7から移行するときのWindows10の新機能・・・概要

タイトルを概要に変更した。全体の差を網羅的に記載し詳細は別記事に変更する。

Windows7を使っているユーザーからすると、Windows10は2.5世代ぐらい進んだ世代となる。
Windows8、8.1、10と進化してきたWindowsは、7からするとほぼ別次元のOSであり、操作も今まで通りには行かない。

そこで、その違いを書いていこうと思う。
これはWindows7ユーザー向けの記事であり、8.1ユーザー向けではない。今後8.1向けも作成できれば作ろうと思うが、この手の記事は内容をしっかり記載していこうと思うので、いつになるかは分からない。

-今回は10で新ビルドが出たときと同様順次記載方式を採用するので、内容は順次加筆修正されます。-



まず、最初にWindows7ではロックスクリーン機能がない。基本的には、ようこそ画面に相当するログイン画面、またはWindowsのセキュリティのみとなるのは、あくまでパーソナルコンピュータのOSだったからである。

画像


それに対して、Windows8以降で搭載されたのが、ロックスクリーンである。Windows10では、最初からログイン画面を表示するのではなく、スマートフォンやタブレットデバイスのように、壁紙ベースのロックスクリーン画面を表示し、ログインは画面をクリックするか、スクリーンをスライドすることで開く形となる。ログイン画面は暫く操作をしなければ、再びロックスクリーンに戻る仕組みである。

画像


画像



<スタートメニューと外観>

起動後のデスクトップの外観とスタートメニューの外観は以下のようになる。
覚えてきたいのは、スタートボタンの右クリックメニューである。コントロールパネルやシャットダウン、ログオフ(サインアウト)をするときには、右クリックから行った方が、いろいろな意味で、使い勝手が良い。
Windows7からWindows10に移行するときに最も使い勝手に影響を与えるのは、この右クリックメニューであろう。

画像



タブレットモードでも利用する全画面スタートメニューの外観は一般的なデスクトップスタートメニューを大きくして、左のよく使うプログラムなどの機能を隠したような形となっている。(尚、このモードと通常のスタートへの切り替え方法は別途記載する)

画像


<全てのプログラム>

スタートメニューの全てのプログラムは、全てのアプリに名称変更された。
基本的にプログラムリストの表示はセブンと同じ、縦スクロールである。ただ、ABC、あいうえお順で纏めて並ぶようになり、少し操作が新しくなった。纏めのタイトル頭文字をクリックすると、ジャンプするメニューが表示されるのが、特徴。(下図)

画像



<タスクバー上にある新機能とWindows7比較配置図>

基本的にはWindows Media Playerは当初タスクバーには配置されていない。自分で後から配置することは可能である。Windows10では、デスクトップ検索(Cortana)と、仮想デスクトップ、そしてStoreが新しい。また、Action Centerも更新されている。これらの説明は後述(または別記事で記載)するが、デスクトップモードではこれが違いとなる。

その他にタブレットモードに変更すると違う表示モードになる。タッチに最適化されるため、アイコンやタスクバーも大きくなるのである。

画像



<仮想デスクトップ- Task View(タスクビュー)>

Windows10では、仮想デスクトップ機能が追加される。これを、タスクビューと呼ぶ。
まあ、特殊な機能ではなく、ディスプレイが複数あるかのように、振る舞うWindowsの機能である。

下の画像を見て欲しい。この画面ではMicrosoft Edge(ブラウザ)が起動している。それ以外のソフトウェアは動いていないように見える。

画像


しかし、タスクビューボタンを押すとその中にもう一つデスクトップ2という別の画面が存在することが分かるだろう。そこには、「Internet Explorer」と「開始する」の2つのアプリケーションが起動しているのが分かるだろう。

画像


このデスクトップを複数仮想的に作成する機能がタスクビューである。

これが何だと思うかもしれないが、これは操作ミスを防ぎデスクトップの操作効率を高めるための機能である。まあ、使う使わないはその人次第であるが、一つの例を書いておく。


今までならアプリケーションを10個起動した状態で、バックグラウンドに隠れたアプリを開く際に、閉じるつもりはなかったアプリケーションを×で閉じてしまった経験を持つ人はいないだろうか?
仮想デスクトップを使えば、1つのデスクトップに1つや2つのアプリケーションを起動しておき、5つの仮想デスクトップに分散させることが出来る。その都度切り替えて使う事で最小化と閉じるボタンを何度も操作して間違える心配が減るのである。それが仮想デスクトップの利点である。である。




・Cortana(コルタナ)-日本語非対応。

これは、音声認識と音声合成を備えた人工知能(クラウド型の総合検索ツール)である。
マイクロソフトでは、パーソナルアシスタントと呼んでいる。

画像


この機能は現在日本をサポートしていない。そのため、英語版となるが、本来はこれがWindows10の主要な新機能の一つである。通常はタスクバーに統合された検索ウィンドウに統合されている。英語版では、マイクに向かって元気に、「Hey! Cortana.」と言えば、起動する仕組みである。

Windows10に限らず、iPhoneやAndroidへも供給を予定しているが、これまでのWindows Searchデスクトップ検索に、自然音声認識、自然音声回答(人と会話をするような回答)を出来る機能が加わったものである。Cortanaの語源は、マイクロソフトが開発したゲーム(HALO/ヘイロー)に登場するA.I(人工知能)のことである。
http://en.wikipedia.org/wiki/Cortana_%28Halo%29

画像



画像

ちなみに、左図はCortanaに「あんた誰?」と質問をぶつたけ様子・・・使い方の説明で、あまり面白い回答は返ってこなかった。

他にもいろいろな質問が出来る。

英語版では、Do you like meや、Do you know siri、what is your name、have a nice day、Hello cortana、Where am Iなどいろいろ反応してくれる。基本的には簡単な会話や挨拶にはよく反応する。もちろん、weather in tokyoなどもいける。

これらの結果は記載しないが、英語版で試している方は、テストするといろいろと反応してくれるかもしれない。
このCortanaは、メールなどの入力や読み上げなども行える優れものでもあるが、この辺りはそれぞれの添付アプリで説明していくかもしれない。(基本的には、対応したUniversal Appsが必要。)

ちなみに、語彙の存在しない項目を質問すると必ずMicrosoft Edge(新ブラウザ)が起動する。


<Action Center/Notification・アクションセンター/通知機能>

Windows7では、Windows Security Centerの機能と、バックアップや保守、問題点などを一元管理していた。
画像


それに対して、Windows10では、Action Centerに通知(Notification)と、Windows8が搭載していたチャームの持つ機能を統合している。尚、OS上での名称はAction Centerではなく、「通知/Notification」である。
ウィルス対策ソフトなどのメッセージはもちろん、アプリケーション(ストアアプリやソフトウェアの関連づけ)の通知なども、全てここに表示される。右にサイドメニュースタイルで表示される仕組みとなっている。

画像


ちなみに、Action Center(アクションセンター)は、コントロールパネル上では、「セキュリティとメンテナンス」という名称変更された。


<日付と時刻の調整は大幅に簡略化されている。10130時点>

なぜ、10130時点と書いているかというと、これは10122と比べても仕様が変化しているからである。
基本的には、最大3つ登録できた世界時計には対応していない。(1015xで対応しました。)前のバージョンではUI、7や8と同じ設定UIが一部に残っていたが、現在は廃止されれ、「日付と時刻の設定の変更...」をクリックすると設定アプリが起動する。まだ、動きは決まっていないようだ。-既に解消済み-

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック