Auの2016年スマホタブレット春モデル 3機種スペック(公式より詳しいかも)

 

この2016年春のAu製品には正直がっかりである。価格を抑えてそこそこの製品しか出さないというのは、学生や新社会人をターゲットにしたシーズンだからとも言えるが、割賦の抑制による控えもあるのだろう。本来なら、今こそ変化の時期であり、攻めるべきだが、準備ができなかったのか・・・それとも、もう守りに入るのか?

廉価品を出すにしても個人的には、Huawei Mate SとMate 8のような製品を期待していたが・・・。これは弱すぎる。

ちなみに、今回からGPUの演算器の数(Unit Num/器数)を追加した。同じブランドのGPUではクロック以外の差が分かり難いので、記載することにしたのだ。実はクロックの差は僅かでも、性能は劇的に違う物もある。それを決めるのはこの数である。

ただし、数字が多いほど陰影処理の並列パフォーマンスは上がるが、同じブランドの製品でなければ、比較はできない。具体的に言えばAdreno同士なら良いが、KIRINが搭載するMaliの数字と比較して、Maliが例えば倍あったり、1/2だったとして、性能が1/2になったり、倍になるということではない。また、コア数そのものを示すものではない。これは演算の仕組みや公称されている演算器の数え方が異なるためである。

評価を言えば、京セラのKYV37は安い。性能もそれなりで、ビジネスなどで使うには良い製品だと思うが、5GHz帯域の無線LANに対応していないのが、マイナスである。個人的な印象として別にACまで対応しろとは言わないが、5GHz無線はそろそろ必須であって欲しい。メモリは十分あるので、実用に困ることはないだろう。3Dゲーム向きではない。

タブレットは、防水や防塵に対応していないので注意して欲しい。また、テレビも搭載されていない。そういう製品を望むなら、Xperia Tablet辺りが良いだろう。これも価格としてはそこそこと思う。バッテリ容量が多いため、実用性は高いが、省電力機能がないのが気に掛かる。Android6.0になれば、それも標準で搭載されるので、気にすることはないが・・・まさかQua TabはAndroid6.0に対応しないと言うことはないよね?Auさん。

AQUOSは、よく纏まっているが本当に勿体ない製品である。コスト面の問題があったとしても、指紋認証などの生体認証機能は搭載すべきだった。カメラ機能は高性能でリコーイメージングのGR認証を受けているだけある。ちなみに、GR認証はメインカムのみである。小さくまとめたのに生体認証がないというのは残念である。ただ、春モデルとしては最も性能が高いため、カメラをよく使う人には良いだろう。尚、このSHV33はバッテリ容量が前のモデルより増え、通話時間は伸びているが、待受(受信待機状態)での時間は短くなっている。これは、ディスプレイが、4.5インチから4.7インチになったことと、High Speed IGZOの影響、そしてCPUの64bit化に伴う消費電力の増加が発生したためであろう。もう一つ問題があるが、後半で書く。

製品種別 スマートフォン タブレット スマートフォン
製品名 Qua Phone KYV37 Qua Tab 02 AQUOS SERIE
Mini SHV33
開発メーカー 京セラ Huawei SHARP
OS Android 5.1.1
Lolipop
Android 5.1.1
Lolipop
Android 5.1.1
Lolipop
SoC(チップセット) Snapdragon 410
(MSM8916)
Snapdragon 615
(MSM8939)
Snapdragon808 SC
(MSM8992)
CPU Cortex-A53×4※1 
4コア、Quad Core
Cortex-A53×4 ※2
Cortex-A53e×4 ※2
8コア、Octa Core GTS
Cortex-A57×2 1.8GHz
Cortex-A53×4 1.4GHz
6コア、Hexa Core GTS
Architecture ARMv8-A ARMv8-A ARMv8-A
RAM 2GB LPDDR3
(4.2GB/s)
2GB LPDDR3
(6.4GB/s)
3GB LPDDR3
(14.9GB/s)
ROM(記憶域) 16GB 16GB 16GB
GPU
陰影処理エンジン
Adreno 306
USM3
Adreno 405
USM4
Adreno 418
USM4
GPUクロック(最大) 450MHz 550MHz 600MHz
Unit Num 24 48 128
API_OpenGL ES 3.0 3.1 3.1
API_OpenVG 1.1 1.1 1.1
API_OpenCL 1.1EP 1.2FP 1.2FP
API DirectX Graphics 3D 11.1 11.1 11.2
API DirectX Graphics FL 9.3 11.1 11.1
ディスプレイ
サイズ
解像度
DPI/PPI
タッチスクリーン
強化パネル
コントラスト比
その他
HD TFT
5.0インチ
1280×720
293.7ppi
マルチタッチ
Dragontail X
FHD-IPS
10.1
1920×1200
224ppi
マルチタッチ


3モードカラープリセット
広視野角160度
High Speed IGZO-TFT
4.7インチ
1920×1080
468.7ppi
マルチタッチ


複数プリセットカラー
ベールビュー、120fps(倍速)
メインカメラ
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
手ぶれ補正

12.97MP
CMOS

4160×3120
1920×1080
30fps
デジタル

7.99MP
CMOS

3264×2448
1920×1080
30fps
なし
SHARP RJ63 Series?
12.78MP
TOSHIBA T4K82かな?※3
F/1.9
4128×3096
3840×2160
120fps(DR:2100fps※4)
光学/デジタル
メインカメラ機能
オートフォーカス
タッチフォーカス
C-AF
デジタルズーム
パノラマ
ジオタグ
HDR
顔認識
露出補正
セルフタイマー
ISO感度
ホワイトバランス
シーンモード
マクロモード
フラッシュ機能




○(4倍) 



○ 






LED




○(6倍)










LED Light




○ (8倍)










LED Flash
自撮りカメラ
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
CMOS
2MP
CMOS



CMOS
2MP
CMOS
SHARP RJ65 Series?
5MP
BSI CMOS 24mm
RJ65と仮定してF/2.2か?
2960×1920?
1920×1080?
30fps?
DSP
クロック周波数
QDSP6V5
600MHz
Hexagon V50
700MHz
Qualcomm HexagonV56
800MHz
FDD-LTE
通信モード
TDD-LTE
L1 Down Link
L1 Up Link
MDM96xx?QC360
LTE cat.4/Cat.2
WiMAX2+
150.8Mbps(Cat.4)
25.5Mbps(Cat.2)
MDM96xxQC360
LTE Cat.4
WiMAX2+
150.8Mbps
25.5Mbps
MDM96xxQC360
LTE Cat.6
WiMAX2+
225Mbps
25Mbps
3G 海外のみ(UMTS) × 海外のみ(UMTS)
GSM対応 ×
Wireless LAN
(Wi-Fi)
IEEE802.11
b/g/n
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
IEEE802.11
a/b/g/n/ac、MU-MIMO
Bluetooth 4.1 4.1 4.1
NFC/Felica
赤外線(IrDA)
Miracast
HML(HDMI)
○/○
×

×
×/×
×

×
○/○
×

×
ラジオ機能
ワンセグ機能
テレビ機能
×
×
×
×
×
×
×
◎ 
×
高度認証機能
指紋認証
顔/虹彩認証

×
×※5

×
×※5

×
×※5
方位位置センサー
A-GPS
GLONASS
Baidu
Galileo
QZSS
Digital Compass
IZat8C

?(IZATは対応)
?(IZATは対応)
×
×
IZat8C

×
×
×
×
IZat8C



×
×
環境センサー機能

加速度
圧力/気圧
ジャイロ(傾き)
近接
磁気






不明(Hallかな?)












不明(Hallかな?)
防水
防塵
耐衝撃
○(IPX5/8)
○(IP5X)
○※6
×
×
×
○(IPX5/8)
○(IP6X)
×
USB
端子形状
USB2.0
MicroUSB
USB2.0
NicroUSB
USB2.0
MicroUSB
ヘッドフォン/マイク
ハイレゾ対応
Stereo Mini/×
×
Stereo Mini/×
×
Stereo Mini(マイク兼4芯)
SDカードスロット MicroSDXC
(200GB UHS-I?)
MicroSDXC
(128GB)
MicroSDXC
(200GB UHS-I)
UIM/SIM Card Nano-SIM×1
NANO-SIM×1 Nano-SIM×1
バッテリ容量 2200mAh 6500mAh 2810mAh
充電時間 130分 320分 130分
通話時間 960分 1350分
受待時間 590時間 1050時間 490時間
通信・利用時間 ワンセグ(9時間50分)
バッテリ交換 × × ×
ワイヤレス充電
急速充電
×
CS仕様上は対応
×
CS仕様上は対応
×
CS仕様上は対応
寸法(mm) 146×72×7.9 259×156×8.6 126×66×8.9
重さ(g) 132g 486g 120g
色選択

3色
アイスブルー
シルバー
ブラック
3色
エアリーブルー
パウダーホワイト
チャコールブラック
4色
スカーレット(赤)
ホワイト
サファイア(青)
ブラック
予定価格 2万円台前半? 2万円台中盤~ 未定
国内発売予定 2016年2月上旬 2016年2月中旬 2016年1月下旬
その他 Smart Sonic Receiver、
Auシュアリンク
Auシェアリンク
Super Wide Sound
グリップマジック、
エモパー3.1

※1.2GHz動作。※2 A53が1.5GHz、A53eが1.2GHz。※3 あくまで予測だが、Bright技術と、4K2K出力、高速出力を考えると東芝かソニーのどちらか。※4 デジタル処理でスーパスロー撮影時FWVGA(858×480)の最大、FullHD撮影はデジタル時1200fps。※5 顔認証はOS標準で簡易対応。虹彩非対応。※6 MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV

<SERIEで4K撮影対応なのにROM容量が少ない>

いつから書いているか忘れたが、もうこの記載は何度もしている。いつになったらROM(フラッシュメモリ)の容量が増えるのだろうか?それでも、国内では、MVMO向けSIMフリーの128GB製品も他国より遅く登場するが、16GBというROM容量はSERIEとは思えない。

機能としていくら4Kが撮影できても、ROM側の容量が16GBしかなければ、長い撮影はできないはずだ。SDカードを増やせば済む話とメーカーは思っているのかもしれないが、最近はアプリケーションソフトのデータ量も増えているため、16GBでは苦しいことも多い。(しかも、国内の三キャリアはプリセットアプリが多い)最低でも32GBぐらいはないとSERIEとは言い難いと思うが・・・。

今後、基本性能はカメラが4Kというだけで売らず、カメラが4KになったらROMもそれ相応に必要だと踏んで開発するべきである。搭載できる最新機能を付け続けるのも良いが、もう少しコンセプトとテクノロジのバランスを考えるべきだろう。

 

今回の機種はどちらかというと、Quaを売りたいのだと思うが・・・これが買いですとはどうしても言えない。それは、Auのスマートフォン契約プランの問題でもある。正直、中途半端な製品を売れば、シェアは落ちるだろう。だからといって、価格が高い製品を売れば、十分なシェアは取れない。

本来は、Google Nexusが持つトレンド(指紋認証など)を確実に搭載し、後はワンセグやFeliCaなど日本での実用性をカバーしていくことの方が本来は重要である。使い方によっては、CPUはSnapdragon 410でメモリは2GBだが、指紋認証とFeliCaに32GBや64GBのROMでも良いのだ。性能が十分という場合、チップセット側(CPU)の性能であることも多い。3Dゲームなどをしなければ、性能はプロセッサ性能がそこそこでも使えるからだ。そういう点で見れば、その分を生体認証等に投資する方が製品としてはバランスが良いと思うが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック