エプソンの新型カラリオ(インクジェットプリンター)は、新型インク搭載

CANONは、インクが変更され、クラウドプリントが・・・といった程度で、新製品らしさがなかった。むしろ、インクを変更するためのモデルチェンジに見えたが・・・。

EPSONはグレーインクとレッドインクにシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの新6色となった。EP-10VAを発表した。ハイアマチュア向けとして販売するようだ。尚、VAはA3対応(スキャナはA4まで)である。この機種は新インク(YTHシリーズ)となるのが、玉に瑕である。EPSONは、一歩抜けた機種が、専用インクになり、次に継承されないことがあるので、怖いが、高画質を求める需要を取り込もうとしているのは、素晴らしい。

グレーインクの採用でモノクロ印刷の再現性も向上するだろう。この点では、製品はまだ出ていないが期待できそうな一品である。できれば、毎年、このクラスを出して欲しいと思うが、売れ行き次第だろうか?
尚、発表はされたが、出荷は10月下旬予定となっている。
http://www.epson.jp/products/colorio/ep10va/


EP-978A3などの他機種は、IC6CL系のインクを使うため、前の機種と同じである。
変わった点は、仕様概要の単票用紙にリーガル増えた。消費電力が3W下がったぐらいである。他の機種も似たようなものだと思う。消費電力の3W差はさほど大きくないので、旧機種の型落ちでも問題はないかもしれない。買い換えの予定がある人なら、価格を調べて安い方を買うと良いだろう。
http://www.epson.jp/products/colorio/

後は、PCレスの単体機であるPF-81が液晶サイズをはがきの原寸大サイズ(9インチ)にして投入されるということだろう。今回の機種はE-850に対して、スマホなどからの無線印刷などにも対応している。

はがきプリンタとはいっても、A5までの用紙印刷にも対応しているので、PCからの印刷にも対応している(封筒印刷の一部はWindowsからのみ印刷可能)。Lサイズ程度の写真印刷までで、後ははがきしか印刷しないよという人は、インクコストはちょっと高く、画質は4色インクで少し低めだが(といっても並べて比べないと分からないぐらい)、コンパクトで手軽に使えて良いかもしれない。
http://www.epson.jp/products/colorio/pf81/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック