GalaxyS7は一挙に4種類投入、ExynosモデルとSnapdragon 820でEdgeも

SamsungはGalaxyS7の新モデルをMobile World Congress 2016で発表した。ExynosモデルとSnapdragon 820モデルが標準タイプとEdgeタイプで投入され、全4種となるようだ基本的なスペックの差は、Snapdragon 820が4コアのKyro Dual Cluster構成、GPUがAdreno 530となり、最先端のAPIに対応する。Samsung独自設計のExynosは自社設計のM1プロセッサを4つ、Cortex A53を4つのOcta構成となり、GPUはMali-T880の12クラスター構成となる。GPUのAPIレベルは一世代前になるので、スマホゲーマーがどれほどいるかは知らないが、Snapdragon 820の方がGPUの機能性は良い。性能は、大差ないと思うが・・・。どちらもVulkanに対応したドライバーモデルが採用されているようだ。これも、対応したソフトウェア以外では動作しないので「だから、どうした?」。というレベルではある。

そもそも、そんなに凄い3Dが必要なゲームをする人がどれほどいるのか・・・。

ちなみに、ワイヤレス充電機能を搭載し、SDカードスロットも復活した。S6ではSDカードなしが結局不評だったため、方向転換を図ったと言える。バッテリ交換には対応しないようだ。バッテリ容量は3600mAhとしっかり詰めてきた。ちなみに、面倒なので商用無線機能は空白である。結局、日本向けが出るかどうかは分からないが、日本に出るとなったときには、仕様が独自仕様になることが多いので・・・。このグローバル仕様はあまりアテにはならない。

スペック面だけで言えば、必要な面は全てカバーしていると言える。防水機能を搭載したのは、特筆すべき点である。これで、米国市場でXperiaがシェアを大きく伸ばすのは難しくなったと言える。

製品名 GalaxyS7 Edge GalaxyS7 GalaxyS7 GalaxyS7 Edge
OS Google Android 6.0 marshmallow
チップセット(SoC) Snapdragon 820
(MSM8996)
Exynos 8 Octa 8890
CPU

コア数
Kyro(2Core)× 2Cluster
 
2.2GHz×2
1.5GHz×2
Exynos M1+Cortex A53

2.3GHz(M1)×4
1.6GHz(A53)×4
RAM
Architecture
クロック周波数
バス幅
帯域幅
4GB
LPDDR4
1866MHz
32bit×2
29.8GB/s
4GB
LPDDR4 


ROM
(NAND Flash)
32GB(UFS2.0)
64GB(UFS2.0)
GPU Adreno 530 Mali-T880MP12
周波数 
最大周波数
600MHz
624MHz
700MHz
Unit Num 256 12
API_OpenGL ES 3.2 Ready
API_OpenVG 1.1
API_OpenCL 2.0 1.2FP
API_DirectX Graphics 3D 12.0 11.2
API_DirectX Graphics FL 12.1 11.1
Video Encode
Video Decode
UHD4K
UHD4K
ディスプレイ
サイズ
解像度
DPI/PPI
タッチスクリーン
強化パネル
コントラスト比
その他
Super AMOLED
5.5インチ
2160×1440
472ppi
マルチタッチ
Edge Glass

Dual Edge
常時アクセス対応
Super AMOLED
5.1インチ
2160×1440
509ppi
マルチタッチ
傷防止ガラス

2.5Dカバーガラス
Super AMOLED
5.5インチ
2160×1440
472ppi
マルチタッチ
Edge Glass

Dual Edge
常時アクセス対応
Super AMOLED
5.1インチ
2160×1440
509ppi
マルチタッチ
傷防止ガラス

2.5Dカバーガラス
メインカメラ
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
手ぶれ補正
1/2.6 CMOS
12.2MP
BSI CMOS?
1.7
4032×3024
3840×2160
720p(120fps)
光学式
メインカメラ機能
オートフォーカス
タッチフォーカス
C-AF
デジタルズーム
パノラマ
ジオタグ
HDR
顔認識
露出補正
セルフタイマー
ISO感度
ホワイトバランス
シーンモード
マクロモード
フラッシュ機能















2 LED
自撮りカメラ
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート

5MP
CMOS
1.7
2592×1944
1920×1080
30fps
DSP
クロック周波数
       
FDD-LTE

通信モード
対応バンド
TDD-LTE
対応バンド
L1 Down Link
L1 Up Link
       
3G
対応バンド
       
GSM        
無線LAN
(Wi-Fi)
802.11a
802.11b
802.11g
802.11n(2G)
802.11n(5G)
802.11ac
MIMO








2x2 MIMO
Bluetooth 4.2
NFC
FeliCa
IrDA(赤外線)
Miracast
MHL

×
×

×
ラジオ
ワンセグ
テレビ機能
×
高度認証機能
指紋認証
虹彩認証
顔認証


×
方位位置センサー
A-GPS
GLONASS
Baidu
Galileo
QZSS
デジタルコンパス




×
×
環境センサー

加速度
圧力/気圧
ジャイロ
近接
磁気
その他






○(Hall)
心拍(脈拍)
防水
防塵
耐衝撃
IP68
USB
端子形状
2.0
MicroUSB
ヘッドフォン
マイク
ハイレゾ対応

ヘッドフォン兼用
SDカードスロット SDXC
UIM/SIM Card Nano-SIM
バッテリ容量
充電時間
通話時間
受待時間
通話・利用時間
バッテリの交換
3600mAh
3000mAh 3600mAh 3000mAh
ワイヤレス充電
急速充電
Qi/PMA
Quick Charge 3
寸法(mm) 150.9×72.6×7.7 142.4×69.6×7.9 150.9×72.6×7.7 142.4×69.6×7.9
重さ 157g 152g 157g 152g
色選択


<日本では嫌われ者のGalaxyだが>

日本では、一部の熱狂的な右ユーザーのお陰で(その割にApple製品は売れるが・・・)とても売れ行きが悪いGalaxyだが、今回LGのG5とともに、いち早くSnapdragon 820と自社のExynos 8を搭載し、さらに防水に仕上げたのは、素晴らしい進化である。ちなみに、LGのG5はUSB3.0に対応しているが、特筆するような点は少ない。

欠点はもうほとんどないと言えよう。強いて言えば、カメラ機能がXperiaに比べるともう少しかもしれないが・・・。センサーを大きくして、画素数も抑えているため、使っていて困るほど性能が低いとは思えない。これは、それなりに売れるだろう。

 

<日本勢に期待だが・・・ほとんど出来ることはない>

正直、日本が日本独自に拘っている間に、海外は基本性能をキャッチアップして、世界や日本でも売れる品に昇華させた。逆に日本は、携帯キャリアに言われた品を作ることに専念し、容量の少ない機種や、アップデートが出来ない機種を作り、完全にユーザーにそっぽを向かれたという酷い状況になった。それが改善に向かい始めたのは、昨年からである。

そして、今年Samsungは防水まで組み込んできた。出来る事は、そろそろ無くなりつつあるが・・・日本の、ソニーやSHARP、富士通などは、世界で立ち後れている間に、開発資金力も乏しくなった。今、基本スペックを十分に上げて、そこそこの価格で、4Kといったディスプレイスペックでは無く、バッテリや、センサー技術(指紋、声紋、虹彩)によるセキュリティの実装、日本のフルセグのようにワールドワイドTVやラジオ機能でも搭載した機種を出せば、売れるかも知れない。

日本では、防災のための警報機能などもあるが、それを海外にも発信するウェザーニューズなどと提携して対応アプリを独占搭載し、警告する機能を最初からスマホに内蔵するのも手である。何より、日本は技術は一流でも、それを生かして搭載し、売るセンスは・・・。4Kで高性能といった売り方では無く、これがアタの生活を豊かにするのだというプレゼンが出来ることが大事だ。

きっと、これからGalaxyやiPhoneはそれが難しくなるはずなのだから・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック