なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の核掌握、地上部隊侵攻が唯一の手段……何かニュアンスが違う気が。

<<   作成日時 : 2017/11/06 09:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

読売新聞が書いている記事だが、この記事大丈夫なのだろうか、この元記事であるWPの記事にはThe Associated Pressの著作物であるため、再配布を禁止すると書かれている。(All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed.)だからなのかもしれないが、最後一文に関する内容が書かれていない気がするが……書簡の中身なのでWPに原文を別出典してもらったのかもしれない。他に同列の記事があるのか?一応検索して調べたが、見つからなかった。この記事だと思うのだが……違うのかもしれない。

ちょっと気になった内容である。
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171105-OYT1T50072.html?from=ytop_main3

詳しい内容は上記の再配布禁止があるために書けないが、核を掌握するという書き方ではなく、(軍として)核兵器を全て破壊すること(Destroy/最大限意訳して無力化という意味だろう)を前提とした場合は、戦争して地上軍を投入するしかないと書かれている。掌握(思いのままに動かすこと)ではない。興味があるなら下の記事を読んでみると面白いだろう。
https://www.washingtonpost.com/politics/congress/grim-cost-predicted-in-effort-to-destroy-north-koreas-nukes/2017/11/04/e29ea792-c1da-11e7-9294-705f80164f6e_story.html

概要を記事に抵触しないであろう程度に端的に書くと、
元々、当該の記事は大統領(政府)に対する野党からの批判が含まれた記事で、懸念事項を含め書かれている。外交が失敗してもし核戦争になれば、多くの人が死ぬだろうし、その前に制圧するとなると、地上軍を入れないと大変危険な結果になる。米艦連合軍の練度によって……。それが……という記事だった。

与える印象は、たぶん日本の記事とは少し違うだろう。どちらかというと、日本版は戦争よりの記事、米国版は政治よりの記事であり、軍として出来ることが書かれた記事だ。政治の部分を排除すれば確かに戦争よりになるが……。これは日本で流すほど重要な記事なのかも分からない。戦争が起きる覚悟をしろよという意味ならこれでも良いのかもしれないが……。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北の核掌握、地上部隊侵攻が唯一の手段……何かニュアンスが違う気が。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる