なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮ミサイル発射実験はICBM、米当局者が分析……普通なら制裁強化か、一転協議のどちらか。

<<   作成日時 : 2017/07/05 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

曲面は、既に戦争をするレベルではなくなった。ソ連との冷戦時代と同じ流れだ。核の時計が進んだが、一方で国民のことを多少でも考えているなら、互いに戦争をするには時期を逸してしまった。
これで、戦争になれば核戦争に向かう可能性の方が既に高い。

当初は中距離としてしていた、昨日のミサイル、正式に米国は北朝鮮がICBMを手に入れたことを認めたようだ。このミサイルの射程距離は、4500〜5000km、長くても6000kmは越えないとみられているため、アラスカが射程に入るほどという。ついに米本土に到達するミサイル技術を実用化直前の状態にまで進めたことになる。
http://jp.reuters.com/article/northkorea-icbm-away-idJPKBN19P2M8
http://jp.reuters.com/article/northkorea-missile-science-idJPKBN19P0H5?sp=true


<資源は多い北朝鮮が核兵器とミサイルを持つ恐怖>

元々北朝鮮には、手つかずの埋蔵資源が多いと言われているが、それを採掘する能力に乏しいと言われていた。そのため、中国に権益の一部を譲り、中国の業者が一部鉱山採掘をしていたとされる。しかし、今回のミサイル実験で中国との関係も悪化しており、それらの締め出しも行ったか、または生産は続けていても北朝鮮の軍事開発にそれらの部材が流れている可能性が高い。要は、中国を追い出してその機材を北朝鮮が使うという流れだ。

そうなると、北朝鮮は軍事物資の調達をより早めることが出来る。
資源採掘能力を持たなかった国が、他国が途中まで採掘していた技術を使って、それを獲得すれば……。という流れだ。

−問題は隣国が事を起こすかどうかだが……−

そうなると、これから一気に兵器製造が拡大する可能性があり、そこに隣国が懸念を示し北朝鮮を陥落させたいという思惑が浮かぶようになる。

一方で、もう一つ言えるのは、この国と一か八か戦争を仕掛けるのかということだ。戦術核兵器が実戦でこれまでに使われたのは、日本の広島と長崎の2カ所だけだが、今北朝鮮と事を構えれば、少なくともノドンクラスのミサイルなら日本は主要都市の多くが射程に入る東京も含めて。SLBMで大阪や岩国も狙える可能性がある。

あれほどの実験を繰り返している辺りをみると、既に核兵器の配備は始まっていると思われる。
軍部が簡単に崩壊すればよいが、粛正によって既に軍部で抵抗してくれる人はいないと思われる北朝鮮で、ミサイル実験による国威発揚をする状況では、こちらから打って出てれば、かなり厳しい抵抗を受けることだろう。

端的に言えば、世界発の核と核がぶつかる核戦争もあり得る訳だ。
日本では、極論派がすぐに北朝鮮を落とすべきと未だに燻っているが、昨年ならまだしも、現状でそういう流れを目指すと、ティラーソン国務大臣がかねてから指摘するように、本当に厳しい戦争になるのは間違いない。

こういう本当に戦争になった場合に、どうなるかを計算する能力は日本には乏しい。大手紙は大半が、どういう理由で起きるのかや、起きた場合にどういうシナリオがあるのかより、起きる前提で書かれる記事などが多いから、余計に不味いのだ。
日本という国は、平和を米国に預けていた国であるため、軍事にあこがれる人がいる一方で、他国のために戦ったり、自国が戦火に巻き込まれた時に、自分がどうなるかを予測する人は少ないのだ。たぶん、我が家にはミサイルは降ってこないと本当に思っている。

しかし、開戦したときに、北朝鮮が狙うのは、今だときっと日本だろう。韓国は砲撃で間に合うが、ミサイルの力を示すには、日本が一番標的としてやりやすいからだ。ミサイルと人員の数が十分にあれば、過剰飽和攻撃を仕掛けて、岩国、大阪、東京、名古屋、福岡などを同時狙えば、少なくとも戦後に米国の力を削ぐことは出来る。簡単に言えば、日米同盟を終わらせるなら、米国を狙わず日本と韓国が、核に沈めば戦後に米国が苦慮することが見える訳だ。

特に先制攻撃を仕掛けて、こんな結果になれば……。

そのための核ということになる。
これは、簡単に言えば自殺するために、人の迷惑になったり、人をまき沿いにするような場所で死を選ぶのと似ている。

自分ではなく周りが悪いのだと、唱えた人に翼賛する排他思想主義に染まった人は、勝てば官軍としか思っていないが、戦争に勝って戦後復興に負ける戦いは、既に中東などで起きている。というのが、実は今の軍事力だけで、たぶんそうそう時間をかけずに撃破出来るだろうが、米国や隣国にやりたくないと思わせている心理だ。


<全てはトランプ氏次第>

トランプ氏が最終的にどういう判断を下すかで、きっと戦争になるかどうかが決まるだろう。まあ、国務大臣は反発すると思われるが、更迭されれば分からない。本来なら米国が自ら腰を上げて戦争に打って出るという見方は、普通に考えると難しいというより、無くなっている。相手が本当に撃ってくれば別だが……。

現状を言えば、これまで通りの国連非難決議を続けて、放置し続けるか、北朝鮮の核保有を一度は認めた上で、協議をするしか本当のところ選択肢はないのかもしれない。後者を選ぶ場合、その代わり、今後の実験はさせないことと、一方で総書記の安全を保証し認めるぐらいやらないと、これはずっと続く流れになりそうだ。それほど既に北朝鮮は踏み込んでいるといえる。

ただ、それを認めると、核拡散を認めることに繋がりかねない上に、非人道的な行動を取った国を認めることにもなる。だから、苦慮しているわけだ。これを認めると中東で核開発が加速し、下手をすればテロリストに核が渡りかねない事態に陥る。開発している国はいくつかあるが、特に中東やアフリカで開発したいと思っている国は多い。それらの国が、北朝鮮を見て開発に走る可能性がある訳だ。

それは、何としても避けたいというのが、各国が願うことである。
それを、北朝鮮も理解しているから、米国にとって7月4日 Independence Dayの祝日にやったのだろう。
北朝鮮は独立した核開発の権利を主張し続けるということであり、トランプ氏を挑発しているとみればそうだが、逆に言えば、本当に核で、米国と対等な交渉関係を築けると思っている訳だ。


<米国も中国も金正恩だけを暗殺し軍部を解体できるなら作戦を行う>

米国や中国、韓国軍は、金正恩を暗殺して、軍を麻痺できるとみているなら、既にやっている可能性が高い。しかし、それをやらないのは、現状では難しいからだと思われる。もちろん、今からでも出来るタイミングがあるなら、やる可能性は高い。

しかし、現状では安全な決定打が見つかっていないのだと思われる。また、北朝鮮が隣国に示す挑発の範囲も、反撃のラインを逸脱しないギリギリの程度に留まっている。即ち、戦争をするつもりはないと一応は示している訳だ。だから、戦争をこちらから仕掛けて、敵が核を行使してしまうヘマを考えた場合、下手に手を出せない状況にある。
各国の国家元首が、攻撃しろと言わない限りは……。


ちなみに面白いのは、ロシアのスプートニク通信が、戦争の可能性を6月に書いて煽っている点だろう。これが示すのは、ロシア自身は日和見するつもりだということだ。日本や韓国との関係もさほどなく、中国との関係も少し離れている。もし、米国と朝鮮半島が戦争をするなら、ロシアはどんな結果になってもダメージはないという状況にある。
https://jp.sputniknews.com/opinion/201706093740635/

要は、北朝鮮が核も使わずに敗北しようが、核を使って敗北しようが、どちらにしても、ロシアには影響は少ないということだ。風向きも緯度も、ロシアに大きな影響を与えにくいのだから。だから、実はロシアは、制裁などには少し距離を置く、これが政治なのだ。


<最近流行の将棋と政治は似ている>

結局は、将棋が最近は話題を集めたが、インパクトのある誰もが分かる1手より、裏に隠れた読み筋が必要な1手が怖いものだ。そして、将棋なら一対一だが政治は、各国の思惑が駆け引きとしてにじむ。
北朝鮮を落として、2つ、3つの経済国家(中国、日本、韓国)を失えば、世界はどん底に逆戻りもあり得るからだ。
もちろん、北朝鮮をすぐに落とす方法が順調にうまくいくならそれに超したことはない。

それをやらないのは、結局、中国も米国も調べれば調べるほど、北朝鮮の現状が危険(核開発が進んでいていつでも攻撃できる)であることに気がついたからだろう。じゃなければ、日本でJアラートで核攻撃に備えるCMなどをながすこともないはずなのだ。

既に、それほどまで北朝鮮の核技術は進んでいて一筋縄には行かないのである。メディアもそういう発想でそろそろ見ないと不味いだろう。


もし、戦争が始まるとしたら、北朝鮮が本当に攻撃をしてきたとき、次いで日本、中国、韓国、米国のどこかの国家元首が血迷ったとき、後は過度の緊張感から散発的な戦闘(紛争)が発生しそれが拡散した場合だろう。ただやれば、朝鮮半島だけで終わるという流れは、残念ながらほぼゼロだ。だから、間に合うかどうかも分からないJアラートを空襲警報代わりにするという方法を採ることになった。そこを読み違えると、戦争でさっさと落とせば良いと人々は思うようになる。

実際に核という面でヤバいのは、韓国より、複数のミサイルの射程圏内に入る日本である。飽和攻撃が最もし易いのが日本だからだ。



子供用防災ずきん
アーテック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 子供用防災ずきん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アイリスオーヤマ 防災グッズ 防災頭巾 シルバー 難燃加工 BZN-300
アイリスオーヤマ(IRIS)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイリスオーヤマ 防災グッズ 防災頭巾 シルバー 難燃加工 BZN-300 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




防災ずきん日本製(小学生から大人まで)Lサイズ 防災クッション(約30×46cm)あす楽
インテリア夢工房
防災ずきん日本製 Lサイズの解説 ■日本製防災ズキンで安心です。 ■いざという時、防災頭巾があなたを


楽天市場 by 防災ずきん日本製(小学生から大人まで)Lサイズ 防災クッション(約30×46cm)あす楽 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮ミサイル発射実験はICBM、米当局者が分析……普通なら制裁強化か、一転協議のどちらか。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる