なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「iPhone X」で着信の表示が遅れる問題、アップルが調査…生み出した者の苦悩。

<<   作成日時 : 2018/02/06 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初期のGoogle Androidはメモリーリークが発生すると、電話の着信が取れない。反応しないなどの問題が機種によってはあったが、最近の製品では電話機能のプライオリティが改善されていることなどもあり、普通に使っていてこの問題が生じることはなくなった。

スマートフォンの進化を実感する一面である。
https://japan.cnet.com/article/35114272/


しかし、CNETの記事によると、iPhoneで着信通知が遅れる不具合が見られるようだ。10秒前後というと、3〜4コール分なので、ちょっと急ぎだと切ってしまう人もいるだろう。このあたりを考えると、このところAppleは初歩的なトラブルに苦しんでいるように見える。


<完成されたハードほどバグが痛い>

これは、Windowsのアップデートに関するトラブルでもそうだが、完成度が高いハードは、バグが製品のライフサイクルや購入動向に影響を与えることが間々ある。これは、ユーザーにとってハードを買う動機としてふさわしい新機能がない場合、購買層の多くは「ブランドイメージの高さ=高品質でバグが少ないこと」という視点で見る側面があるからだ。

これが、成長途上のOSで進化が進んでいる中でバグなら、次のバージョンまでに直しますといえば、早い対応になるが、成長がさほどない製品で、バグが発生し、次のアップデートで改善しますだと、今まではよかったのになぜという話になるわけだ。

これは、Windowsでも見られてきた傾向であるが、今のAppleは、端から見ると、これまでの流れとは少し違う問題だらけにも見えてくる訳だ。

そして、それをいろいろこじつけていけば、もっと悲観的に見ることもできる。

<売れていると売れていないが交錯するiPhoneXとバッテリー問題の狭間>

iPhoneXの初動は決して悪くなかったようだが、長続きしなかったようだ。まあ、一部の人が悲観するほど今の現状が悪いとも思わないが、それでもiPhoneXより、iPhone6や7の中古や新古品が米国では売れており、またiPhone8の方が販売台数は伸びているようだ。その結果、台数では過去の機種が、売り上げ利益を押し上げたのは、iPhoneXがという形になったようである。

ここに、バッテリ問題やiPhoneXのタッチパネルが低温下で機能しない(し難い)問題などの対応も生じた結果、もう少し売れ行きを落とした可能性もある。この冬は北米と日本周辺の極東アジア地域が寒いのもあり、この手の問題も影響した可能性はあるだろう。

そして、ここに来て、着信関連の新たな問題が出たことで品質に対するイメージがさらに下がって見えるようになったのは間違いないだろう。
ハードの不具合もあってちょっと前に、圏外になる問題も出ていたため、必ずしもiPhoneはOSが最高とはいえなくなりつつあるなんて話になる。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1104834.html

ただ、Googleにはこういう問題が全くないのかというと、そんな訳もないというより、機種ごとに不具合の内容が変わるので、一概には言えないが、値段の割に質が高い製品も最近は増加しているので、今後売れ行きに相当程度影響してくるかもしれないが、現実的な話として今Apple製品を使っている人が、今日のこの問題でAndroidに乗り換えようと決意する可能性は低いだろう。

ただし、先に述べた内容を元に考えると、決して今後も同じApple製品を使い続けよう(買い換えよう)と思う人が、増える状況にはないことも確かだ。何より、続くという状況は、Appleにとってもつらい時期に入っていることを明確に示しているからだ。


<一度出始めると、暫く続く不具合>

尚、この手の不具合情報は一度連続して出てくると、暫く続くことが多い。なぜなら、それを利用者が意識するからである。日頃なら、ちょっと電波が弱かったのかなとか、たまたまかなと思う部分を、こういう不具合が連発するようになると、もしかしたら不具合じゃないかと、思うようになるからだ。

そのため、しばらくはたいした問題ではなくても、不具合情報が出続けるようになる可能性があるだろう。


<卵か鶏か?>

ここを丁寧にやらなければ、結果的にシェアを徐々に失うことになるかもしれないが、悪い話があまり出てこないのは、保守が最終的に見いだす解決策が、消費者にとって十分満足に足るものが今のところ多いからである。

これを続けられるかどうかは、業績が悪くならないことと、上のスタンス次第であろう。もし、トップの判断が変わったり、業績が予想以上に大きく落ち込むと、今の保守体制を維持するのは難しくなりそうだ。

これは、卵と鶏の関係と同じだ。サポートが先に崩れるか、それとも利用者が減って業績が落ちることで、保守のあり方をシフトせざる終えなくなるか?そのどちらが最初に訪れるのかにかかっている。

Appleの場合、このままスマホ以外のキラーハードやAppStoreをさらに大きく成長させるキラーコンテンツがなければ、そろそろ頭打ちになるのだろう。そうなると、どこかでコストのかかる保守やサポート、または人件費に関わる何かを減らすことになる。そこに達する前というのは、結構こういうトラブル情報が増えるのだ。

もし、これをうまく乗り切ることができれば、あと数年は成長するだろう。逆に、ここで墓穴を掘れば、きっとここから消費者離れへとつながるそんな状況にあるのが、今のAppleだろう。

この先あといくつ、バグや不具合が発覚するか、そしてそれがどれほど業績に影響するか……Appleがこれまで大きく市場を牽引してきたからこそ、こういう話ができるのだが、だからこそOSの基本品質は過去の製品より、小さな部分まで動作確認しなければ、厳しい。そんな状況にあり、それを無理だと言ってしまう訳にもいかない。
それが最大手の難しい舵取りである。







お一人様2箱まで! 送料無料 JAつがる弘前 葉とらず太陽ふじりんご 糖度13度以上 約3キロ(9から13玉) 林檎 りんご リンゴ
産直だより
ギフト対応 青森県JAつがる弘前より産地直送します。 商品名:りんご(太陽ふじ) 内容量:約3キロ(


楽天市場 by お一人様2箱まで! 送料無料 JAつがる弘前 葉とらず太陽ふじりんご 糖度13度以上 約3キロ(9から13玉) 林檎 りんご リンゴ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「iPhone X」で着信の表示が遅れる問題、アップルが調査…生み出した者の苦悩。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる