なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 機内食のりんご、税関で見つかり罰金5万円……これもニュースになる時代。

<<   作成日時 : 2018/04/25 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CNNの記事である。まあ、税関トラブルは昔から良くある話だ。強面なだけで止められる人もいれば、初めての海外旅行で挙動不審だからと、質問のオンパレードとなり、泣く人もいる。そして、最も困った事態になるのが、食べ物や飲み物、品物(お土産を含む)などの扱いだろう。国によってその持ち込みルールは大きく変わるからだ。

手荷物の持ち込みでは、特にそういう部分をちゃんと把握しておく必要がある。という戒めとしては面白いが、なかなか、この規模で揉める人は少ないだろう。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35118288.html?tag=top;subStory


<歴史的に考えた本来のルール>

元々、アメニティーグッズや施設、車両内で出される食べ物などは、その施設内だけで消費するために提供されることが多い。いや、厳密に言えば、昔はどの国でも、施設サービスは施設内だけであり、持ち出すことを認めることは少なかった。

何せ、施設サービスというものは、あくまで施設内で施すものであり、その外に持ち出すにしても、施設側の許諾を得るものだからだ。最初から持ち出し可と記されているものでなければ、施設は外に持ち出すことを前提に物を提供している訳では無いというわけだ。

しかし、飽食の時代になり物が豊かに安く手に入る時代になり、さらに備品を持ち帰り、残り物を家で処分しても良いですか?という需要が出る中で、それを料金に加えて提供するサービスが徐々に広まり、持ち帰ることも出来るものと考える人は増え。サービス側も何も書かずにそれを許すケースが増えた。

それが間違いの始まりである。

その結果、時より持ち帰りは許可していない備品を持ち帰って、捕まったり、警告を受ける人も出るようになった。
その延長線上にこれはあるのだろう。本来は、持ち帰り禁止のものに何かが書かれる訳では無く、持ち帰り許可のものに許可を与えるのが普通なのだが、豊かな中で育った側から見ると、持ち帰ってはいけないものに書かなければいけないと思うわけだ。


まあ、人によってこの辺りの考え方は大きく変化する。今回のケースは、豊かな社会の側で見ているから、常識的にこうなるのだろう。しかし、今はサービスする側も難しい。人々の良識や常識が多様なのは確かで、揉めるのは昔から良くあることだ。問題はすぐにネットで共有されるため、下手をすればそれが、企業の良識に対する判断を大きく毀損してしまうこともあるからだ。

だから、下手にこれまでの対応と同じ事をして、邪険にすると結果的に悪い評価が募ることも多々ある。今日は、ライバル企業がそれで蹴落とされても、明日は自分の会社で、担当者が自分だったなんて冗談ではなく、あり得るのだ。


<フェアとは言い難いネット>

難しいところは、「明らかに機内食だと説明を試みた。」という点だろう。そもそも、機内食で生ものが出るのが問題というなら別だが、機内食の袋にリンゴが入っていてというだけでは、機内食かどうかは分からない。その袋に別のリンゴを入れることは出来るからだ。

だから、それで通れるはずもない。むしろ、税関職員に同情する。彼等は、その常識を伝えていたようだから……。

強いて言えば、デルタ航空が機内食のリンゴに袋を付けないか、密閉型の袋で、一度開封してますよね。手荷物のリンゴを入れている可能性もあるので、廃棄かお金を支払うことになるんです御免なさいという形にすればもう少し違ったのだろうか?ただ、それでも、一つ前の項に記したように考えるならデルタ側が悪い訳でもない。


この手のネットベースで集まる報道の難しいところは、相手側の言い分が出にくいところだろう。
端的に言えば、先に社会側に、個人がこんな経験がというので広がり、私もと評価されると、それは悪い話として広がってしまう。しかし、現実に自分が逆の立場で、税関職員や会社側だったとしよう。

機内食でも袋に他のリンゴが入るので、支払いをしてもらうか、捨てるかみたいな話をしようとしても、機内食の袋でしょう。といわれると、じゃあ払ってねとなるかもしれない。

後は、客観的に見て彼女の言い分に対して税関の職員の説明が足りていたかどうかだろう。お金を払わず、そこで処分する手段もあったのにその説明をしていないなら、税関側にも落ち度はあるからだ。しかし、デルタにも文句を言っている辺り、一体どこに落とし前を求めているかも分からない。


まあ、この記事になった人の言葉自体は、同じ被害がないように伝えるためのものであり、税関や企業の変化も多少求めているが、決して全部あいつらが悪いというスタンスのものではないのが、救いと言えば救いだが……
まあ、リンゴでそこまでするのも凄いし、やり過ぎだろう。税関職員の行動に問題があったなら、その人を名指しで上と話すべきだし、デルタの機内食や包装が最も問題だと思うなら、それを重点的に考えるべきだ。

この記事が事実だとすれば、結局は罰金になったことに対して、我慢ならなかっただけだ。


まあ、ゴールデンウィークが近いこともあり、この手の問題に対する注意喚起は日本でも役立つかも知れない。

しかし、機内食で出た食品の持ち込みを巡って税関で揉める。納得出来ずに争い。結局罰金を払う。それでも、嫌でネットに投稿。そしてCNNがニュースにするというのは流石に少ないだろう。たいていは、機内食であるため、持ち込み前処分(税関前で食べるのを許可してくれることも希にあるが、たいていは捨てる)になる。

そういうところがカジュアルなネットニュースとしてPVを稼ぎやすいのかもしれないが、これを良識的に見て良いのかは……。

いやこれは、ある意味、ゴールデンウィーク云々ではなく、営業職や社会への戒めかも知れない。

営業職などをしたことがある人ならわかるだろうが、自分が絶対に常識だと思い込んで文句をぼんぼん散らす人は、良識からは外れていることも結構ある。これに感化されて、誰にでも当たり散らせば解決があると思わないように、気をつけたいところだ。

と、考えるのが一番ベストな落としどころだろう。






スーツケース キャリーケース キャリーバッグ PC7000 L/LM サイズ 旅行用品 旅行かばん 軽量 L 大型 7?14日用に最適 フレーム 【あす楽対応】【HL_NEW_18】
スーツケース専門店FKIKAKU
サイズ 寸法 重さ 容量 TSA インナーフラット マチアップ 機内持込 L 外寸76.5&


楽天市場 by スーツケース キャリーケース キャリーバッグ PC7000 L/LM サイズ 旅行用品 旅行かばん 軽量 L 大型 7?14日用に最適 フレーム 【あす楽対応】【HL_NEW_18】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
機内食のりんご、税関で見つかり罰金5万円……これもニュースになる時代。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる