なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS GPU統合デスクトップに、6コア時代がやってくるCoffeelakeは8月登場。

<<   作成日時 : 2017/05/29 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はプロセッサネタが多そうだ。
一つはARMの新型プロセッサだが、それは書いてもあまり面白くない。どうせスマートフォンやAIネタで使うものであるため、選んで買うものでもないからだ。だから好きなら下を読むと良い。
http://wccftech.com/arm-cortex-a75-a55-slides-leaked/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1062106.html

本題は、ここからである。

wccftechの記事だが、今年の夏にCoffeelakeが登場するのは、ほぼ間違いなくなったのだろう。何度目かの記事である。

パッケージはLGA1151 V2でZ370チップセットに対応するが、Z270チップセットとの互換性も維持されているようだ。(ただし、Z370で今のKabylakeは使えない)そして、デスクトップのみの話だが、i7が6コア12スレッド、12MBスマートキャッシュに、i5が4コア8スレッド8MBスマートキャッシュ、i3が4コア4スレッドになると見られる。

即ち、i7のスペックが一つ上に上がり、i5がこれまでのi7の枠に入ってくるという流れのようだ。
やっと、パフォーマンス向けハイエンドの4コア時代が終わる。何より全てのブランドラインが、大きく変わることを意味している。

そして、その後継にはZ390チップセット(Thunderbolt3-ホストであるAlpineRidgeを統合したCPU/チップセット製品)と、Cannonlakeプロセッサが控えている。〜1年後にはZ390チップセットに対応したこれらの製品が出るという。


また、Skylake XとKaby Lake Xは5月30日に発表される予定だが、6月前半には一部販売予約や販売が始まる見込みとも書かれている。これは、かねてから他のサイトでも書かれていたことだ。
インテルが矢継ぎ早にCPU展開を発表する辺り、RYZENが相当良い結果を残しているのだろう。


<RYZENとともに動き出すCPU市場>

RYZENは少なくともPC向けプロセッサの流れを、少し活性化させているのは間違いない。価格的な競争はとにかくとして、以前よりIntelが製品を増やし、活発に新製品を出していこうというスタンスに変わったのは間違いないからだ。RYZENが強いことを見越して、Coffeelakeは開発されたであろうことも、予測できる。じゃなければ、Cannonlakeを待ったはずだ。
X系のプロセッサは、以前書いた記事の通り、完全にサーバー向けをベースにしているし、Kabylake-XはSkylakeとそんなに差が出せないため一緒にしたような印象がある。

この辺りから見えるが、RYZEN対策なのだ。


問題は、RYZENでは登場させるアナウンスもない、GPU統合のデスクトップ向け6コアがまもなくIntelから出てくることだ。RYZENのモバイル向けは、GPU統合が秋に予定されているが、デスクトップ向けは未定である。これは来年予定されるZen 2(旧:ZEN+)までは少なくとも出てこないと思われる。

Coffeelakeは、そういう点では普通のデスクトップ(メインストリームのパフォーマンス、ミドル)市場を、新しい領域に押し上げる面白い製品になりそうだ。まあ、それが出てくる頃にはCannonlakeの噂が出てくるだろうから、それ次第という面も残りはするが、それでもGPU内蔵6コアのインパクトは大きいだろう。

この2社の戦いはきっとこれから、さらに加速するだろう。来年はZEN2とCannonlakeの直接対決となる。今後も、デスクトップ向けプロセッサ市場から目は離せない。


しかし、こういうライバルはメーカーにとってありがたい話だろう。競争が起きると結果的に人が注目するため、両方がある程度売れるようになるからだ。本来なら、MicrosoftにもデスクトップOSにおけるライバルがいればもっと面白いのだろうが……。スマートフォンOSと戦うという戦略は、結果的にPCじゃない製品を売る後押しにもなり得る訳で、なかなか難しい。


AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF
AMD
2017-03-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




(SSD)インテル Optane Memory MEMPEK1W016GAXT
アプライド楽天市場店
■ インターフェイス・ M.2 2280 NVMe PCIe Gen3 x2■ 容量・ 16GB■


楽天市場 by (SSD)インテル Optane Memory MEMPEK1W016GAXT の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GPU統合デスクトップに、6コア時代がやってくるCoffeelakeは8月登場。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる