なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年始まるBS4K8K放送は、HD放送の画質をさらに下げる。愚規格。

<<   作成日時 : 2017/12/05 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHK BS HiがNHK BSプレミアムになったことで、国内で視聴できるハイビジョン放送の最高画質は最大28Mbpsから最大5Mbps程度下落したとされる。それで、NHKの放送内容がよくなり、料金が下がったのかというと、全く劣化しかしていないのだから、単に放送を減らして利益を増やしただけなのだろう。

そのBS放送がまた新しくなる。高度BSデジタルとして開発された4K・8K放送が始まるからだ。これは、オリンピックに合わせて当初予定されていた2025年頃の放送予定を2020年までに国が変更したことから始まった国策事業であるが、内容は一言で言えばなめた内容だ。
これなら、やる意味がない。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1094485.html

ISDB-S HD向けハイビジョン放送のスロットが4Kと8K向けの帯域不足から削減され、それを4Kと8Kに与えるらしい。これまでのBS/CSの歴史で見れば最も最悪なアップグレードとダウングレードだろう。さらに、周波数帯域が見直される際に、DEPGの情報とチャンネル帯域が不一致となるためだろうか?切り替えの際にEPG録画に失敗する恐れがあるという。

こんなに既存のユーザーに影響を与えるなら、8Kや4Kは要らないのではないか?といいたくなる。


<機材コストが増大する割に求める人が少ない4Kと8K>

今の段階で放送の4K8Kに期待する人は少ない。多くのマニアは、パッケージメディアやYouTube、Hulu、NetflixのようなIPサービスに期待する人が増えているからだ。
なぜ、そちらを選ぶ人が増えるのかというと、機材コストが高すぎることが影響している。PCやスマホのようなデバイスは、基本的にそのハードが4Kに対応すれば、2Kのディスプレイでも4K高画質の恩恵を受けられるケースが多い。端的に言えばスクリーンサイズに合わせて、縮小して4Kや8Kを再生できる訳だ。
また、ディスプレイサイズに合わせて同じコンテンツrを配信することもできるため、効率もよい。
何より素晴らしいのは、IP回線はWi-Fi(無線LAN)やLANを経由して大容量データを転送できるため、1Gbps回線でも準備できていれば、8Kまで十分な画質で提供できる。

これはケーブルでいえば、CAT5eケーブルで事足りる。

それに対して、放送アップデートはまずケーブルや分配器からの電磁漏出が今回懸念されているようだ。そのため、環境によってはケーブルからすべてアップグレードが必要になる。分配器はもちろん、高周波数に対応している必要がある。この上チューナーにテレビ、録画をするならレコーダーまでそろえるとなると、すごいお値段になるだろう。
8Kでは22.2chオーディオにも対応するはずなので、AVアンプを用いている世帯では、アンプのアップグレード(機材更新)が必須となる。これが、PC環境ならソフトウェアデコーダーさえ内蔵されていれば、アンプ出力時にDolbyなどの対応オーディオにデコードできるケースもある。

この非効率なAV環境を求めて買う人は、若者には少ないだろう。よほどの画質マニアぐらいだ。


<コンテンツコスト>

さらに、放送内容は年々チープ化している。オリンピック特需でテレビが売れるのは今でも続いている。きっと東京オリンピックでも売れるだろう。しかし、視聴者数が増えているのか?というと微妙だ。

前回のリオ五輪では私は、ほとんどテレビを見なかった。ここでも書いたが、まともなニュースも通常放送も五輪になり、反吐が出るほどだった。それで、視聴者数が増えたと喜んでいたのが、テレビ局だったが・・・・・・増えたのは、放送の本数で、仕方なく見た人も結構いたことだろう。

この事態を招いている主因は、コンテンツコストの増加と、画質を生かせる番組が不在だからである。今後、8Kを本気で生かすとなると、放送内容は観劇、8K制作された映画やドラマ、自然や環境ドキュメンタリーなどになると考えられるが、初期機材投資の元を取るのは難しいだろうし、画質面などを考えると、今の4K8K話はかなりぎりぎりのレベルであることがわかり、高評価はできない。


<ぎりぎりの帯域はぎりぎりの画質ということ>

そもそも、私は政府がなぜこれを早める決断をしたのか全く理解できない。東京オリンピックのためだというなら、それは政治家も官僚も馬鹿としかいえない。これは、地上デジタル放送でも言われてきたが、開発中期以降にハイビジョンの想定レートである20Mbpsを達成できないこととなり、解像度を落とすことになった。想定レートは17.5Mbpsまで落ちたのだ。

基地局電波の減衰率が予想以上に大きかったことと、起伏による到達距離減衰があったため、15〜17.5Mbpsにしなければ、難視聴エリアが増えることになったからだ。

その結果、デジタル放送のハイビジョン画質は解像度を下げて落ちることになった。


そして、BSデジタルはそれより高画質を売りに普及したが・・・・・・今、画質がさらに下がることになる。
その理由は、4Kや8Kの帯域が足りないからといっているが、それは即ち4Kや8Kといえる解像度を維持できるぎりぎりの幅しかないことを示している。

結局、ISDB-Tでやったことを、4Kと8Kで行い10年後辺り世界が、それに乗っかる頃、日本はプレミアム放送の衛星4K放送や8K放送が糞画質と言われるということだ。

BS放送も世界初だったが、世界初として登場したMUSEハイビジョンは、画質も音質も一級品だった。BSデジタルでは音質こそ若干落ちたが、BS-HiはMUSEに相当する画質を維持していた。放送としては最高水準だった。

しかし、そういう日本のすごさはいま、政治的にも経済的にも失われつつある。要は、早さだけを求めるようになったように思う。ただ、解像度が高い。世界最初だ。商機だぐらいで短期に投入し、数年後にH.266のような規格が出て、ビットレートを削減できる頃に、日本は間抜け国家入りである。

欧米の消費者や技術者にこう言われるのだ。
日本が、(馬鹿みたいに)先行して潤沢な予算を投じてまで社会実験してくれるから、我々はより安定性の高い放送や機材を、より高画質、高音質、低価格で提供・購入できるようになると・・・・・・。


こういう技術の投入時期を政治判断で使うにしても、既存の画質を維持できないレベルの技術で投入するなら、遅らせる決断も必要だ。それができない組織というのは、ただの馬鹿でしかない。こういう組織が、不正を行うようになる。
品質の高い放送や技術というのは、帯域が少し余る程度で設計される。うまくいかないなら、凍結することや遅れを早めに申告して、説明し、可能な規模への見直しや許諾を得るものだ。

そうやって、よいものになっていく。そして、何よりやばいのは、日本の潮流が完全に世界のそれから外れていることだ。AC-4オーディオはアップグレード可能なオーディオとして策定されている。要は、初期の段階でストリームの拡張やさらなる高品質化の規格を盛り込み、アップグレードできる仕組みを作っている。
高度BSはそれをやるつもりがあれば、既存帯域を減らすなどという真似はしないだろう。今やそれが当たり前の時代に、なぜ既存帯域を減らしてぎりぎり間に合わせますというものになるのか?


世界的に見ても、これほどの愚策はないし、このやり方を続ければ日本は、本当に技術国家から凋落するだろう。2010年代になって日本は、危機感と日本は素晴らしいを演出するのはうまくなった。しかし、その結果生き急ぐかのように、長い視点を持って物事を見てよいもの(長く愛されるもの)を作るという発想は、どんどん失われているように見える。


<IP時代とハード主義>

最初の方で書いたが、IP通信がアップグレード性を持つ中で、テレビや放送はどうやってそのアップグレード性と戦うのか?それに考えを持たずに、高度BSへと移行するのだとすれば、今度のBS技術は10年もせずに駄技術と化すだろう。
本来なら、スロットを常時可変制御できるぐらいの技術を確立すべきかもしれない。便宜上はチャンネルの概念を持たせるが、4K放送は原則8K放送として使えるようにするという手もある。ただ、今は帯域が足りないため、チューナー側だけ対応させるという手も不可能ではなかったかもしれない。


8K放送は通常の目で見て耳で聞く放送としては最後の進化だろう。だからこそ、こういうソフトウェア部の拡張性と親和性を重視すべきだった。そうすれば世界で初で面白く売れたかもしれない。しかし、この水準だと、もう一回BSの衛星放送技術が変わるタイミングがあるんじゃないか?と思えてくる。
何というか、未だにこの国はアップグレード性の乏しいハード主義に埋もれているのだとすると、悲しくなる。

まあ、4Kや8Kが主流になる日が来るのかどうかはわからないが、たぶんHD放送が終わる頃にもう一回何か大激震が起きそうな予感がする。



デロンギ オイルヒーター サーマルカットフィン8枚 【8~10畳用】 HJ0812
DeLonghi (デロンギ)
2015-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デロンギ オイルヒーター サーマルカットフィン8枚 【8~10畳用】 HJ0812 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
来年始まるBS4K8K放送は、HD放送の画質をさらに下げる。愚規格。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる