なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Cortex-A76発表。特権モードは64bitのみ。Mali-G76は8K(SHV)60Pデコード

<<   作成日時 : 2018/06/01 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先に公開したのは海外の記事だったが、PC Watchにも書かれている。

https://www.theregister.co.uk/2018/05/31/arm_cortex_a76/
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/1125098.html

The Registerの記事では、Snapdragon 845(2.8GHz/10nm)より、Cortex-A76(7nm)の3GHzは35%高速という話になっている。クロック差が7%あるので、純粋な比較は出来ないが、同じクロックなら20%〜28%ぐらい高速ということだろう。
これは、PC Watchの記事にある4命令デコード/サイクルの採用と合わせるとほぼ一致するパフォーマンスアップであり、端的に言えばデコーダーの差が性能差に直結していると思われる。


一方で、PC Watchでは直接的に内部構造を評価して、発表を元にした構造のみを書いているが、The Registerの記事では、考察懸念として、レジスターの共有エントリーと投機的実行の仕組みが、セキュリティ上の欠陥を残していないかを心配しているようだ。端的に言えば、Spectre、Meltdownの脆弱性問題である。それについて、Armからの明言は無かったようだ。

IntelとAMDは今後の世代で、これらのエントリーを分離するかまたは、他からのエントリー参照を弾く仕組みを設ける予定になっているが、ARMの場合は、CPUの構造上ソフトウェアでの脆弱性回避によるリスクがx86より少ないため、それでカバーできているのかもしれないという見立てで書かれている。

まあ、発覚からの期間で考えると、ハードに手を入れる時間としては短すぎる。純粋にファーム対応で問題なしに出来ると見てArmは対応したのだろう。たぶん、ハードで対応するのは来年の世代になると思われる。まあ、x86ほどというか、Intelhどのリスクはないので、十分だと思う。Intelが性能シフトしすぎてやり過ぎただけだ。

The Registerの記事はちょっと辛口で、電力性能は本当に今より良いのかどうかなどは、本物待ちと書いている辺りが良い。まあ、発表会は良いように出すからね。

演算全般の構造は、PC Watchの記事と、The Registerの記事を足して読むと良く分かるだろう。単純に4命令サイクルのデコードだけではないようだ。まあ、詳しくは記事を読めば分かるだろう。


<GPU Mali-G76は8K動画デコード対応>

The Registerの記事ではMali-G76のデコードが8K60Pに対応しているらしいという内容が書かれている。凄いというか、これ専用のデコードチップを開発しているメーカーは早速涙目だろう。日本企業は積極的にそういう専用品を開発していたが、早速今年の後半にはMali-G76に奪われ始める日が来るかもしれない。



ちなみに、PC Watchはインテルを狙った記事として書いているが、The Registerの記事ではまずコード記述構成から始まっている。どうも、この製品はA32をカーネルコードレベル(特権モード)ではサポートしてないようだ。そのため、カーネルコードはA64で設計したものしか動かない。ただ、ユーザーモードではA32をサポートしてるようだ。そのため、OS上でのA32動作互換は確保される見込みである。

<y様>

迷言となった名言を訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

<名無し様>

この記事は明日(6月3日)書こうかなと思っていますが、私もこれは危惧しています。まあ、たぶんArFやF2などのリソグラフィーではなく、EUV(Extreme ultraviolet lithography)を想定してテストノードではTDPが基準内に留まると見たのだろうと思われます。正直、4命令/サイクルになるだけで、最低でも12%〜18%は発熱と消費電力が上がるはずです。それは、ARMの理論云々ではなく、ロジックプロセッサならどうやっても、上がるはずの物を押さえ込むとなると、クロックを相応に下げないと不味いことになります。

まあ、その辺りの考察は明日書きます。個人的な推論なので参考になるかは分かりませんけど。







Eclipse/ARMプロセッサによる組込み開発基礎講座 ロボットコントローラの自作で学ぶ初めてのクロス開発
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
大橋修/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名翔泳社出版年月2


楽天市場 by Eclipse/ARMプロセッサによる組込み開発基礎講座 ロボットコントローラの自作で学ぶ初めてのクロス開発 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
名言→明言
y
2018/06/01 13:47
AR/VR機器の発展を見据えた拡張なんでしょうかね?
スマートフォン向けSoCに用いるにはTDPがちょっとリスキーな事になりそうです。
名無し
2018/06/02 06:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cortex-A76発表。特権モードは64bitのみ。Mali-G76は8K(SHV)60Pデコード なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる