iPhone6SのWSJレビューはきっと6Sを検討する人にとって・・・

英語記事であるが、Wall Street Journalの記事では、iPhone6の頃に対して2週間ちょっとの試用レビュー評価は少し良い程度のようだ。悪いとは書いていないが、積極的に良いとも書いていない。バッテリの持ちなどは、延びるとAppleは伝えているが、バッテリ容量が減ったこともあり、ほぼ変わらないかわずかに延びる程度のようだ。(iPhone6側がiOS9の低電力モードを旨く使うと延びるという記事が海外では出回っているため、現実は微妙である。)

Touch ID(指紋認証)機能や動画像撮影などの出画はやはり高速化したようだ。3Dタッチは全体の評価は良いが、筆者にとってはメール操作の一部で扱いにくいという内容が書かれている。

後は、4K動画の撮影は美しいが、容量を食うことが書かれている。そういう点では16GBを選ぶのは望ましくないようだ。内部のストレージ容量はAndroidのようにSDカードで増やすことは出来ないから、しっかり容量を選ぶ必要があるだろう。
http://www.wsj.com/articles/iphone-6s-review-a-slightly-better-iphone-6-1442923203

ちなみに、この筆者は6からの積極的な買い換えは薦めていない。そこまで、良いものではないようだ。
ただ、挙動は良いため、5S以前からの更新なら満足できるだろうと書いている。

本命は、7だということも・・・。

これはiPhoneユーザーにとっては、とても参考になる良い記事だろう。良い点と悪い点をしっかり書かれているので、日本の記事よりは遙かに良いだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック