なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS クルマのエアコン「A/C」ボタンはオンのままでいいのか?……これ説明できてない。

<<   作成日時 : 2018/01/12 11:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎日新聞の記事であるが、ちょっとこれはいかんだろうと思ったのは、私だけなのだろうか?


これは車種毎に差が大きな部分でもある上に、そもそも書き手が、A/Cオフを使っていない上に、複数の車種の違いを理解していないように見える。だから、いてもたってもいられないほど、これを書きたくなった。これは、取り下げた方が良いぐらいの記事だ。
https://mainichi.jp/articles/20180111/ctp/00m/020/000000c


<A/Cは電動部>

まず、軽自動車や低燃費自動車(ガソリンのみの車)はJC08準拠でも、オン/オフの差で、燃費が2割〜3割さがるものもある。今日現在でも、1割以上下がる車はザラだ。軽自動車になると、最新車種でもNA車なら坂道での走行性能ががくんと落ちることもある。これは、エンジンの動力を使って発電し安定した電力を供給する装置(ダイナモ)を動かすため、エンジンの回転率を上げているからだ。そのため、オートマ車でDレンジという環境では、速度を維持して急な坂も上れないほどに、パワーを失う。(ちなみに、そのためにSレンジがある)

即ち、A/Cを使うと言うことはエンジンをより強く回して発電して、その電気でエアコンを動かすということだ。厳密には、必ずしも暖房が出来るエアコンじゃないのだが……後述する。

<A/Cのオンオフが影響を与える車種>

ただ、燃費が下がりにくい車種というのもある。
燃費が下がりにくい車種は、ハイブリッド等で電動化(ヒートポンプを全てに使う構造への切替)が完全に終わった車種や、1.5〜2Lクラス以上の車種に多い。これらは、元々エンジン周りに余裕があり、ダイナモを余力で十分に回せるからだ。最新車種なら燃費の低下率は、5%〜1割程度に留まるだろう。坂道でとか、そういうのは車重による。

ちなみに、暖房に関しては、これらの車種は既存車種より、燃費を落とすことがあるので、注意が必要だ。
その理由が次の項と繋がる。

<冬場はA/Cオフでも暖かくなるガソリン車/ディーゼル車>

そもそも、内燃機関を活用するガソリン車やディーゼル車は冬場のこの時期なら、暖房にラジエーターの熱を再利用する。そのため、エンジンを掛けて数分もすれば、ファンヒーター並の50〜60度近い温風が出る訳だ。

そのため、Air Conditioner(A/C)をオンにしなくても、AUTO温度調節(オートエアコンと温度に合わせた風量調整は大半の場合別ボタンである)だけを有効にしていれば、設定温度まで風量をコントロールして自動的に上げてくれる。だから、暖房だけならA/Cをオフすれば、この手の車は夏場のA/Cオン状態より燃費は良くなる。

流石に夏場は、A/Cを入れなければ涼しくならないが、冬にオンにした方が良い車と、暖房だけならしなくても良い車があることを伝えた方が良いはずなのだ。それが、書かれていないのが、まず問題だった。

尚、完全電動化されたハイブリッド車や電気自動車はオンにしないと、暖気が出来ない場合がある。この場合は、A/Cをオンにするしか選択肢がない。これが、既存車種より燃費が落ちるという理由だ。


<既存車で、暖房時、どういうときにA/Cは必要か?>

エアコンは冷房を利用するときには必ずオンにしなければならない。また、車内の窓が曇るような状況でもこれが必要だ。

しかし、暖房はA/Cがなくてもいけるなら、何故、暖房時でもA/Cが別にあるのか?それは、運転者の視界確保のためだ。
外の気温が極端に低くて、車内が暖かく内気循環を使っている場合は、運転者や同乗者の呼気に含まれる湿気が車内の湿度を上げるため窓が曇りやすくなることがある。

また、雨の日や雪の日にトンネルなどに入ると、トンネル内の温度と湿度の差で、曇ることもある。そういう場合に、デフォッガー(窓の曇り取り)としてA/Cを使うのである。このA/Cが何故ここまで機能するのかはもう少し後で説明する。


<実はオートエアコンはカビるのが早いこともある>

ついでに言えば、A/Cオンで全てハードに任せていると、頻繁に車に乗る人は、そのうちエアコンから悪臭が出てくることがあるので注意して欲しい。これは、オートエアコンでは、内気循環と外気採り入れも全て、内部設定温度と外気温の差を元に最適化しているためである。そして、その場合、外気温差が大きいと内気循環が最初から機能する。

外気取り入れを頻繁に使う車は、外部からの埃やゴミ、排気ガスを取り込み易い一方で、新鮮な空気を入れるため、オン時にエアコン内の汚れた空気が車内を循環することはない。しかし、内気循環をすると、オンにした時点で車内の空気を循環させて、エアコンに採り入れ続ける。エアコン内に溜まったカビ胞子を含んだ風が、車内に充満していくわけだ。

そのため、空調を使う場合は、空調を入れると同時に、オートエアコンは切って、外気取り入れを意図的に、数分間した方が良い場合もある。また、エアコンへのカビの発生を抑えたいなら、車が目的地に着く数分前にも、オートエアコンを切って、内気から外気に切り替えてフィンやファンを乾燥させた方が良い。

もちろん、車種によってはオートエアコンオンの状態でも、内気循環と外気の切替が出来る車種もあるので、それを使っても良い。


<エアコンを売る側を持ち上げるなら、お肌が乾燥というは・・・・・・>

この話の流れで、イオン精製器/発生器(プラズマクラスター)のことを一歩手前に書いて、そこでオートエアコン切ったら使えないよという雰囲気を出しているにもかかわらず、最後にお肌の乾燥を気にするなら、A/Cを切り替えるというのはオチとしてはBad jobである。

はっきり言えば、イオン発生器搭載車種のエアコン担当者は、嘆くだろう。だって、イオン発生器の売りには、お肌の潤いを保つことも含まれているケースが多いからだ。それの効果があるかないかは、別の話で、個人差があるらしいが・・・・・・そこから、言えば何か商品を薦めるような記事でもない。

ちなみに、このイオン生成機能も車種によっては別ユニットであったり、モード切替があり、送風状態で使えたり、天上スイッチでオンオフする車種もある。オートエアコン利用時だけにしか使えないものもあるだろうが・・・・・・


<お肌のために、A/Cオフは間違っていないが、運転者ならその選択が事故のもと!>

引っ張りに引っ張りここが核心になるのだが、A/Cの秘密になる。ただその前に、暖房や冷房と、湿気の関係を理解する必要があるだろう。

基本的に、暖房は乾燥を招く。しかし、カーエアコンのA/Cがオンだと、もっと乾燥するのか?
何故?って、考える人は少ない。だから、毎日に掲載されている記事は酷いものになったと思われる。

そして、お肌のためにとか…・。もうツッコミどころが多過ぎだ。暖房で荒れないなら、A/Cを入れても荒れないかもしれないぐらい丈夫だ。肌荒れを心配するなら、車のエアコン設定に拘るより、スキンケアでもして肌荒れ対策をした方がよい。化粧水でも持ち歩いた方が何倍もよいだろう。それも含めて説明しよう。

そもそも、冬場暖気(暖房の利用)をすれば、湿度は下がる。これは、小学校で習う理科だが、空気に含まれる水蒸気(湿気)の量は、温度が上がるほど増え、下がるほど減るからだ。

温度が5度で湿度が100%の部屋を暖め、温度を20度にすると、湿度は約30%まで下がる。

気温20度で空気が持てる水蒸気の量が5度に比べて3倍になるからだ。これが、暖房で湿度が下がるという理由だ。基本的に、お肌を考えるなら、暖房時点で既にダメなのだ。よほどお肌を気にするなら加湿機でも車内に入れるしかない(お肌を思うなら湿度は20〜25度で、50%〜60%以上必要)が、それをやると、今度は外気温差で窓が結露しやすくなるので、優良運転者になりたいなら、やってはいけない。

ここまでが温度と湿度の基本である。

−驚きの事実!暖房では除湿されない−

ちなみに、エアコンの暖房では、除湿・吸湿され、今まで含まれていた絶対水蒸気が逃げて減る(最初から含まれる水の量が減る)わけではない。あくまで、上記したように、温度が上がるから相対的に湿度が下がるだけだ。
要は、水蒸気が2g含まれているとしたら、暖房して温度が上がっても、2gは維持されるのが普通だ。

何故なら、暖房では水蒸気の飽和が起きないからだ。冷房では、例えば先ほどの例で、湿度100%の状況で、20度から5度まで下げれば、6割水蒸気が飽和して水に戻るが、暖房では空気中に含むことが出来る水の量が増えるだけだから・・・・・・。もう、言わなくても分かるだろうが、空気に溶け込んだ水が、飽和するタイミングがない。

暖房時にドレーンパイプを伝って室内の水が流れて逃げていく様は、エアコンでは起きない。ただし、室外機や室内ユニットに霜や湿気がある場合、それがドレーンを伝って暫く流れ出ることがある。

そのため、エアコンを入れると過度に除湿される・・・・・・かというと、本来そんな結果にはならない。
人によっては、これが衝撃の事実になるだろう。

−カーエアコンの秘密!−

じゃあ、なんでカーエアコンのオンオフでお肌が荒れるなんて記事が書かれるの?ってことになる。
それに、あれあれ、A/Cを押すと冬でもデフォッグされるよ。って思ったあなた。それは、カーエアコンはA/Cをオンにすると、冷房も動くからである。正確には、昔からカーエアコンの「A/C」は、冷房だった。今は電動車もあるので、車種による。

何故そのような機能を持つかというと、先に述べたように運転していれば外気温と内気温差及び湿度差で、窓ガラスに水滴が付いて曇ることがある。それが、車内側で起きる場合は、窓ガラス周りの温度が下がり、飽和して水滴が出来たことを示す。

そこで、A/Cを入れると、ラジエーターの熱で空気を暖める前に、冷房で先に除湿させるという経路を通る。除湿を行うことで、湿気の少ない空気を、車内に循環させることが出来る。そうすると、あっという間に水滴は乾燥し、水蒸気となり消えていく。

即ち、視界確保のために、どうしても暖房を使っている時でも、冷房を求められることがあるというわけだ。その時に、A/Cが機能する。いわゆる再熱除湿(日立のからっと除湿の白くまくんが装備している機能)だ。

まあ、暖房の温度を上げるだけでも、相対湿度が下がるため、早く消えて行くことがあるが、暖房にも温度の限界はある。A/Cを入れておくと、温度をあまり変えずにもっと霜取りや結露除去が早くなるというメリットがある。そのためにあるのだA/Cは。

尚、これも車種(FCV/EV/PV/PHV/ガソリン車、ディーゼル車や年式)によって仕様が異なる。これは、一部車種では内燃機関が備わっていなかったり、あっても限定動作であったり、または下手に繋ぐと燃費に影響するからだ。だから今は、その特性に合わせて運用の仕方が異なる。(半分を暖房で動かしたりするケースもある)。内燃機関の廃熱を一切使わないエアコンは、フル電動エアコン、フルオート電動エアコンなどと呼ばれる。


<本来の答えは……>

オートカーエアコンという観点でみるとこうなる。

冷房時は、A/Cを入れてオートにしないと、オート冷房は機能しない。
暖房時のオートは、A/Cを入れずに、温度を設定しオートにしておけばハイブリッド車より上級の電動化車種(ハイブリッドでは電動との併用式両のモデルもあったような。)などを除く車種なら、暖房が働く。基本的に、フル電動化されていない車種は、暖房だけならA/Cをつける必要がない。
ただし、フル電動化され内燃系と暖房が切り離されている車種は、A/Cを入れないとオートで暖房も働かない。

では、内燃機関の熱を使う一般的な車種でA/Cを入れるのはどういうときかというと、車内に結露が発生し、その速度が速い時だ。その場合は、A/Cを入れて速やかに除湿(冷房)を併用することで、車内の湿度が下がり、ガラスの結露曇りが取れる。

もちろん、走行中の脇見が発生すれば、安全運転に支障が出るので(自家用車であれば見なくてもA/Cボタンぐらいなら押せると思うが)、決してA/Cを暖房時に使わない方が良いとは言わないし、それを推奨するわけではない。

尚、付加機能は車種によって、A/Cのオンオフとは別に機能する車種も多くある。これらは、家庭用のエアコンと同じである。

後は、どのように使うかである。全部任せてしまえば、燃費も下がるケースはあるだろうが、まあずっと使えば気にもならないだろう。自分で使い方を考えると、状況にあった自分の設定を見つけられ、燃費も良いなんということもあるかもしれない。

そして、何より、それに意識を振り過ぎて前方不注意になっては本末転倒だから、A/C常にオンという英断も重要である。


「ずっとオンでも問題ない」っていう、前提でこの記事は書かれているので、まあ、記事としては確かに及第点なんだろうが(そもそも問題ありになる基準が分からないのが問題)、これが商業誌(雑誌や新聞に掲載される記事と)して書かれているという前提で見ると、結果的に自分の主観だけで書かれているような印象に見える。

って、個人Blogに書かれるようではいけない。
まあ、お陰でこの記事が書けたが……出来れば、このときのような記事が良いな。






【送料無料】SHARP IG-HC15-B ブラック系 [車載用プラズマクラスターイオン発生機 (カップホルダータイプ)]
A-PRICE楽天市場店
【送料無料】商品説明★ 高濃度プラズマクラスター25000を搭載自然界と同じイオンで空気を浄化する「


楽天市場 by 【送料無料】SHARP IG-HC15-B ブラック系 [車載用プラズマクラスターイオン発生機 (カップホルダータイプ)] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クルマのエアコン「A/C」ボタンはオンのままでいいのか?……これ説明できてない。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる