なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS どっちが正しい? “SDメモリカード/SDメモリーカード”……読んでいて残念。

<<   作成日時 : 2017/09/02 17:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

microSDXCカードが400GBに到達した今週、IT mediaのトリビアが、今回はSDメモリーカード/SDメモリカードの話を書いている。まあ、私の場合はSDカードと言うので、メモリーカードとか、メモリカードは付けないが……。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/02/news005.html

残念なのはその結果、どちらでも良いと書いている点だろう。
何故、この2種の表記があるのかも書いていないのは、残念過ぎる。

<3語以上の長音(引き延ばし)表現のルール>

昔のWindowsでは、マイコンピューターがマイコンピュータと後ろに長音のーがなかった。プリンターはプリンタだったし、メモリーはメモリだったし、スキャナーはスキャナだった。ただし、ユーザーという言葉は、ユーザとは呼ばない。テレフォニーのようなサービスは、テレフォニとはなっていないのはtelephonyの長音がnyだからだ。機械(コンピュータ)部品関連で長音が最後に来る場合は、除いていた訳だ。
そうなのという人もいるだろうから、一応、起動が速いVM上のWindowsMEで実例を見せようと思う。
以下の画像がそれだ。(画像をクリックすると拡大する)
画像


これは、元々JIS等が、採用している長音切り捨てのルールである。そのため、工業系の教育及び書籍で昔からしばしば用いられる。それらの聞き取り(審議)を元に、文科省の外来語の表記−内閣告示第二号−で許可された省略形がこれである。その慣例に基づいて、コンピュータと記述することも、コンピューターと記述することも出来るのだ。

そのため、マイクロソフトも以前は、専門のPC開発者などが多いことや、OSのシステム制限(容量などの関係)もあり、コンピュータなどという表記をしていたわけだ。しかし、2008年にその運用を改めることを発表し、Windows7より後のバージョンでは、長音表記が有効になった。IT Mediaも当時その記事を書いている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/25/news090.html

画像



それだけの話であるが、結構深い話である。
どちらが正しい?の調査の結果が、メーカーによって表記の仕方が違うだけで、登録商標もSD Memory Card以外にさしてルールがないなら、上記を書いて説明した方がよかっただろう。

ちなみに、この長音省略は、元々コンピューター関連や機械書籍では今でも使われる事が多かったが、今では両方が浸透している。これは、PCの成長と共に、手書きよりコンピューターで入力することが増えたこと。
さらには、スマートフォンなどの製品では、手元をみなければ入力が出来ず、長音を入れるのが面倒、さらには長音なしの方が、表現手法として面白いなどの理由で浸透したのだろう。

その昔、システムとしては1バイト、2バイトなどの容量を重んじたシーンもあったと考えられるが、今浸透する理由は、結果的にその表現そのものが、ある程度誰にでも通じるようになり、長音がないことを、おかしいと突っ込まれることもなくなったからだ。そして、それが重宝される時代に入っているわけだ。
これからも、この混在は残り続け、意味も知らずに多くの人に使われ愛されるだろう。

だから、ある意味で、こういう企画も出来るのだろうが、正直、メモリーとメモリが混在する背景を書かない場合、どっちでも良かったで終わると、本当にどうでも良い記事になってしまうのが、残念だ。少なくとも、過去のIT mediaが伝えたマイクロソフト記事ぐらいにリンクを張っていたら違ったろうに。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どっちが正しい? “SDメモリカード/SDメモリーカード”……読んでいて残念。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる