なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪府北部で震度6弱……暫定M6.1(当初推定5.9)、震源の深さは暫定13.9km(推定10km)

<<   作成日時 : 2018/06/18 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪府で7時58分大きな地震が発生したようだ。震度は6弱で北区(茶屋町)、高槻市第二中学校、枚方市大垣内、茨木市東中条町、箕面市粟生外院のようだ。
https://www.jma.go.jp/jp/quake/00000000095.html

この規模だと大きな余震または、さらに大きな本震がやってくる可能性がある。熊本地震と同様に浅い震源であった場合(現時点では暫定なので今後深さや規模は修正されると思われる)、Mが小さくとも大きな揺れになるので、その地域の人は気をつけて欲しい。


<雨のシーズンに起きる地震は別のリスクも>

尚、既に一部地域では雨が降っているが、大きな地震と、雨が重なると丘陵地では、土砂災害などが起きることもあるので、今後の天候などによっては、早めの避難なども必要になるかも知れない。


<停電約17万件>

どうも、府内の鉄道や空港(伊丹かな?)は状況調査に伴い運行を停止しているか、いたようだ。
以下で状況を確認することが出来るだろう。一部は、アクセスが殺到しているため、関係ない人はアクセスしてはいけない。
https://trafficinfo.westjr.co.jp/kinki.html
(JR西日本)
https://trafficinfo.westjr.co.jp/sanyo.html
(JR西日本−新幹線−)
http://www.kintetsu.jp/unkou/unkou.html
(近鉄)
http://s.hankyu.co.jp/index.html
(阪急)
http://rail.hanshin.co.jp/railinfo/
(阪神)
http://www.osakametro.co.jp/
(大阪メトロ-地下鉄)
https://www.osaka-airport.co.jp/flight/itm_searchresult?s01=1&submit=1
(伊丹空港−発着便情報)

15時00分現在で、余震が15回(M3.5を最大として、3クラスが5回、2クラスが10回、15回の平均M2.9)が起きており、短時間でこれだけの余震があるということは、余震が暫く続く可能性が高い。

このまま減って行けばよいが、もしこの後に大きな地震が来る場合は、震央が断層の延長線上にズレることもある。そのため、大阪市北部以外で大きな地震が起きることもあるので、気をつけた方がよい。

<けが人も出ている模様>

一部の報道では、プールの壁(コンクリートブロック)が根元付近で倒壊し、その横の歩道を歩いていた9歳の女の子が死亡したようだ。また、81歳の男性も亡くなられたようだ。他にもう一人84歳の男性が亡くなっている。生き埋めが発生しているというニュースも出ている。
https://www.asahi.com/articles/ASL6L35C6L6LPTIL01V.html?iref=comtop_8_01


<気象庁発表>

7時58分発生(同時刻38秒に緊急地震速報−その3秒後に各地に通知。)となり、暫定M.6.1へと上方修正された。

震源となった場所は、有馬−高槻断層帯(東西方向)に掛かる断層のようだが、東西方向に圧力軸を持つ型(南北方向に伸びる断層)となっている。尚、逆断層か、横ずれか(たぶんないと思うが正断層か※)は現在解析中という。これは、たぶん南北方向の断層ずれと考えられるが、有馬-高槻断層帯は東西方向であることから、未知の(または今回新たに生じた)断層で起きていると予想されるため、詳しい調査が必要になっているのだろう。

どうも、2度目の会見を見る限りでは、逆断層か、横ずれ断層のどちらかのようだ。

※正断層の場合は、今後の全国的な地震活動に注視する必要があるだろう。ここで正断層が出てくると、大きく地殻変化が起きている可能性がある。

有馬−高槻断層帯で合ったと仮定して、ここでの地震発生の可能性は、0.1%未満(不明)だったようだ。



<他の地震、南海トラフ地震などに影響するのか?>

という話が、何かと言われているが、たぶんこの浅い地震が影響する可能性はないだろう。距離や規模を考えると、常識的に見て明確な相互作用があるとは思えない。
どちらかというと、他の地震が僅かに関連したぐらいの方が、可能性が高い。具体的に言えば、東日本大震災などは、関西まで本震が届いていたため、影響した可能性はあるだろう。

そもそも、地震研究者でさえも、地震の確度を示すことが出来ていないのは、この最近の地震傾向を見れば明らかである。今回も0.1%未満の確立という地震が起きた訳で、どこでも起きえることを、気象庁も述べていたのだ。

即ち、関連性など語れる話じゃないということだ。
地震対策は、日本であれば既にどこなら地震が少なくて安全という話はなく、日本国内ならこのぐらいの規模または、それ以上の地震が起きる可能性があると自覚することが大事である。


<熊本地震のようにはならないか?>

熊本地震の地震データも持っているので、確認してみた限りでは、熊本地震では、直近1時間で10回以上の震度3〜4の余震が続いていた。しかし、今回の地震では7時58分に発生してから、10時59分までに10回であり、M2クラスが多い。この辺りから、熊本地震ほどの余震傾向があるわけではない。

即ち、同程度の地震が起きる可能性があっても、震度7のような巨大地震が起きる可能性は、これまでの傾向で考えると低いだろう。まあ、熊本地震は予想外が起きた訳で、絶対にないとは言えない。今後も注意は必要だろうが、地震傾向も減っているように見えるので、既に地震が減っていく傾向があるので、熊本とは地震規模がマグニチュード換算で1〜2下回っているようだ。そのためか、無感の地震はかなり起きているようだ。

よって、最大震度6弱〜強の地震なら一週間程度は起きえるということのようだ。

<産業影響度は大きい>

新幹線は、15:00以降に運転を順次差異化しはじめたようだ。
在来線はJRに関しては、再開予定が17:00時以降の予定がいくつか立っているが、一部未定もあるようだ。
私鉄各社も徐々に再開をはじめている。

高速道路は午後1時全線開通した。ただ、下道(高速ではない道路)は、大阪都心部に向かうルートを中心に渋滞しているようだ。

月曜日というのも影響しているだろうが、この半日だけ、東西を結ぶ流通網が停滞したことで、仕事にならなかったところも多いかも知れない。予想以上に影響範囲が広かったようだ。
大阪は、東海道山陽新幹線の切替地点であるため、ここが止まると主要な新幹線は、全て止まる。さらに、高速道路も大半が大阪経由であるため、大阪で震災が起きれば、変わりのルートは少ない。

今回、震度7のような地震は今の所起きておらず、家の中や店舗内は滅茶苦茶になっている一方で、耐震性がそれなりにある施設では被害は比較的少ないようだ。そのため、道路などの被害は最小に留まっているが故に流通網の回復が早いといえるが……。もしさらに大きな地震があれば、厳しい状況になることを示したと言える。








コールマン タフワイドドームIV/300スタートパッケージ (2000031859) キャンプ ドームテント マット シート セット キャンプテント Coleman
Alpen楽天市場店@アルペン
◇1人でも設営できるアシスト機能が付いた安心のタフワイドドームIV/300にテントの必須アイテムをセ


楽天市場 by コールマン タフワイドドームIV/300スタートパッケージ (2000031859) キャンプ ドームテント マット シート セット キャンプテント Coleman の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪府北部で震度6弱……暫定M6.1(当初推定5.9)、震源の深さは暫定13.9km(推定10km) なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる