なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS GPUを強化したSnapdragon 450登場Snapdragon 439/429他比較表。

<<   作成日時 : 2018/06/29 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今度は、Snapdragon 450が登場した。Snapdragon 439や429などと一緒に久々の表を公開する。
画像解像度は、1456×2023なので、適当に拡大して見て欲しい。

画像


前回も書いたがchaos(混沌)状態である。
435の後継が450である。
427の後継は429となり、
439は430の後継となる。(430の後継が439)。


そして、4Gamer.netの記事にあるように、450(SDM450)は625(MSM8953)にとても似通っている。

違いは、映像のエンコードやデコード能力で4K関連の機能をサポートしていないこと、
CPUのクロック数に差があること。
GPUはクロック数を変えていないがCPUクロックが低いことを考えると、これも多少低い可能性がある。ただ、Adreno 505ではないため、550MHzより上で〜650MHz未満の間だろう。、予想するに650に対して50MHz低い600MHzぐらいだと思われる。
ここまでが低下している部分(可能性があるものを含む)。

そして、アップしている部分が1つだけある。オーディオCodecがAqsticブランドを冠しているHD Audio(Hi-Res)サポートとなった。ただし、WCDを搭載しているという旨の記載はなく、5.1chサポート程度しか無いので、Soft Codecなのだろう。

画像



前回の439と429
ではGPU性能が頭打ちで弱いと書いたが、450の登場で今後は600世代の市場に400世代がようやく迫ることになる。ただ、やはり600世代や400世代の他の製品との差別化には苦労しているのが良く分かる。
450はSDカードスロットの仕様がUHS-Iに対応していないので、ゲーミングなどでSDカードにもアプリを入れるような人の場合は、SDカードにアプリを入れるとA1やA2対応のSDカードを使っても性能はさほど出ない事が予想される。

また、オーディオの仕様も地味に落としていると思われるのが上手いところだ。
とにかく、性能重視でスマホの中だけで完結するなら良いと思うが、SDカードまで出力するとなると、439の方がバランスは良いということになるかもしれない。

なんというか絶妙なところで、既存600世代や400世代の他の製品との差を出している。これは、上が詰まってきていることをやはり証明している。まあ、性能重視という観点だと、625や626などを搭載したスマホから買い換えるには向かないだろう。それらを考えない4Kとかどうでも良いなら、450はもう600世代並に突入したわけで、十分な性能である。


ちなみに、Snapdragon 632の表は今回割愛している。作ってはいるが、Kryo 250の仕様が良く分からないのであまり公開する価値もなく外している。Kryo200世代は型番によってSilverコア(Littleコア)だけを実装しているものも作れる。もし、Siliverだけで組み合わせていると、ブランド名の割に性能は伸びないだろうから……。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GPUを強化したSnapdragon 450登場Snapdragon 439/429他比較表。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる