なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 失われゆくWindows Media Player・・・・廃れる機能を見て栄枯盛衰を知る。

<<   作成日時 : 2017/04/06 12:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私自身Windows Media Playerをめっきり使わなくなった。今管理に使っているのはPowerDVD Ultraである。foobar2000等他のソフトも入れてはいるが、使うことは少ない。機能の拡張性などは少ないが、有料の方がいろいろ楽だなと思う今日この頃である。

Windows Media Playerは6.x世代まではメディア再生プレーヤーだった。端的に言えば、単体のメディアファイル(映像や音楽)を再生するためだけの品だったわけだ。しかも、対応しているファイル形式も当初は実はかなり少なかった。
まあ、元々はMME(Multi-Media Extentions)の土台として生まれたものであったため、仕方がない。端的に言えば、コンピュータの中にある映像や音声を再生するために生まれたのだ。


それが、ジュークボックスに進化したのが、Windows Media Player7.0以降である。6.xまでは、Web Plug-insの提供もWMPの仕事であった。そこで、ライバル的な存在だったのが、RealNetworks, Inc.が開発していたReal Playerと、Apple Quick Time Playerだった。その中でも、強かったのがRealである。

この会社は、当時帯域幅が少ないインターネット業界で、H.263ベースの映像圧縮技術を使い他社より高画質で軽量なWeb動画に挑戦し、シェアを伸ばしていた。その延長線上RealJukeboxとReal Media(Real Audio)などにも参入した。フリーソフトでビジュアライゼーション機能などもサポートしていたこともあり、結構流行ったのである。
これには欠点もあった。当時本格的に普及し始めていたMP3でCD音源を取り込む場合、フリー版では96Kbpsまでしか使えなかったこと。別途Plusと呼ばれる有料版を必要としたのだ。一方で、ATRAC3ベースのReal Audio8なら、352Kbpsまでサポートしていた。要は、囲い込みに動いていたといえる。
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/1999/0924/realjuke.htm
画像



そのころに開発されていたのが、Windows Media Technologiesであり、Media Player7に繋がる技術だった。マイクロソフトもWindows Media Video、Windows Media Audioなどを開発した。Realから少し遅れたものの、こちらはPlayerそのものに、いち早くジュークボックス機能を統合していた。Media AudioやVideoを作ったのは当然囲い込みを計ったからだ。これはバージョン9まで続けられ、最後のVideo 9はVC-1(当初はVC-9)としてBlu-ray Discのビデオフォーマットにもなった。
https://ascii.jp/elem/000/000/310/310757/

画像



Real Playerの失敗は、Real One PlayerとしてJukeboxを統合し始めた頃からだろう。ビジネスモデルとして高画質なプレーヤーやエンコーダーの有料販売モデルを続けようとしたことで、ブロードバンド時代とWeb広告による利用者無料というモデルが広がる中で、シェアが落ち始めたのである。しかも、Real One Playerは重量級のソフトウェアだった。その後、遅まきでいろいろやっていたが、一歩外す流れが止まらず、導入されることは減っていた。
ただ、消えていく企業が多い中、今でも生き残っている企業である。
http://jp.real.com/

そういう競争を経て機能を拡大してきたのが、Windows Media Playerである。Windows7や8世代まではDolby Digitalライセンスも取得して、DVD再生もこれで行うことが出来た。また、SRSなどのHRTFにも対応していたり、拡張タグエディタを使った音楽連動歌詞機能(WMP10/11)も搭載されていた時期があった。
画像



しかし、Appleが遅れて投入したiTunesおよびiPodが流れを変える。これまでは、CDから取り込んで著作権保護(DRM)を掛けて、携帯プレーヤーで再生するというモデルを考えてジュークボックス型のオーディオプレーヤーは進化してきたが、そもそもDRMを喜ぶ人は少なく、結局iPodとiTunesによるAppStoreからのDRMなしダウンロードが市場の中心となる。その流れが、徐々に販売サイトと綺麗に連動しないWindows Media Playerの立場を落としていった。

高音質は、Media Playerでは足りない。Media Playerに統合した販売はサイト連動はiTunesに及ばない。だから、Media Playerである理由がなくなったのだ。この販売サイト連動による収入はソフトウェア開発においてはバカにならない。簡単に言えばスポンサーが無くなれば開発も下火になるのだ。
画像


そして、Windows10でMedia Playerの機能を大幅に縮小し、シンプルなGroove Musicへと置き換わった。スマートフォンやタブレットと同じ仕組みを持たせるにはMedia Playerでは苦しかったのもあるだろう。私はそれ以来、Media PlayerもGrooveも使わなくなった。
画像

今は、Hi-Res時代に入り、綺麗な音というぐらいしか追求されなくなって久しい。
そういえば、昔、音楽再生時にビジュアライゼーションを楽しんだ時期もあった。スキンセレクターでいろいろなスキンを使ったこともあった。しかし、結局PCで音楽を再生するときに、音楽だけを再生しているとは限らない。その結果、あまり使わなくなったことを覚えている。今なら、逆にテレビやオーディオプレーヤーなどに無線経由で飛ばすことも出来るので、そういう機能が重宝されるかもしれないが・・・オーディオプレーヤーとしての優先度は低くなる。

さらには、ただながらで聴くだけの人にとっては、Hi-Resなどのオーディオを追求するより、標準のプレーヤーで十分という流れも最近は広がる。水準が一定に達し、競争が終わっていくと、徐々に開発も無難な流れに留まるようになり、終熄していくのだというのも分かるものだ。

PCで再びオーディオソフトを大きく広げる爆発的な変化はもうないのかもしれない。

考えてみると、その傾向は他からも見える。アナログは100年以上の歴史の中で、地道に発展した。ハード技術の変遷である。デジタルオーディオ録音は1960年代から70年代に商用が、そして80年代にCDが登場し、大衆に広がった。それから、HDオーディオが個人市場に一般化するまで凡そ40〜50年の時間が掛かった。これも、当初から2000年に入る頃までハードが殆どだった。
この手のオーディオをPCに持ち込むマルチメディアソフトウェアは、日本だとFM Towns辺りでようやく種を蒔いたぐらいである。まもなく30年(後2年、2017年現在)である。約半分ぐらいの時間で、一気にソフトウェア(アプリケーション層)が、ハードウェア(物理層)に追いついてしまった。


その結果、差別化は容易ではなくなったのだろう。だから最近はクラウド型のオーディオビジネスなど再生環境込み、コンテンツ込みのビジネスが広がるのかも知れない。デジタルというより、ソフトウェア産業の発展がハードの発展を遙かに上回る速さで進んだ結果、今に至ったのだろう。これが、音楽プレーヤーソフトに限らず全てのビジネスで起きているのだから、成長を維持するのは難しい。


この先もこの流れが続くのかは分からないが、ソフトウェアで食べていくとなると、流れを常に掴み続ける必要があることを、改めて実感してしまう。爆発的に増えていたアプリケーションも、成長が一定を下回ると、有力タイトルだけが売れるようになり、徐々にパイが減少するからだ。そのため、開発が終わっていくものも多い。
一つボタンを掛け違うと、ソフトウェアビジネスは、大きく流れが変わるのだ。これまでは、PC関連が多かったが、これからはスマートフォンも含めて、こういう栄枯盛衰が見られるのだろう。



PowerDVD16 Ultra
サイバーリンク
2016-04-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PowerDVD16 Ultra の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




PowerDVD 16 Ultra 通常版【税込】 サイバーリンク 【返品種別B】【送料無料】【RCP】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:△在庫僅少□「返品種別」について詳しくはこちら□2016年04月 発売ビデオ再生ソフトウェ


楽天市場 by PowerDVD 16 Ultra 通常版【税込】 サイバーリンク 【返品種別B】【送料無料】【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
失われゆくWindows Media Player・・・・廃れる機能を見て栄枯盛衰を知る。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる