なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 未だに選挙ネタばかり引きずる日本のメディア。速報性を忘れている。

<<   作成日時 : 2017/10/23 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何というか、新聞社もテレビ局も未だにトップニュースが選挙なのはどういう事なのか知りたい。本来は、「東京・多摩川の中州、一時9人取り残される 全員を救助」「水没した車内、高齢女性の遺体 大阪・岸和田の府道」などの方がトップニュースだと思うが……

朝日新聞のケースだと、11時現在で、8項目あるトップニュースの5つが選挙である。もう選挙ネタなど、1つで十分だろう。リンクをはって、そこから選挙ネタを読みたい人は、クリックしていけばよい。というか、ワシントンポスト紙のこの記事の方が、1つの記事でよっぽど日本の社会世相を示していると思う

日本は、小分けにしすぎて何を書いているか、背景がどうなのかも分かり難い。分析も年齢や地域などで一つ一つをバラバラと分けてやり過ぎており、記事を複数比べると、以前から本末転倒なケースも割とある。分析するなら、ばらばらと個別に分析せず、1回に全ての分析結果を出すべきだろう。そして、何が良かった悪かったという評価はせず、見た人に結果の判断を委ねるべきだ。
http://www.asahi.com/articles/ASKBR2SHDKBRUTIL006.html?iref=comtop_list_nat_n01
http://www.asahi.com/articles/ASKBR32L3KBRPTIL00T.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01
https://www.asahi.com/

まあ、読売はもっと酷く。10項目中8項目が選挙であった。
http://www.yomiuri.co.jp/
毎日は9項目中6項目。
https://mainichi.jp/

産経はいつものことだが、10あるトップ項目の中で、直接の選挙記事はトップから2〜3と少ない一方で、コラム的な見出し記事が結構多く、海外でも余り報道されない海外ネタが多い。純粋に時事ネタだと思うのは、2つぐらいだ。相変わらず独自路線で、日刊週間誌チックである。
http://www.sankei.com/

日経も上の5見出しは3つが選挙だ。1つが選挙関連(経団連の政府要望)である。
https://www.nikkei.com/

凄いものだ。ちなみに、諸外国では専用のページを作ってそちらに記事の大半を置いているケースが多い。しかも、選挙が終わる時に、時事の重要なニュースが多ければ、そちらを多めに流すことも忘れない。それが、ニュースの速報性である。

尚、結果が出た後の選挙は、基本的に速報性が求められていない。すぐに何かが変わる訳でもないからだ。
何より問題なのは、昨夜からNHK以外の民放ほぼ全社が選挙特番を組んだことだろう。そもそも、選挙特番など、一晩中喜んで見る人は、立候補している人か、よほど暇人かぐらいだ。多くの人は、台風の影響で、明日の仕事や学校はどうなるか?などを考えるからだ。

この国の報道はおかしいと誰もが、今回の選挙で「も」……思ったことだろう。


<どんどん劣化し、画一化する日本の報道>

最近のメディア報道は本当に気持ちが悪い。
正直な話、内容がどうこうではなく、ニュース情報番組が多い割に、やっているニュースの質が低すぎる。同じニュースを毎日反復して検証する暇があるなら、新しい事故や、事件、イベントなどの話題を伝えるべきだろう。
毎日毎日毎日、選挙選挙選挙、ドライブレコーダー、ドライブレコーダー、ドライブレコーダー、交通事故、交通事故、交通事故、スポーツ、スポーツ、スポーツってお前達は、記者を一つの話題に何人送り込んでいるんだと聞きたくなる。

ドライブレコーダーが売れているって、あんだけ報道されて、良いよ良いよと言われれば、そりゃあ買うだろうという話だ。その割に、大事なニュースはろくに流さない。重要なニュースは日本の新聞社より、ロイターやBBCなど海外の新聞社の方が、端的に分かり易く、政治や経済ニュースを流すケースもある。

こういうときに時事ネタで唯一ある程度まともに機能するのは47News(全国の新聞社ネットワークを使ったニュース)ぐらいだがこれも、同じような状況だ。
http://www.47news.jp/

政治に記者が張り付きすぎだ。


<日本のテレビや新聞は機能不全>

はっきり言ってしまうが、私が知る限りでは、米国や欧州の選挙期間中でもこんなことはない。むしろ、大災害の恐れがあるなら、少なくともそれを可能な限りは報道しつつ、選挙も扱うのが普通だ。
日本は、真逆で選挙が第一、台風はどうでもいいか、ちょっと濁す程度でOKだと思っていた節がある。選挙特番に時間や予算を割いた手前止められなかったのかもしれないが、あまりにもお粗末だろう。台風は直撃することが既に数日前から分かっていたのだから、それを見越して体制を作るべきだったのに。

こんなことをやっているから、テレビも新聞も見る人が減っていくのだ。何より、酷いのは年々テレビを中心にニュースがテレビ欄を浸食する傾向が高まっているが、内容は年々減っていることだ。同じニュースに大したネタもないのに張り付いて、何度も流すのは止めろと本当に言いたい。


最近、嘘ニュースも多いが、その背景にあるのはこのメディアが多くのニュースを流さなくなったことが影響しているのは間違いない。下手をすれば今に役立つニュースは、Twitterと言う人の方が増えるだろう。

何が悪いかというと、大きなニュースばかりを時間を掛けて取り上げ過ぎなのだ。しかも、速報性の意味も分かってない。選挙の結果は、開票速報でなく、翌日朝一発や夕方でも実は良いのだ。何せ、政治指針が決まるのはその後だ。結果を急いだところで、多くの社会人にとって流れが変わるわけではない。

逆に言えば、事件や事故、電車が止まっている。あそこが水浸しなどのニュースの方が実は、人は喜ぶ。
そこを理解できていない時点で、今のメディアは全く価値がない。






【送料無料】Google GA3A00538A16 Google Home [スマートスピーカー]
総合通販PREMOA 楽天市場店
延長保証価格2100円延長保証価格3360円【送料無料】商品説明★ Google で調べ物をする最新


楽天市場 by 【送料無料】Google GA3A00538A16 Google Home [スマートスピーカー] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
未だに選挙ネタばかり引きずる日本のメディア。速報性を忘れている。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる