なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS WD、容量12TBのヘリウム充填HDDを量産出荷・・・・よくよく考えると気になる話。

<<   作成日時 : 2017/04/28 09:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

PC Watchの記事を読んでいて思ったことである。

別にWDのHDDに何か問題があるという話ではない。12TBのディスクというのも、昨年既に発表しているので、特別な話でもない。

気になったのは、MTBF(Mean time between failures/平均故障間隔または時間)が、以前からそうだが、人生が何回終わるんだろうと、久しぶりに思ったのだ。

何年かに一度、商品を見ていてふと思うMTBFを何とかした方が良いんじゃないかと。250万時間って・・・。
365.24日(閏年含む)で換算して、285.2年運用できる計算になる。まあ、そもそもMTBFの算出方法が、並列運用試験に基づき一定期間の故障閾値を算出したものであるため、そんなに持たないことは多くの人は理解できるだろうが・・・これだけを出されても、乖離しすぎて評価もしにくい。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1057233.html

では、このディスクの寿命は実際に延びているのかという話だ。

HDDは昔からプラッター枚数が少ないほど、故障率が少ないと言われていた。しかし、ベアリングの進化やジャイロ連動リトラクトヘッドなどの投入によって、故障率が徐々に下がってきた。そして最先端のディスクに使われるのがヘリウム封入という技術である。現状ではプラッター枚数を多くして、長期保証をするのはヘリウムが入らないと難しいとされる。(将来的には分からない)そのため、ヘリウムが大容量モデルでは今では、当たり前になってきている。
ただ、それを評価するMTBFが既に、人の人生が数度終わる程度に超越しているため・・・分からないのだ。

ヘリウムを入れたディスクが登場してから実は長期保証のディスクが結構増えている。昔は1年、長くて3年程度の製品が一般的だった。近年は4年〜5年という製品も以前より増えた。この製品も5年だ。これはSSDとの差別化で、長期寿命にニーズを見いだそうとしているという面もあるのだろうが、それを支えるのにヘリウムが一躍を担っていると言えよう。即ち、故障しにくくなっているのは間違いないのだ。ただ、それを示す指標が分かり難いだけである。

まあ、米国では100万時間を1M(Mega)で示すことも多いので、あまり大きくは見えないというのもあるのかもしれない。

尚、この製品は主にサーバー向けとして展開される製品である。そのため、250万時間(2.5M)と大きな数値となる。これが一般向けに降りてくると、多少精度許容が広がるため、0.7M〜1.5Mぐらいの製品で展開されることも多いという点は忘れてはいけないところだ。数字が大きいだけに日頃余り気にする人はいないが、気になると、突っ込みたくなるかもしれない。そんなMTBFと最新HDDの話である。


最後に、このディスクの容量が膨大であることを知るために、どれぐらいのデータが記録できるか書いておく。

2020万画素のJPEG/FINE撮影の画像データ(約4.5MB)で約266.6万枚、
同じ解像度のRAW画像撮影データ(約20MB)で約60万枚、
地上波デジタル放送録画(TS/17.5Mbps換算=7.875GB/h)の録画で約1523.8時間
8K放送(予定)デジタル放送録画(TS/予定平均100Mbps=45GB/h)の録画で、約266.66時間となる。

そして、12TBは1キロバイト=1000バイト換算なので、OS側でフォーマット(1キロバイト=1024バイト換算)すると、約10.91TB(若干上下する)になると予想される。

これでも、容量が大きすぎてピンとこないひとのために例を挙げて説明すると、

地デジなら、実に63日分、今流行の全録対応レコーダーで8ch同時録画をして7日半程度の録画を行える。
RAWで写真撮影をした場合、365日(1年)でこのディスクをいっぱいにするには、1日に1643.8枚撮影する必要がある。5年保証なので、写真を5年でいっぱいにすると仮定すれば、1日328.7枚保存して5年で凡そいっぱいになる。


まあ、たいていの人は写真にしてもRAWなんて使わない。スマホにしてもカメラにしてもJPEG撮影していることが多いはずで、しかもFINE(きれい)ではなく、Normal(標準/初期設定)を使う人が多いだろう。

266万枚かそれ以上の方で換算することになるが・・・個人で使うディスクの場合は、RAW常用者でも、5年以内にいっぱいにするのはかなり厳しい。既に、ある程度何年か分のデータが貯まっているか、または4Kや8Kの映像でも扱うか、サーバーでも立ち上げるか、ぐらいの目的で使うディスクがこれである。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

例えば、あるショップで1,000台売れて、それが客先で1年稼働した場合

365日×24時間×1,000台=8,760,000時間
876万時間÷250万時間(MTBF)=約3.5台

「そのショップが販売した1,000台の内、約3.5台は1年で故障する」と考えてみたらどうでしょうか?

※桁や計算間違ってたらスミマセン
ななしぃ
2017/04/28 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
WD、容量12TBのヘリウム充填HDDを量産出荷・・・・よくよく考えると気になる話。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる