なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Android 9.0 Pの改善点はいくつあるのか?

<<   作成日時 : 2018/06/19 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Android 9.0が気になったので、改めて調べたのだが、少ないようだ。
β段階で対応している機能は、

・開発API Level 28(Android 9.0 P)へ更新。
・ディスプレイノッチ(カットアウト)サポート
・時計の位置変更
・クイック設定のインターフェース改良
・ドックの半透明化
・スクリーンショットボタンを電源オプションに追加
・UIの形状変更
・いくつかのアプリ機能を改善
・ボリュームバー(スライダ)の変更
・バッテリーパーセンテージの常時表示対応
・DNS Over TLS対応
・ジェスチャーインターフェース対応
・自動明るさ調整のカスタマイズ
・Vulkan1.1(API)への対応
・周辺機器(IoTデバイス含む)との細かな接続/情報受け渡し表示などの改善。

等となっている。

8.1ではいくつかのベースAPI(機械学習、メモリー関連など)が追加されているが、こちらはAndroid One向け(1GBメモリー以下の製品向け)との共通要素が中心だった。
9.0はそこから見てもメジャー更新として魅力は少ないように見える。

まあ、既に、Androidは10.0のα開発(研究、草案策定)が始まっているはずだが、9.0でも昔のように大きな変化が無い中で、節目となる10ではどういう変化を与えるのかが、難しい。そろそろ、UIを透過させるだけではなく、のっぺりした表示をWindows Vistaや7がやっていたように立体化でも図っていくのかな?

今は、2D演算もShaderベースで処理しているはずなので、やり方によっては3D化しても消費電力などに大きな差は出ないと思うが……そういう部分へのてこ入れぐらいしか、もう無さそうだ。


8.0やiOSの最近のバージョンアップもそれほど凄い進化はないことを考えると、こんなものなのかもしれないが、今年もスマホの出荷台数はこの進化レベルだと減るかも知れない。結局、スマホがないと困るが、頻繁に買い換えて進化を実感できるほど凄いものでも無くなりつつあるということだろう。

9の次は10だ。これは2桁への突入という節目である。果たして、10らしい製品として登場させられるかどうか、今の9の更新内容を見る限りでは、ちょっとそういう可能性が低い気がする。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Android 9.0 Pの改善点はいくつあるのか? なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる