なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日はカードサイズPCモジュール、今日はそれより大きな1個のAMD CPU

<<   作成日時 : 2017/06/01 09:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

昨日は、IntelのCompute Cardの記事を書いたが、今日は昨日発表されたRYZEN Threadripperについて書きたい。
以下のような記事もあり、もしかすると5GHz Onverで動作するのではないかという噂もある。
https://www.pcgamesn.com/amd/amd-x399-threadripper-overclocking


なお、プロセッサのコア数は最大16コア、同時スレッド発行数は32のSMT。
SIMD命令セットには、SSE4.x/AVX/AVX2をサポートするが、18コアのSkylake-XがサポートすることになっているAVX-512はサポートしない。そのため、コア数の差もあるが、RYZEN 7 1800Xの頃に比べると、SIMDアドバンテージを失う可能性がある。
ソケットは、SocketTR4-LGA4000(Socket AM4非互換)となる。
キャッシュ容量はL3共有キャッシュが純粋にRYZEN 7 1800Xから倍になると思われる。

最大64レーン(MCM2ダイで32×2)のPCIe3.0片方向128GB/s・双方向256GB/s接続となる。
まあ、実際にはチップ単位になると32レーン(64GB/s・双方向128GB/s)となるわけだ。
尚4レーン分はX399との接続専用レーンであり、
実質はチップ(8コア)辺り30レーン(30GB/s・60GB/s)である。


チップセットはAMD X399となる。
最大サポートメモリーは128GBとなっているようだ。
4チャンネル(Quad Channel)のメモリー接続をサポートするようだが、DDR4メモリーであること以外の仕様はハッキリしていない。

ただ、一番インパクトを与えたのは、あの大きさだろう。
画像は出せないが、PC Watchなどには掲載されているので見ていない人は見るとよい。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1062770.html

この大きさは中位のサーバーCPU並である。まあ、もっと大きなCPUはサーバーを探せばいくらでもあるので、あれだが個人向けのプロセッサでこの規模は、たぶん初だろう。これにインテルも乗っかるのだから、凄い時代になった。そして、このプロセッサそんなに安くは出来ないのではないか?と予想される。
果たして、インテルのそれより遙かに抑えた価格で登場するのかどうか?

結局、AMDは現状では費用対効果を期待する人が多いため、どれだけ歩留まりを上げて、価格を下げられるかが勝負の分かれ道になりそうだ。まあ、コア数のインテルか?それとも、価格で頑張ると思われるRYZENか、今年は本当に面白い年だ。

尚、RYZENの魅力は、Mobileにも広がりそうだ。Vega GPUとZENプロセッサの組み合わせは、これまでAPUでは実現できなかったCPUの高性能化という点で人々を満足させるのはほぼ確実である。元々GPUはIntel製品より高性能なAMDだから、後はハイパフォーマンス動作をしているときに、発熱を如何に抑えられるかによって、モバイルプロセッサでもインテルの牙城を崩せるかもしれない。

これで、Intel Atomの代替になるようなプロセッサまで出してくれると面白いのだが、ちょっとRYZENはパフォーマンスによりすぎているので難しいかな?

あと気になるのは、RYZEN系でUltra HD Bru-rayを、サポートする見込みがあるのかどうかだろう。
もしないなら、Ultra HD Bru-rayはBDよりもさらにPCでは普及率が下がりそうだ。


<カルロス様>

いつもコメントありがとうございます。今回はあまり調べていないので、助かります。
今後の参考にさせていただきます。ただ、暫くはARM系の作業が先行するため、こっちが反映されるのは、まだ暫く先になりそうですけど。ARM系をやっていると、x86系も苦しいことに最近気がつきました。中途半端にその都度、過去との整合性がないデータシートを見てやっていると、混ざってくることに今更ながら気がつきました。

そういう点で、沢山資料を教えて貰えるのは嬉しい限りです。必ず、コメントに反応できるとは限りませんが、今後とも、いろいろ教えていただけると幸いです。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
AMDのThread Ripperは8コアRyzen x2をMCMで接続したものなので歩止まりはRyzenと変わらないそうです

サーバー向けEpycの写真ですが参考までに
http://www.guru3d.com/news-story/amd-ryzen-14nm-wafer-yields-pass-80-threadripper-cpus-on-track.html
かるろす
2017/06/02 20:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日はカードサイズPCモジュール、今日はそれより大きな1個のAMD CPU  なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる