なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS イズミ/西友から「ザ・モール周南店」「同姫路店」を取得・・・・・・中国地方から完全撤退。

<<   作成日時 : 2018/02/05 16:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

流通ニュースの記事であるが、西友が大型ショッピンセンター事業であるザ・モールの姫路(兵庫県姫路市)、周南(山口県下松市)の2店舗を、イズミに売却(譲渡)することを決めたようだ。
https://www.ryutsuu.biz/strategy/k020540.html

これは、少し驚きのニュースである。元々、西友はウォルマート(Walmart Inc.)の資本参加を2005年に受けてからは、セゾングループが行っていた多様路線、高級路線を全て一本化し、低価格戦略を強めていった。また、日本国内では食品スーパーのサニー(福岡)を買収して店舗を拡大させるなど、したがこれも、最近はディスカウント店や他のスーパーチェーンに押され気味で微妙な状況にある。

そんな中で、旗艦店となる大規模SCから撤退するのは、既にウォルマートの目標売上げを達成できないこと、さらに新たな店舗進出は人口減少もあっても難しい場所で、大量仕入れ販売も難しい店舗を持っていても、意味が無いことがあるのだろう。特に、中国地方の下松店はSCとしては大きく、地域最大級だが、周辺に競合店が多い上に、建て替えたりてこ入れしたところで、他店対抗価格が打ち出せるとは言えない。

なぜなら、中国地方には効率化を図れ、連携出来るような他の店舗がないからだ。その結果、ドミナント出店を広げているイズミに売却することを決めたのだろう。ゆめタウンが、姫路まで出店することになるというのは、ゆめタウン丹波(氷上)を超えるわけで、今後、にちうりの流通網で同じブランドを売っている店舗が多い、東方面に展開するつもりなのかもしれない。


<西友は他のザ・モール店舗も売却するか?>

気になるのは、今後西友が他のザ・モールをどうするかだろう。他の店舗においては、長年改装などを西友自身もしないならば、撤退や譲渡を検討している可能性は大いにある。まあ、ザ・モール仙台長町のように増床が行われている店舗は別だろうが、そうでない店舗は、ウォルマートの戦略に合致していない可能性があるからだ。

まあ、こうなるのも無理はない。ウォルマート自身も現在、Amazonなどのネットショッピングの拡大に伴って、先々の情勢は下落する恐れがあると見られている。そのため、不採算店や採算は取れていても、今後の見通しが立たない店舗は、積極的に撤退する方針である。必要ならネットショップを使って貰う方針になりつつある。

時代が急速に変わりつつある訳だ。


<小型店の出店なども影響する>

最近、大手のスーパーが力を入れているのは、食品スーパーの充実と、ロードサイド型のNSCと呼ばれるショッピングセンターの充実である。いわゆるイオンタウンのような商業施設だ。これは、SSMと呼ばれる生鮮食品が充実した大型スーパーと、数店舗の専門店を一つの敷地内で作り、地域の住人が日頃買い物をする場所として、使って貰うという店の形である。大きめのNSCなら大手家電量販店や、薬局、本屋、ゲームセンターなどが進出している場合もある。

昔は競合しなかったはずの、これが、今大型店を苦しめているのだ。

なぜか?それは、昔は大型店舗に車や自転車で行っていた人々が、高齢化し近場で済ませるようになったこと。さらに、子供が減り、週末にショッピングセンターで買い物をする層が減っていること。夫婦だけや、1人住まいなら大型店舗に行くのは、何らかの目的がある時に限られるが、それをネットショッピングがカバーしている面もある。

その結果、小型店舗が客を食い始めたという面も大きいのだ。

だから、実はある程度業績に影響が出そうなら、大手はSCを定期的に改装するが、西友はそれを売上げが伸びる見込みがある店舗を中心に行っており、むしろ、予想以下ならやらない傾向が強い。それは、ウォルマートもそういう傾向がある。だから、今後もよほど成長が見込める場所なら兎も角、そうでなければもう少し撤退が出てくるかも知れない。

まあ、日本の人口はこれから激減していくわけで、まだ、売却されるという流れなら、お店は継続するという点で、救いがある。しかし、2019年(ターニングポイントは2020年ではなく19年である)を境に2025年〜30年頃にはきっと、米国で起きているSC廃墟のような状況が、各地で見られるようになる可能性は高い。ザ・モールは立地が悪くないので、売買も出来るが・・・・・・狸や狐の居そうな場所に出店しろと号令を掛けて出店した某モールが撤退を始めた時には、買い物難民もそうだが、人口流出や地域衰退が凄いことになりそうだ。




TOMIX Nゲージ 商業ビルA ダークグレー 4242 鉄道模型用品
トミーテック(TOMYTEC)
2018-04-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TOMIX Nゲージ 商業ビルA ダークグレー 4242 鉄道模型用品 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




[鉄道模型]トミックス TOMIX (Nゲージ) 4243 商業ビルB(ホワイト) [TOMIX4243 ショウギョウビルB]【返品種別B】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:入荷次第出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□■新製品■2018年04月?2018年0


楽天市場 by [鉄道模型]トミックス TOMIX (Nゲージ) 4243 商業ビルB(ホワイト) [TOMIX4243 ショウギョウビルB]【返品種別B】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イズミ/西友から「ザ・モール周南店」「同姫路店」を取得・・・・・・中国地方から完全撤退。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる