM
Bus Width
Channel
Bus Clock
Band Width
3GB
LPDDR4
Dual
1866MHz
29.8GB/s
3GB
LPDDR3
Dual
933MHz
14.9GB/s
XZと同じ
ROM (Nand Flash) 32GB/64GB 32GB 32GBのみ
GPU
GPU Clock(Boost)
Unit NUM
API_OpenGL_ES
API_OpenVG
API_OpenCL
API_Vulkan
API_DXD3D
API_DXDFL
Video Encode
Video Decode
Video Codec
Adreno 530
624MHz
256
3.2(3.1+AEP)
1.1 
2.0
1.0
12
12_1
H/W 4K 30fps
H/W 4K
H.264/265
Adreno 510
550MHz
96~128?
3.2(3.1+AEP)
1.1
2.0
1.0
12
12_1
H/W 4K 30fps
H/W 4K
H.264/265
XZと同じ
ディスプレイ
サイズ
解像度
DPI/PPI
タッチスクリーン
強化パネル
コーティング
コントラスト比
その他
IPS LCD
5.2インチ
1920×1080
424ppi
10ポイントマルチタッチ
Gorilla Glass 3 or 4
傷・指紋低減

Triluminos
X-Reality
IPS LCD
4.6インチ
1280×720
319ppi
10ポイントマルチタッチ
Gorilla Glass 3 or 4
傷・指紋低減

Triluminos
X-Reality
IPS LCD
5.0インチ
1920×1080
441ppi
10ポイントマルチタッチ
強化ガラス
傷・指紋低減

Triluminos
X-Reality
メインカメラ(背面)
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
手ぶれ補正
その他
Exmor RS 24mm G
22.85MP
Sony IMX300
2.0
5520×4140
3840×2160
30fps/60fps?
デジタル動画/静止画
6群”G"レンズ
Exmor RS
22.85MP
Sony IMX300
2.0
5520×4140
1920×1080
30fps/60fps?
デジタル静止画
ワイド”G"レンズ
XZと同じ






デジタル静止画
ワイド”G”レンズ
メインカメラ機能
オートフォーカス
タッチフォーカス
C-AF
デジタルズーム
パノラマ
ジオタグ
HDR
顔認識
露出補正
セルフタイマー
ISO感度
ホワイトバランス
シーンモード
マクロモード
フラッシュ

◎(レーザー/Hybrid)

◎(Hybrid/予測)







○(12800)
◎(RGBC-IR)


○(LED)

◎(Hybrid)

○(Hybrid)







○(12800)



○(LED)

◎(Hybrid)

○(Hybrid)







○(12800)



○(LED)
自撮りカメラ(前面)
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
ISO感度
Exmor RS
13MP
IMX278かな?
2.0
4160×3120
1920×1080
30fps
最大6400
Exmor RS
5MP

2.0
2592×1944?
1920×1080
30fps
最大6400
XZと同じと思われる
商用通信
FDD-LTE/TDD-LTE
通信モード
対応バンド

LTE/W-CDMA/GSM
○/○
Cat.9
1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,
19,20,26,28,29,38,39,
40,41かな?
LTE/W-CDMA/GSM
○/○
Cat.6
XZとほぼ同じかな?
XZと同じと思われる
3G W-CDMA W-CDMA
GSM 850/900/1800/1900
Wireless LAN
(Wi-Fi)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
NFC/Felica
IrDA
Miracast
MHL
○/×
×
×
×
○/×
×
×
×
○/×
×
×
×
ラジオ
ワンセグ
テレビ機能(フルセグ)
○(グローバル仕様)
グローバルはなし
グローバルはなし


×

日本大手キャリアのみ
指紋認証
虹彩認証

×

×

×
方位位置センサー
A-GPS
GLONASS
Baidu
QZSS
Digital Compass


○(動作は地域による)
○(動作は地域による)
×


○(XZと同じ)
○(XZと同じ)
×
XZと同じ
環境センサー

加速度
圧力/気圧
ジャイロ
近接
磁気












XZと同じ
防水
防塵
耐衝撃


×
×
×
×


×
USB
端子形状
○(2.0)
Type-C
○(2.0)
Type-C
○(2.0)
Micro-USB
ヘッドフォン端子
マイク端子
ハイレゾ対応

○(ヘッドフォン多芯)
○(192KHz/24bit)


XZと同じ
SDカードスロット ○(256GB)
UIM/SIM Card Nano-SIM×1 Or 2 Nano-SIM ×1 XZと同じ
バッテリ容量
充電時間
3G通話時間/4G
3G待受時間/4G
通話・利用時間平均
バッテリ交換
ワイヤレス充電
急速充電
2,900mAh

17.5時間/
610時間/590時間

×
×
○(QC3.0)
2700mAh

14時間/-
750時間/670時間

×
×
○(QC3.0)
2700mAh
約150分(公称)
20時間(民間)
470時間(公称)
約60時間(民間)
×
×
○(QC2.0)
ボディー仕様
寸法(mm)
その他
金属(アルミニウム)
146×72×8.1
ALKALEIDO
樹脂
129×65×9.5
金属
143.7×70.4×8.7
重さ 161g 135g 164.4g
初期色選択



4色
Mineral Black(黒)
Platinum(銀、灰色)
Forest Blue(青)
Deep Pink(ピンク)
3色
White (白)
Universe Black(黒)
Mist Blue(青)
4色
White(白)
Graphite Black(黒)
Lime Gold
(光沢黄緑)
Rose Gold
(光沢ピンク)
販売(グローバル)
国内キャリア
2016年9月
未定
2016年9月
未定
2016年2月
販売中(夏モデル)

少なくとも、XZはX Performanceよりは良い仕様であり、懸念したバッテリ容量も僅かに増えている。そして、デザインもフラッグシップらしいと言えよう。ただ、ワイヤレス充電は未だ搭載されていない。また、4.6インチで指紋認証対応まで搭載されたが・・・あと一歩、防水防塵がない。

これが、あれば・・・ソニーはいつも一歩足りない。一方でXZは最初に書いたようにカメラ機能がどんどん強化される。特に、センサー系の強化がめまぐるしい。X Performanceでは、Hybrid AFが強化されたが、今回はセンサーをさらに追加し、ホワイトバランスや輝度の正確な検出を強化した。これにより撮影ミスがさらに減ることが予想される。後は、光学ズームや光学手ぶれ補正が搭載されるかどうかだろうが、他の機種はそれで高性能をアピールするが、sensingがここまで来ると、ソニーにしか出来ないカメラ機能になっていることがはっきりしてくる。

前回のX Performanceを買うなら、Z5を安くという考えも出来たが、今回はバッテリなども考えれば、Z5やX PerformanceよりXZの方が良いと言えるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック