なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 1カ月前も3台に走行妨害……これも選挙テーマになるべきだが……

<<   作成日時 : 2017/10/12 08:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本は、政治ニュースが完全に偏っているため、選挙のテーマに現実味が薄い。大企業が推進するというネタと、日本の大半の労働者が働く中小企業とその従業員が望んでいることとには乖離もあるが、大半は大企業視点で進むあたりもそうだ。

そして、この東名の事件。これは、道路交通法と刑法の2つを改正して煽り運転や、進路妨害に対する罰則を見直す重要な局面だが、政治家はこれを利用しているのか?全く利用していないように見える。

野党候補も与党候補も時事に言及すれば、政治家として評価される可能性は高い。六法を調べて、法案を考える。国会が行う実は唯一にして最大の仕事である。これが、選挙期間中にばんばんと出てこないあたり、日本の政治は政党政治の結果、小物しかいないことを示している。今回は、法的に厳しい処罰をできなくとも、次の国会では審議を始めて、早急に改善案を考えましょうという人が、今日にも出てくることを望みたいが……。
http://www.asahi.com/articles/ASKBC4TBBKBCULOB011.html?iref=comtop_8_01


<この犯人に免許を与えるべきでは無かった>

しかし、1ヶ月前に3台に進路妨害をしていたというのは、ちょっと沸点が低いという前に、この人物は運転者としての適性が全くない。要は、進路妨害をすることで、日頃の憂さを晴らしていたか何かだろう。それぐらいしか考えられない。

まあ、しかしこういう運転者はそれなりにいる。
特に、平日より休みの日などに多い気がするが……。

これを減らすには、さらに法制度を厳しくするしか無い。ただし、煽りになっていないものが、ドライブレコーダー映像の編集などで煽り扱いされても困る訳で、これからドライブレコーダーが普及する中で、ドライブレコーダーに対する法律も必要になるかもしれない。また今回のように、高速道路や専用道路、一般道の走行車線上や待避路付近に強制停止させられて追突され、あおりを受けて殺された場合には、道路交通法ではなく、刑法の殺人罪で確実に起訴できるように、法に確実なルールを作るべきだろう。結局、自動車を利用した殺人に相当する事件が、危険運転致死傷罪では死刑まである刑法の殺人罪とではそれが全然変わるからだ。

もし、これが道交法でなければいけないなら、道路交通法にあおりなどによる直接間接的な殺人という項を追加するかどうか、検討することも重要だ。


そもそも、日本の法律は甘すぎるものも多い。密漁しても、密漁した漁獲量に合わせた罰則はない。他国では密漁と知らずにやった軽いものなら、地域のボランティア、それをビジネス目的としてやったら罰金でも密漁の総額から換算され上限などないケースや、禁固刑などもある。そもそも、弁護士が精神鑑定を多用する国はここぐらいだろう。本来は、犯罪手法として精神上の欠陥があるなら、精神鑑定から事件の全容(犯人の心理)を解明し、そこから情状酌量の余地があるかどうかを、法と社会的に判断する。

企業などのコンプライアンス法令もそうで、日本は一律50万などとなっているが、100億利益がある会社の50万と、500万の利益が出る会社の50万では内容が違う。すなわち、消費税の逆進性と何ら変わらない。ここが日本で大企業優遇されると言われる理由の根源だろう。

さらに、今は弁護士側がそれを悪用しているように見えるケースが多い。
要は、事件の真相を判断してもらうのではなく、犯人が病気だったから許すべきなのです。という話だ。犯人が病気でも、普通の人なら家族や人を殺したら、生きていくのはつらいという人はたくさんいる。後悔しているという人も。
そういう人は、生きることがつらいわけで、それが贖罪になる。しかし、精神鑑定して、病気です。ちゃらんぽらんです。アハハと生きている人は、次に事件を起こさないという確約に乏しい。贖罪がないからだ。彼らにとっては鑑定の結果で許されるじゃあ、ちゃらんぽらんになろうになりかねない。

国会が多くの番組で報道され議論される場合、その大半は大きな法律が多い。NHKでさえも、すべては放送できないし、しない。しかし、法整備は国会でしか行えない。立法府はここだけだ。

安保法とかああいった法律ばかりが、話題に上がるが人々の生活に近いのは、実はこういうもしかしたら今日にでも、巻き込まれるかもしれない事件だ。国民や社会はまず、こっちの方が、ここの政治家を判断するには重要だと認識すべきだが……。


今の世は、国家論ばかりである。
戦争やら税やらは、確かに政党としては重要だ。ただ、それは生活視点において、直ちに問題に直結する話ではない。社会的に不安感などを払拭する役割にはなるだろうが……税を増やせば、財政は安定する可能性があるが経済はみたいな話であり。攻撃を受ける前に攻撃して、つぶせるなら安心につながるかもしれない。しかし、結果的に攻撃を受けて町が無くなれば、日本という経済国家はそれで負けともいえる。被害の規模によっては、自由経済No3にはもう二度と戻れなくなるだろう。
要は、これは法をただ整備すれば幸せになるわけではなく、幸せになるには皆がその国家の方向性に対して、ある程度の合意と同意をする必要があるわけだ。それを急げば、後で、評価が落ちる。だいたい国民の大半は、右でも左でも不安を煽れば、なびくものだ。対局の発想はないからだ。むしろ、どっしり構えている相手の方が、実は1枚も2枚も上手であることに気がつかない。(弱い犬ほどよく吠えるということ。日本は既に与野党共に崖っぷちなのでよく吠える。)


大きな話題で不安や見た目のインパクトを煽る政治は、確かに選挙受けはするだろうが、結果的に任期を終える頃には評価が瓦解している可能性が高い。

こういう、論理的思考は国家論ではあるが、明日の我々に直結する生活社会論ではない。実は、党利だけで政治をすると、たいてい国家論になってしまう。当選した後に、政治家は予想外の行動に出ることが多いが、大半が国家論と、これまでの成果しか語らない。一方で、党是とは別に、生活社会論を唱える政治家は、国家も社会も広く対局を見据えている。
本当は、その視点を専門家が見極めなさいと伝えるべきだが、専門家と報道は票読みに忙しい。

だから、我々は生活や社会で法改正が必要な問題があっても、どうせまともに改正されないことを、考慮して、巻き込まれないようにするしかない。


<とにかく、今煽られた時にできること>

まあ、とにかく今は煽られて高速道路や主要道路などで車を止める恐れがあるなら、絶対に追い越し車線で止まらず、走行車線側の路肩で止まること。信号や交差点の前後、坂道の頂上付近は駐停車禁止など基本的なルールを守ること。結構守らない人が多いが、ここでの停車は事故の原因になりやすい。

やむを得ず停止するときには、ハザードを点灯すること。これは絶対である。ちなみに、ハザードはトンネル無いでの渋滞、夜間の主要道での渋滞停車などでも数回点灯させると、後続車が気がつきやすい。追突防止に役立つのだ。(ずっと点灯してはいけない)

後停車する場所にも配慮する余裕があるなら考えた方がよい。直線なら後続車も気がつく可能性が高い。

後は、煽り運転に対して、何度も突破を試みるのは危険だ。基本的に、逃げ場があるなら、走行車線から一端フェードアウトして、待避ゾーンなどで停車した方がよい。相手が、車から降りて文句を言ってくるそぶりがあるなら、警察を呼ぶことだ。馬鹿正直に面と向かって話を聞いたり車のドアを開ける必要はない。
とにかく、警察か道路公団などに連絡し、トラブルになっていることを伝えよう。電話中に逃げてくれるなら、それで十分だ。危険だと思うなら、同乗者でも運転者でもナンバーのわかる写真を撮っておき、警察に伝えよう。

次に犯人が事件を起こしたとき、これは繰り返していたという証拠になる。


まあ、パニックになってできなくなることもあるかもしれないが、できることを確認して、運転している場合と、ただこんな人に出くわしたくないと思っているだけでは、全く自分がそれにあったときに、とっさにとれる行動は変わってくる。今回の事件を教訓に我々、運転者自身が自分で自分自身や自分と同乗する人を、守るために何ができるかを考えるのが大事だろう。

後は、選挙活動でこういう話を、全国の候補者がどこまで話題にしているのか?
それが気になるところだ。

尚、自動車専用道路などでやむを得ず車を停車する場合は、後方への表示として、三角表示板を使うことが求められるが、実は車両への携帯は義務化されていないため、たいていの人は持っていない。高速などで車が故障したりして、止まってほしくはないが、高速を使う可能性がある人は、これを購入し、車に乗せておくことをおすすめする。


エーモン 三角停止板 国家公安委員会認定品(交F08-1) 6648
エーモン工業(amonkogyo)
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エーモン 三角停止板 国家公安委員会認定品(交F08-1) 6648 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1カ月前も3台に走行妨害……これも選挙テーマになるべきだが…… なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる