なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラム式洗濯機内で死亡、5歳児入り窒息か……教える大切さ。

<<   作成日時 : 2018/01/29 08:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

斜めドラム式や横ドラム式の洗濯機の事故は、以前から結構な数があったと言われる。ただ、最近は安全技術の発達もあり、親もこれに入るとどう危険なのかは教えなかったり、子供もそれを知らないケースが多いので、難しい。

この事故はそれを示しているのかもしれない。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180128-OYT1T50098.html?from=ytop_main4

<横、斜めドラム式洗濯機の利点>

まず、そもそもの話として洗濯槽は基本的に縦だろうが横だろうがドラム型である。今回事故が起きた洗濯機は、いわゆる横ドラム方式や斜めドラム方式であるが、一般的な縦ドラムなら事故が起きないのかというと、決してそうとは限らない。

私も幼い頃、二層式洗濯機のグルグル回る流れを見ていたことはあるが、縦ドラム型の普通の洗濯機では、昔から事故が多かった。水死や怪我をするというパターンだ。ただ、最近はそれが減った。それは、洗濯の最中はフタがロックされるためだ。まあ、未だに全自動ではない脱水槽を備えた二層式や格安製品だと、ロック機能がない洗濯機もあるが、今は少数派である。

だから、事故は以前に比べると減少した。それでも、ゼロではない。単にニュースにならないだけである。


その上で言えば、横ドラムや斜めドラム式は、この手の事故は少ない。必ず洗濯最中にはロックがかかるからだ。
しかし、一方で子供やペットの侵入事故というのは多くなるという欠点がある。これが今回のケースである。だから、そういう環境の場合は使わない方が良いなんて発想も出てくるわけだが……ことはそう簡単ではないだろう。
そもそも、横や斜めドラムの方がある用途では、縦ドラム型(通常の洗濯機)より、能力的に優れているからだ。


では、横ドラム式や斜めドラム式の利点とは何だろうか?

−利用する水の量が少なく、生地に優しい−

一般に、横型や斜め型はドラム内を水で満たすことはない。これは、コインランドリーなどの洗濯機もそうだが、水量は洗濯する衣類の半分にも満たないケースが多いのである。なぜかというと、ドラム式は水洗い(浸け洗い)ではなく、叩き洗いだからである。

ドラムが回転する際に、上方向に回転するため、上に持ち上がった衣類がドラム下に落ち底に叩き付けることで、汚れをはじき出すという仕組みを採用している。そのため、実は衣類の劣化(ほつれ)などは起きにくい。(但し、布質によって大量に入れると劣化しやすい場合もある)
その一方で、洗浄力は比較的低い。特に日本の洗濯機はスチーム洗浄機能を持たない機種も多いので、汚れ落ちが悪い機種も多い。

流水洗いは頑固な汚れをしっかり落とす傾向があるが、水を満水にする上に、強い流れで洗うため、生地を傷めやすい。縦ドラムと横ドラムでは逆に思っている人も中にはいるが、繊維は横や斜めに引っ張ると徐々に伸び切れやすくなる。しかし、叩く(押さえて)だけなら、弾性ではじき返すだけに終わる。その差がある。


−乾燥能力が高く、電気代が安い−

今回の事故原因となった最大の要因がこれだが、横ドラム方式は乾燥機能がきわめて優秀である。
縦型とは比べものにならない。なぜなのかというと、これはドラムを縦に回転させるため、衣類が混ざることで、短時間乾燥が出来ることと、縦ドラムとは違ってドラムの円直径が大きく出来る上に、ヒートポンプシステム(エアコンの原理)が使える機種が多いからだ。

ちなみに、縦型の洗濯機の乾燥は簡易乾燥方式やヒーター方式が多く、ドラムを回転させても、水がなければ衣類は動かない。洗濯機底面に振動板を付けたビート型の洗濯機もあるが、あれでもドラム式ほど綺麗に衣類が混ざることはない。だから、乾燥時間も長くなる。何より、ヒータータイプの洗濯機は、密閉された洗濯室で使うと、部屋が湿気る。

ヒートポンプでは、エアコンの室内機と室外機の関係と同じような関係性を持っており、水を排出するドレーンパイプ
に相当する場所が、配水管になる。しかも、ただ熱しているわけではなく、再熱冷房を使っている。そのため、冷たい水で排出され水の大半は配水管に脱けていく。

そして、この仕組みを達成するには洗濯機内部をほぼ密閉容器にする必要がある。即ち、そこに人や生き物が入れば、短時間で窒息するというわけだ。


一方で欠点は、とにかく筐体単価が高いという点。1日一回の洗濯だと仮定すると、10年では元を取れないだろうというぐらい縦型と比べた場合に、価格差がある機種も存在する。
もう一つは、故障による洗濯漏水などが発生しやすいという欠点もある。これは、排水トラブルや蓋の破損などが発生した場合に、ドラム内部から水が漏れるため、床を塗らしてしまうことがある。縦型では、この手のトラブルは起きにくい。何せ、例え排水が詰まっても、排水経路は下だけだからだ。
横型だと、フロントの洗濯物出し入れ口を開けば水も漏れ出すことになる。


<洗濯機の蓋は閉じておくべきか?>

そして、ここからが大事だが、洗濯機の蓋は洗濯終了後に開けておくべきか、閉じておくべきかという話である。実は、多くの電機メーカーでは洗濯終了後、乾燥機能を使っていないなら、フタは開けておくべきと推奨していることが多い。また、洗濯物は洗濯前に入れることなどを推奨している。

その理由は、カビるからだ。例えステンレスクリーンとか、抗菌を謳っていても、それが機能するのは精々半年〜1年である。そのため、匂いや水垢が出ないように長く使うなら、フタを空けて置いた方が良いという話になる。ただし、乾燥機能を頻繁に使っているなら、機種によってはその必要がない。
というわけだ。

尚、これも海外製の洗濯機だと実は、そういう問題がない製品もある。高温洗浄や蒸気洗浄が出来る製品は、そもそも、洗濯で匂い移りが起きないからだ。日本は温水を利用しても低温〜中温洗浄の機種が多いため、逆効果であったり、十分な効果がないのである。

まあ、その代わり洗剤は進化している訳だが……ある意味で強い洗剤は、筐体内で固まると水垢の原因になる訳で、良いのか悪いのか微妙だ。


<どんな道具でも使い方を誤れば事故に繋がる>

チャイルドロックがあろうがなかろうが言えることだが、我々大人も、もしかすると幼い頃に、一歩間違えれば死んでいたかもしれない状況に遭遇していた可能性はある。ただ、運良く親が見ていてくれたり、または、自分で踏みとどまったりしたから、今があるのかもしれない。

まあ、悪いこと(危ないこと)をすれば、凄い剣幕で叱られた記憶も、また予めいけないと言われたことも何度かあるような気がするが、そうやって子供は危険を覚えていく。そこを大人が忘れて、子供に全幅の信頼を置いてはいけないということでもあるだろう。

まあ、事故を簡単に防げるとは言えない。道具は、ちゃんと使い方を知って使うには、とても便利だ。しかし、使い方を誤れば、例え子供だろうが大人だろうが、大惨事になる訳だ。

1〜3歳の頃には親も気をつけるが、5〜6歳になって洗濯機に顔を突っ込むとは思わない親も多い。しかし、7歳〜8歳でもやる子はやる。15歳〜20歳でもコンビニの冷蔵庫に入って写真を撮るようなお馬鹿さんはいる時代だ。それが示すのは、結局、それが危険だとか、汚いといった教育(しつけ)を受けていなければ、大人になろうがやってしまうのである。

その前に、大人は子供の目線になって、なぜそれをすると危ないのかを教えないといけない。
最近は、道具が安全になっていくため、そういう教育はあまり行われていないが、3歳ぐらいにもなれば、子供は親が本当にダメと強く言ったことには、従うし、この子は出来る子と思うほど優秀な子なら、安全や危険の説明もある程度理解するだろう。

そういう部分を、教えることも重要である。


まあ、もちろんメーカーも、今後対策が必要になってくるだろうが、この問題を完全に回避するのは無理だろう。やはり最終的には、親が子を守ること。子が親からそのリスクを学ぶことである。明日は我が子かもしれない。それは、例え聞き分けの良い、しっかりものの子供であってもゼロではない。

そのリスクを防ぐには、特に3歳〜5歳ぐらいになったら、この場所は何が危険なのかを、子供と一緒に家を探検して確認していくことかもしれない。昔に比べて今は、安全に見える危険なものが結構多く、核家族化と少子化で子供に向かう目も少ない。そのため、親が持つ責任は年々重くなっているとも言えるのかもしれない。何せ、外で子供を遊ばせるにも、危険な人もいたり……いろいろあるのだから。




パナソニック 10.0kg洗濯乾燥機 ブラウン NA-FW100S3-T
パナソニック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パナソニック 10.0kg洗濯乾燥機 ブラウン NA-FW100S3-T の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【基本設置料金セット】パナソニック 洗濯乾燥機 (洗濯8.0kg/乾燥4.5kg) NA-FW80S5-W ホワイト (NAFW80S5W) 【お届け日時指定不可】
ソフマップ楽天市場店
多彩な新機能の搭載により使いやすさアップ!操作パネルもさらに見やすく進化!■泡洗浄 素早く泡を作り汚


楽天市場 by 【基本設置料金セット】パナソニック 洗濯乾燥機 (洗濯8.0kg/乾燥4.5kg) NA-FW80S5-W ホワイト (NAFW80S5W) 【お届け日時指定不可】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
洗濯機を分解した(2)(TOSHIBA AW-70GM)
皆さんこんばんは。今回も題名の通り、「洗濯機を分解した」話ですが、前回に引き続き分解したのは2回目ですね。ですが、時間としては前回は平成28年の夏で、今回の分は平成29年の5月なので9〜10ヶ月の月日が流れています。前回直してから1年弱もったんですよ 笑で、今回はど ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/03/20 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラム式洗濯機内で死亡、5歳児入り窒息か……教える大切さ。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる