「キリンさん」は好きですか?Huawei Mate SとMate 8

「キリンさんが好きです。でもぞうさんの方がもっと好きです」というCMを引っ越しのサカイがしていたが、KirinはHuawei(ファーウェイ)のスマホではKirinが標準となった。プロセッサにはHiSilicon KIRIN 935が採用されている。凄い?かもしれない8コアプロセッサである。

以前このプロセッサは、P8 Maxの記事で書いたが、おさらいもかねて書いてある。ちなみに、比較するのは、昨日発表されたMate 8である。これは第4世代Mdgardを採用したMali-T880MP4をGPUに搭載し、Cortex-A72を採用する新型SoCが採用されている。また、液晶がSでは有機ELだが6インチのIPSになっている。

これと比べると、MateSは少し性能が低いが、それでも十分凄い性能がある。ちなみに、廃熱がしっかり出来ている製品と比べるという前提なら、Mate SのKirinはQualcommのSnapdragon 810よりは性能は劣るだろう。

製品名※1 Huawei Mate S(J) Huawei Mate 8(参考)
OS Android 5.1.1 Android 6.0
SoC(チップセット) HiSilicon Kirin 935 HiSilicon KRIN 950
CPU Cortex-A53e 2.2GHz×4
Cortex-A53 1.5GHz×4
4+4、Octa Core GTS
Cortex-A72 2.3GHz×4
Cortex-A53 1.8GHz×4
4+4、OctaCore GTS
Architecture ARMv8-A ARMv8-A
RAM 3GB LPDDR3(1600MHz) 3GBまたは4GB(LPDDR4)
ROM(NAND Flash) 32GB(海外は128GB迄ある) 32/64/128GB
GPU
陰影処理エンジン
Mali-T628 MP4
Midgard G2
Mali-T880MP4
Midgard G4
GPUクロック(最大) 533MHz (600MHz) 850MHz
API_OpenGL ES 3.1+APE 3.1+APE
API_OpenVG 1.1 1.1
API_OpenCL 1.1 1.2
API DirectX Graphics 3D 11.0 11.2
API DirectX Graphics FL 9.3 11.1
ディスプレイ
サイズ
解像度
DPI/PPI
タッチスクリーン
強化パネル
コントラスト比
その他
AMOLED
5.5インチ
1920×1080
401ppi
マルチタッチ/Force Touch*
Corning Gorilla Glass 4
1800000:1
*Appleでいえば3D Touchのこと
IPS-NEO LCD
6.0インチ
1920×1080
368ppi
マルチタッチ
Corning Gorilla Glass4+※2

メインカメラ
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート
手ぶれ補正
Exmor RS
12.98MP
Sony IMX278
F/2.0
4160×3120
1920×1080
30fps
光学/デジタル
Exmor RS
15.93MP
Sony IMX298
F/2.0
4608×3456
1920×1080?
120fps(720p時)
光学/デジタル
メインカメラ機能
オートフォーカス
タッチフォーカス
C-AF
デジタルズーム
パノラマ
ジオタグ
HDR
顔認識
露出補正
セルフタイマー
ISO感度
ホワイトバランス
シーンモード
マクロモード
フラッシュ機能















Dual Flash















Dual Flash
自撮りカメラ
画素数
センサー種別
F値
解像度
動画解像度
最大フレームレート

7.99MP
BSI CMOS
F/2.x(不明)
3264×2448
1920×1080のはず
30fps
Exmor CMOS
7.99MP
Sony IMX179
F/2.4
3264×2448
1920×1080?
30fps
DSP
クロック周波数
HiSilicon Hi6402
不明
HiSilicon Hi6402??
不明
FDD-LTE
通信モード
対応バンド

TDD-LTE対応バンド
L1 Down Link
L1 Up Link
KIRIN内蔵
Cat.6
1~5,7,8,12,17~20,
25,26,28
40
301Mbps
51Mbps
KIRIN内蔵
Cat.10
1~8,18,26,12,19など
(地域によって仕様は変わる)
38~41
450Mbps?
100Mbps?
3G

対応バンド
TD-SCDMA/UMTS/HSPA

1,2,4,5,6,8,19
TDSーCDMA/UMTS/HSPA
CDMA2000※3
地域によって仕様は変わる
GSM対応バンド(MHz) 850/900/1800/1900 850/900/1800/1900
Wireless LAN
(Wi-Fi)
IEEE802.11b/g/n IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1(Globalは4.0) 4.2
NFC/Felica ○/×かな ○/×
ラジオ機能
ワンセグ機能
テレビ機能
Globalモデルはあり(国内不明)
×
×

×
×
高度認証機能
指紋認証
顔/虹彩認証


×※4


×※4
方位位置センサー
A-GPS
GLONASS
Baidu
Galileo
QZSS
Digital Compass



○(地域別仕様、国内は対応)
×
×
i5 (Sensor Engine)


○(地域別仕様)
×
×
環境センサー機能

加速度
圧力/気圧
ジャイロ(傾き)
近接
磁気



×


○(Hall)



×


○(Hall)
防水/防塵 ×/× ×/×
USB
端子形状
USB2.0
MicroUSB
USB2.0
MicroUSB
ヘッドフォン/マイク Stereo Mini(マイク兼用多芯) Stereo Mini(マイク兼用多芯)
SDカードスロット MicroSDXC(128GB) MicroSDXC
UIM/SIM Card Nano-SIM×1
(GlobalはDualあり)
Nano-SIM×2
バッテリ容量 2700mAh 4000mAh
通話時間 14時間 18時間
受待時間 440時間 528時間
通信時間
バッテリ交換 × ×
ワイヤレス充電/急速充電 ×/○ ×/◎(強化)
寸法(mm) 149.8×75.3×7.2 157.1×80.6×7.9
重さ(g) 156g 185g
色選択

3色
ミスティークシャンパン
チタニウムグレー
ローズゴールド
5色
ゴールド
シルバー
グレイ
ブラウン
シャンパンゴールド(シャンパン)
予定価格 7万9,800円  
国内発売予定/発売日 2015年12月4日 国内未定(海外発表のみ)
その他 リモコン付きヘッドセット、ケース添付  

※1 (J)は日本仕様を意味する。海外向けとは仕様が異なる。※2 +は追加コーティングあり。※3一部機種のみ。※4 顔認証はOS側で対応しているはず。虹彩は非対応。

 

以前から、書いているがどうも日本モデルは、ROM(内蔵フラッシュメモリ)の容量が32GBモデルばかりになる傾向がある。海外のモデルでは、既に64GBモデルの方が増えている地域もあるようだが・・・。その他に、商用無線(3G/4G)は沢山対応して凄いように見えるが、実はSnapdragonモデルの海外スマホでも、凄まじい数の周波数に対応した製品はあるが・・・日本にやってくるといろいろ大人の事情が発生するのか、対応数が減ることがある。

尚、カメラにはソニー製RGBWセンサーを使っているが、最近はカメラモジュールも他群の高精度レンズを採用したものが出回り始めているので、特別凄いとは言えない。(周りを見渡せば良いスマホのカメラセンサーはソニー製になってしまい差別化にもならないのが現実)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック