なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Qualcomm Snapdragon 850は845のPC向け選別かな、それよりもSHARP

<<   作成日時 : 2018/06/05 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

QualcommがSnapdragon 850を発表したのだが、今回は表を出す予定がない。
この製品は、単純にSnapdragon 845の高クロック版だからである。だから私自身が興味を持っていない。
実は、この高クロック版はSnapdragon 835でも投入された。PC向けの製品は、スマホとは異なり、150MHzほど高いクロックで動作するものだったのだ。しかし、このときには名称が同じだった。

今回は、戦略上名称を変更することで、本気をアピールすることにしたのだと思われる。


だから、今回これの詳細スペックを載せる予定はないので、ご了承いただきたい。


どちらかというと、驚いたのは、東芝のPC事業を買収するSHARPの動きである。ほとんど、処分同然(40億円)で売却する東芝も凄いが(売り上げは2000億円弱ある)、まあ債務を棒引きすると資産価値はそのぐらいなのかもしれない。
これで、鴻海グループは世界に売り込める事業として、電話、PC、生活家電、オーディオ、複写機などを手に入れたことになる。

そして、SHARPは日本でパナソニックと並んでPC〜白物家電までを扱う企業になる。厳密には、パナはビジネス以外のスマホPC事業をすでに行っていないので、唯一のすべてを取り扱える家電メーカーになるのかもしれない。

ASUSTekに売ると思っていたが、最終的にSHARPになるとは思わなかった。まあ、鴻海は半導体事業の買収で梯子を外されたことこもあり、ここをとりたかったのだろう。

しかも、東芝のPC事業は製造拠点(ODMメーカー)が日本ではなく、中国にある。鴻海グループにとっては、中国に多くの工場を持つため、採算を黒字化するのは楽な話かもしれない。むしろ、これで1年後にSHARPと同じように大きな黒を出せば、日本の東芝という企業は、守るほど立派な組織ではなかったということだろう。


<東芝は復活したが……物作りというより、官営投資対象>

東芝はこれで復活かというと、市場の見通しとして燃料コストが今より、高い水準を維持できるなら、復活かもしれない。トランプ氏の中東政策の影響で燃料コストが上がっており、それがLNGにも影響するからだ。しかし、これが再び下がればという話が出てくるかもしれない。

そもそも、東芝はすでに重電事業が主軸になり、稼ぐ力はほとんど無い。どちらかというと非営利組織みたいに、赤字にはならない程度の少ない利益、大きな売り上げという流れになっている。これは、政府側も破綻処理をさせずに、強引に生き残り策(半導体の売却)を模索した影響もある。まあ、今の政権は自分たちに降りかかる責任を避ける傾向がはっきりしているので、そういうことだろうと思うが、ヘルスケアか半導体のどちらかは残すべきだった。

それをしなかった結果、東芝は潰さない企業、潰れない企業として投資家からは評価されたが、組織として良い状態かどうかは、SHARPがPC事業をどのように運営するかによって、分かるだろう。

もし、1年足らずでPC事業が大きな利益を上げようものなら、即ち価値のあるものをうまく活用できないまま、切り捨てた訳だ。そのような組織状態だと、先も苦しくなることも予想される。トップの交代は必要かもしれない。


<SHARPはどんなPCを出すか?>

SHARPはMebiusシリーズを販売していた。中にはMURAMASAなどスタイリッシュなモバイルノートも出していた。しかし、今回の買収による再参入では、Dynabookブランドを継続する形であるため、たぶんすぐに昔のSHARPブランドMebiusシリーズのような製品が出てくることはないだろう。

まあ、昔のような意欲があれば、2 in 1に力を入れて、スタイラスペン付属(収納付き付属)のノートなどを出してくるかもしれない。後は、エモパーも乗せてきそうだ。まあ、タイトルのあれじゃないが、Snapdragon 850搭載などに力を入れる可能性は大いにある。

しかし、一度海外事業から離れたメーカーで、再び海外に戻ろうとしているのは、今のところVAIOぐらいである。それ以外は、縮小して結局日本止まりにとどまる。いや、正直PC大手2社はどちらもLenovoグループ入りした、しかも一方は、国策系の投資銀行が付いて、レノボに売ったわけだから、昔じゃ考えられない話だ。

SHARPはたぶん東芝事業を、海外にも展開するつもりで行うのだろう。スマホ事業は国内では回復したが、海外ではまだ成果を出せていない。そんな中で、どこまでDynabookを復活させられるか?というのは、なかなか読めないが、今ASUSなどが出しているような高級感のある意欲的な製品を比較的安価に出せるなら、海外でも成長するだろうが……。先に1年ぐらいでと書いているが、売るぐらいの事業だと、そう簡単ではないだろう。







【送料無料】 ASUS 13.3型ノートPC[Offie付き・Win10 Home・Core i3・HDD 500GB・メモリ 4GB] ASUS ZenBookシリーズ RX310UA グレー RX310UA-FC648TS (2017年8月モデル)
楽天ビック
〔ノートパソコン:ZenBook〕上質な佇まいに圧倒的な存在感。強靭なボディに使いやすいモバイルノー


楽天市場 by 【送料無料】 ASUS 13.3型ノートPC[Offie付き・Win10 Home・Core i3・HDD 500GB・メモリ 4GB] ASUS ZenBookシリーズ RX310UA グレー RX310UA-FC648TS (2017年8月モデル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Qualcomm Snapdragon 850は845のPC向け選別かな、それよりもSHARP なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる