なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS AQUOS R2は買いなのか?……堅実な進化。

<<   作成日時 : 2018/05/09 11:53   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

本当は、昨日アップするつもりだったが、今日になった。
表も作成中なのだが、間に合いそうにないので、文字列だけである。こうなるといつもそうだが、表が果たして公開されるのかは分からない。作り上げはするが、アップはしないものも多い。気が向いたら別記事になるかもしれないが、アップする。


現時点で分かっていることは、AQUOS RもそうだったがCPUクロックとGPUクロックは、少し抑えめに設定してあるという点だ。

Kryo 385 Gold 2.60GHz
Kryo 385 Silver 1.70GHz

というクロックは、Snapdragon 845のライトクロック版になる。GPUのクロックも少し(1割程度)低くなるはずだ。
ちなみに、Snapdragon 845の最大クロックは

Kryo 385 Gold 2.80GHz
Kryo 385 Silver 1.80GHz

である。
上記の割にディスプレイ解像度が高いので、最高性能は他の製品より少し劣る可能性もある。

まあ、発熱に合わせてクロックは動的にコントロールされるので、廃熱の良さをアピールするAQUOS Rが結果的に平均性能を他の製品より安定させるかもしれない。まあ、平均値と瞬発的なベンチマーク結果は異なる物だ。AQUOSが不利になり易いのは瞬発的な処理である。


<カメラセンサーのメーカーは……>

調査途中のデータだけで言えば、CMOSセンサーは大方SONY製のCMOS(Exmor RS)に、自社レンズ組み立てした製品だろう。SHARPも自社CMOSを持ってはいるが、一部商業用に製品を絞っており、完全自社設計のものは少ない。AQUOS Rもそうだったが、今回も(前回もたぶんそうだった)たぶんSONYセンサーを自社設計のレンズや制御機構と組み合わせたものだと思われる。

予想されるセンサーサイズは、メインカムの2つのセンサーのみしかまだ調べていないが、1/2.6(1μm)=スチル用、1/3.09(1μm)=ビデオ用と考えられる。元々、SHARPのカメラ機能は高感度時のノイズが少し多くなる傾向を持っていたが、その差が縮まらない理由の一つは、このセンサーの選択にもあるのだろう。他社は画素数を抑えて、ピッチを広げたセンサーを使い始めているが、SHARPは未だ画素が高い傾向があり、ピッチサイズは1.0であると考えられる。ちなみに、SONYは1.22と1.55である。サムスンは1.4と1.0である。


今回の製品は2カムになったが、AQUOS R2では他社の2カムセンサーと扱いが違うようだ。まあ、全くやっていないとは思えないが、合成手法のDual Pixel技術ではなく、スチル撮影と動画撮影をそれぞれ別のカメラで行う方式を使っている。
即ち、同時に動画と静止画を処理しているわけだ。

これを、画像処理プログラム(AIと称しているが端的に言えば画像処理パターン)に合わせて、最適化するようだ。
平たく言えば、フォーカスロックやホワイトバランスに応用する訳だ。これを使うことで、動き予測が確実に行えるようになり、C-AFの追従が良くなる。

動画用のレンズがF/2.4と少し被写界深度が深いのは、被写体の移動方向をスチル側で撮影している画像と常に照らして判断しているからだろう。

何が凄いのかというと、これはレーザーセンサーやRGBC-IRをカメラセンサーに置き換えただけなのだが、これまでは点測量や限られた光波長だけで測定していた部分を、カラー映像で行うことで高精度化出来るということを意味する。ただ、これまでやらなかったのは映像をリアルタイムに解析するには相当なプロセッサ性能が消費されていたからである。プロセッサ性能が上がり、バッテリ負担が減ったことでこういう作業がリアルタイムに出来るようになったことを示している。

これは純粋に、被写体ブレなどを減らす効果と、カラーバランスをより好ましく再現する効果をもたらすだろう。


<筐体は僅かに大きくなったが、Galaxy S9+より小さい>

R2筐体は、156×74×9で181gとなった。
Rの筐体は153×74×8.7で169gだったので170gを突破し、180gへと一気に成長した。ただ、galaxy S9+よりはまだ軽く小さい。

画面サイズが5.3インチ→6インチ相当(アスペクト比が変更されたのでインチ数が上がった)になった割に、大型化していないのはよい点なのか、どうなのか?良く分からないが、最近のトレンドが画面の狭額縁を追求することなので、トレンドを踏襲していると言える。

SONYにXperia XZ2 Premium比べて画面サイズ(5.8インチ/16:9/4K UHD)がでかい扱いなのに小さくなるのは19:9という縦に長い画面だからである。スペック表を作るのに苦労する。こういうアスペクト比の違いなどによる差別化が行われる理由は、パッとカタログに載せるときの数字インパクトを追求するのがやりやすいからでもあるが、良いのか悪いのか……判断は難しい。

何せ、アプリケーションによっては、引き伸ばし処理が掛かり映像や画像がテレビなどで見た時と、スマホのディスプレイで見るときで変わる可能性があるからだ。まあ、16:9→19:9だとスマホの画面の方が横に広がって見えるはずで、出力するとスリムに見えるだけだ。

まあ、太って見えるということはないだろうけど、雰囲気としてはこれ以上やり過ぎないようにはして欲しい。


<オーディオ機能はDolby Atmos、ディスプレイはDolby Vision対応>

オーディオ機能の売りはDolby Atmos(Headphone)に対応したことだろう。( )の部分が重要で、内蔵のスピーカーは今回もモノラルでありステレオではない。だから、ヘッドホンのみで利用できる。対応したアプリ(ゲーム)や動画などでは普通のヘッドホンでもサラウンドを楽しめるだろう。
非対応のものでも、これをオンに設定していると、オーディオなどでAtmosベースのHRTFが有効になる。こういう仮想サラウンドが好きな人には良いものだ。

尚、LDACに対応しているかは今の所分からないが、aptX HDには対応している。

Dolby Visionは過去の記事を読めば分かる。いわゆるDisplay HDR技術のドルビーラボ版である。現時点でこれ以上に高度なHDR技術はないが、果たしてこの小さな画面でそんなに大きな差を実感でき……うわっ、だれだ……ぎゃー。
Dolby Visionはマルチレイヤーにも対応しているぐらいだ。きっとその恩恵を十分に発揮するだろう。他のHDRと差が無いと思うなら、きっとコンテンツが悪いのだ。
http://powerpro.at.webry.info/201803/article_4.html

ディスプレイの違いとして見ると、RでサポートしていたハイスピードIGZOの120Hz(120fps描画)は100Hz(100fps)に下がったようだ。まあ、ディスプレイの解像度が上がっており、消費電力との兼ね合いもあったのだろう。この20Hzの差は馬鹿にならないはずだ。


<ロボクルとエモパー>

SHARPの将来にとって大事な機能は、このロボクルとエモパーかもしれない。AIスピーカーとか、スマートスピーカーと言われる製品が売れはじめていることになっている市場において、SHARPのこれらの技術は、日本語圏であれば、最も先端を行っている技術の一つである。

今回のモデルでもこれらをサポートし、ロボクルのスタンドはRと同じものが使えるようだ。この細かな配慮が、結構嬉しいところだろう。一家全員でRやR2を揃えて、1台だけスタンドをロボクルにしてなんていう使い方も出来るかも知れない。


<結局買いなのか?>

というと、どうなんだろうか?
Rに比べて大きく変化しているのは、カメラ機能である。2カムになったメインカムはたぶん1カムの頃に比べると新しい使い方が出来るだろう。だから、メリットは多い。

ただ、ここは敢えて言うが、一つ気になるのが動画専用と言っているカメラの画角である。
確かにより広い範囲を映像内に入れることが出来るのはメリットでもあるが、収差補正をかなり無理に掛けているはずで、そこが気になる点だ。動画専用のセンサーでしか動画を撮影できないなら、場合によっては元々Rの画角になるように撮影しようと頑張ると、陣笠収差の補正による不自然なノイズやボケが発生する恐れがある。

この辺りをどのように処理しているのかが分かってくるまでは、買いかどうかの判断は難しくなりそうだ。


後は、Xperia XZ2のように何かを廃止したわけではない。そのため、Rに興味を引かれていた人や、SHARP製品に興味がある人から見れば、評価は自ずと高くなると思われる。

一方で、大きな変化、他社より抜きんでたような新しいコンセプトなどを求める人からすれば、少しインパクトは弱いだろう。結局変化はカメラとか、画面解像度とか、その程度なのかと言われると、その程度だからだ。まあ、それはSHARPに限ったことでは無いことであるため、私個人の印象で言えば、AQUOS R2はRよりも純粋に買いだろうなと思う。

毎年、発熱の抑制などに力を注いでいる辺りもSHARPらしさをしっかり示しているし、ロボクルやエモパーをしっかりレベルアップさせようとしている辺りも、良い。一歩一歩着実な動きが、日本のスマホ市場でNo2(Androidでは国内No1)という実績に繋がるのだろう。


−これからへの期待−

まあ、ハイエンドとして考えた時に問題はないのかというとあるにはある。まず、スピーカーはそろそろステレオ化を考えた方がよいだろう。
また、他のメーカーにも言えるが、本当に今の数値上のディスプレイ大型化をアスペクト比を縦長(横長)にして、示す方法が良いのかも考え物である。重量が徐々に重くなっている点も気になるところだ。

後は、PMA/Qiといったワイヤレス充電を搭載するかどうか?または、交換できるバッテリへの挑戦が出来るなら、考えて欲しいところだ。

そして、何より言えるのは、そろそろメモリー6GBモデルも欲しいという点だろう。ヘッドホンなどを捨ててまで、やって欲しくはないが、そういう課題はある。

そもそも全部を一気に行う必要は無いし、これまで通り一つ一つ着実に積み上げていけば良いことだが、R、R2と順当に堅実な進化をしていると、R3にもそういう堅実でも確かな進化を求めてしまう。

問題は、堅実な進化でそこそこ良い評価を得ると、必ずドカンと一発大きな変化をすべきという開発者やユーザーが出てくることだろう。あれに、惑わされると当たれば確かに大きいが、外れたときにもう一つのS社のようになるかもしれない。



SHARPは、鴻海グループに入ってから、ブランドの統一とSIMフリーモデルの投入などを行い急速に評価を上げている。未だにドコモだけ、一部ブランドは海外だけ、さらに北米モデルは指紋リーダーがないとか……で最大限消費者に売れるものを頑張って出さずしてスマホは厳しいと豪語するもう一つのS社とは違う。

まあ、もう一つのS社みたいになることは無いと思うが、そうならないように頑張って欲しいものだ。まあ、大口の株主が、理解しているのかどうかもあるのだろうが……。IRだけで出資者が見ていると、徐々に沈んでいくのだろう。SHARPを見ていればそれが良く分かる。


<yanroncha様>

コメントありがとうございます。これは、やはり古い言い方をするとクロックダウン版です。
端的に言えば、本文記事に書いたとおりの可能性が高いです。良く考えて作っています。

まあ、最大クロックについては、シャープのサイトにも記載されていますけど……
Youtubeの内容を見る限りでは、SHARP側がそう答えたときに、あれっと思わないのが凄い。実利を考えるとフェアではないって、他社も2.8GHzシングルコアで同じならフェアなんです。そもそも、他社のcTDPやTDP枠の仕様は、開発元がメーカーが発表会で言わないなら、製品が出てから分解したり、ファームハックを掛けて調べない限りは分からないはずなんですよ。Qualcommが他の設計を予めリークしたなら別ですけど。

この説明通りなら、cTDP枠での平均的な適正性能を上回っているか、満たしているから2.6GHzで他と変わらないと示しているという話しか考えられません。そうしなければ、XperiaやGalaxyのクロック説明が出来なくなりますし、実利という点でいえば、SHARPの説明を真に受けると、他社が嘘をついているような言い分になり、逆に自分たちが正統で他がアンフェア(悪者)になってしまうと思いませんか?そこに、司会の人は気が付いていません。ここには、他社とは性能を出す方法が、違うという意味が含まれていると見なければ、フェアという言葉にはなりません。


尚、Performance core 最大周波数(シングルコア):2.80GHz。Efficiency core 最大周波数(シングルコア) :1.77GHzとなっています。映像で言われているように、Quad Core動作時ではありません。そもそも、その4コア動作なら2.8GHzで記載しなければなりません。Goldコアは4つしかありませんので。
シングルスレッドでの処理が中心になると、IntelTBの最高クロックと同じような動作をするというものです。
http://www.sharp.co.jp/products/sh03k/performance.html


一応私が考えていることを、詳しく説明しますが、予め
これはQualcommのBrief Sheetでは詳細に明記されておらず、QualcommとSHARPとの間、またはその他のメーカーから開示されている情報ではありません。いわゆる推測を含んでいます。


元々の2.8GHzという動作はKryo Gold 4コア動作時の最高クロックであると見るのが普通です。ただ、Qualcomm側がそれを明確に発表することは近年避けています。サプライヤーとしての販売上の戦略と思われます。いつか書くかもしれませんが、ここでは、詳しくは書きません。

何故、2.8GHz4コアフル動作なのか、Xperia XZ2やGalaxy S9+は2.8GHzと記載されていて、SHARPと同じなら、SHARPの注意書きを他のメーカーもするべきだからです。ただ、現実としてSHARP以外にも2.6GHz記載の製品があるのです。いやもっと言えば、一番下は2.2GHz〜3.0GHz以上の製品まで出ています。
では、何故SHARPの製品は、クロックを落とした扱いでは説明しなかったのかということですけど、その前に、CPUやGPUにおけるConfigurableTDPのアプローチについて説明します。


アプローチの仕方がcTDPをどの方向から使うかによって異なります。
例えば、4コア最大2.8GHzでも平均クロック2.2GHzや2.4GHzにすると、ブースとした際に2.8GHzを全コアで実現する事は可能かも知れません。これは、通常の温度が低いなら、MAXで過剰発熱が1〜2秒出てもTDP枠を超えるまでの時間が稼げるからです。
もちろん、冷ます効率が良ければ、平均を2.7GHzにして2.8GHzも熱枠が許していれば出来るでしょう。

これを示すのは、以下の製品を見れば分かるでしょう。これは、クロックが高いのでメーカー側が直接、言及していますけど、実はこれ、平均クロックが3GHzとは限らず、定格クロックで常時2.8GHz(Snapdragon 845の本来の動作目標枠での)動作製品かもしれません。
http://ascii.jp/elem/000/001/673/1673586/

TDPが許すなら、本来はGold全コア2.8GHz+Siliver 全コア1.8GHzでもそれ以上でも動かすことは出来ます。そして、それはPCのオーバークロックと似ていて、ある程度ちゃんと熱量計算をした筐体にセットしてやれば、どのメーカーでも出来ます。Qualcommは結構柔軟なのです。だから、Andoridスマホでは圧倒的な人気を誇っています。

ただ、実際にこれらの方法をXperiaやGalaxyでそれをやっている形跡はないと思われます。この方法を使ったのは、AQUOS R2の方です。


現実の話として、Xperia XZ2などがやっている可能性が最も高いのは、4コア(gold)の定格クロックを2.8GHzに、4コア(Silver)の定格を1.8GHzにして、発生する熱量によって動作を落とす方法です。これをサーマルスロットリングと言います。実はこれが最も楽で作り込みも簡単な方法です。iPhoneでも使われていますし、殆どのスマホやタブレット、PC(の主にGPU)が使っています。この方法は高負荷演算が継続した時に、発熱が指定枠を超えるとクロックを動的に下げます。温度が高くなると、クロック周波数を10%落とすといった具合でGPUやCPUを制御します。場合によっては、バス帯域までコントロールします。

即ち、全体の熱量が低いなら2.8GHz+1.8GHzのフルコア動作をします。しかし、熱くなると2.2GHz+1.2GHzになるかもしれない。平均すると、2.4GHz+1.4GHzかもしれない。そういう動作方法です。これは、SoC全体の平均ですから、Adreno GPUのロードバランス、Spectra ISP、Hexagon DSPなどの熱量などの影響も受けます。


最近このブログでも何度か取り上げているのですが、ARMプロセッサを搭載したスマホ上位機とGPU、及びストレージは既に、x86の同等品に近い熱量に達しており、熱から逆算した演算効率が悪化しつつあります。

本文中にも書いていますけど、cTDPが設定出来る製品は、例え常用クロックとして示しているのが2.8GHzでも、実運用時の性能を示すわけではありません。廃熱能力が低いなら、サーマルスロットリングによって、クロックやバス幅は落ちるようになっています。実際に、Xperiaのベンチマークはあまり良くないという評価があるのは、2.8GHzを標準としてそれより落とすという仕組みを取っている可能性が高いと考えられます。本体も厚く重いですし、廃熱がキツいのは間違いないでしょう。

逆に、SHARPの場合は、最初に熱量の最大を考慮して、Qualcommと共同で最適な平均クロックを計算し、且つ性能が他社の同等品と変わらないか上回るという目標で設計していると考えられます。

ただ、ここまで長々と説明するのは骨が折れます。そもそも、発表場で説明する人がそこまで知っているとは限りません。Qualcommとちゃんと調整して作っており、他と同等なのに実は低クロック版ですと言うのは愚の骨頂です。何よりQualcommは最大クロックしか定義していませんから、1コアでもBoostで2.8GHzを達していることや、ベンチマークも他の2.8GHzと大差ないかAQUOSの方が上回る製品もあることを考えると問題はありません。

現実に、既に出荷中の製品には、2.2GHz〜3GHzの製品(開発中も含む)が存在していることは私の調査では発覚しています。そのどれがQualcommが最大2.8GHzと示したものかは分かりませんが、たぶん示しているクロックはどの製品も定格設定しているクロックでそこから落とすか、上げるかの違いと考えています。

また、この範囲で、ある一定の性能値に入るか、最大がどういう形でも2.8GHz付近に到達するなら、Snapdragon 845の仕様に沿っていると判断されるのだと思われます。

と、考えることが出来ます。世間に説明するのにこんな長々とは説明しませんし、使う側から見れば、ベンチマークが同等ならどうでもよいことです。ただ、本当にフェアという言葉をメーカーが使ったなら、そこに意味があるはずなのです。他社をバカにしていないなら、私なら上記のように考えなければならないということと、何よりSHARP的には最大クロックが性能の全てじゃないよと言っており、本当にそれを達したことを評価して欲しいのかも知れません。

なんて、どうでしょう?







パナソニック K-KJ53MLE44 ≪国内・海外兼用≫充電式エボルタ ファミリーセット(充電器、充電式エボルタ単3形4本、充電式エボルタ単4形4本) K-KJ53MLE44[KKJ53MLE44] panasonic
楽天ビック
(充電池)十分な容量に加え、よりくり返し回数が多い、バランスのすぐれた充電式エボルタ「スタンダードモ


楽天市場 by パナソニック K-KJ53MLE44 ≪国内・海外兼用≫充電式エボルタ ファミリーセット(充電器、充電式エボルタ単3形4本、充電式エボルタ単4形4本) K-KJ53MLE44[KKJ53MLE44] panasonic の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
CPUはクロックダウンされてませんよ。表記はオクタコア動作時で、カタログにはクァッドコア動作時の数値も記載されています。詳しくは、以下の動画にあります。

https://www.youtube.com/watch?v=ABcx4jwv-bI
yanroncha
2018/07/17 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
AQUOS R2は買いなのか?……堅実な進化。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる