なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本信頼できる?」韓国13%中国16% 6カ国調査・・・SNSの反応に誤認もある。

<<   作成日時 : 2017/04/23 09:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝日や毎日が公益財団法人新聞通信調査会の調査結果を報道している。
これによると、日本を信頼出来ると答えた国でNo1はタイだった。そして、タイで知られている日本の有名人の第2位がドラえもんという結果になったということだ。
http://www.asahi.com/articles/ASK4N6KCKK4NUTIL043.html?iref=comtop_8_02
https://mainichi.jp/articles/20170423/ddm/041/040/184000c

しかし、SNSの評価を見ると、この手の記事を毎日や朝日だから信用できないと書いている人がいるのが、気に掛かる。そもそも、調査をしているのは新聞通信調査会であり、これは公益財団法人であるため、公共の利益に即している。まあ、新聞社が寄付金などは出しているかも知れないが、報道の自由などの活動もしているようで、読売や産経新聞社も寄付している可能性は高い。そのため、特定の新聞社は関係ない話になるのだが、その辺りが理解できていない人が多い気もする。

ちなみに、当該団体は以下のURLになり、新聞に関する調査研究、講演会などを行う。
http://www.chosakai.gr.jp/index.html

日本人の論述読解力が低下しているというが、これにも影響が出ているのだろうか?この手の、思い込みは危険である。最初から新聞社がダメではなく、記事を一つ一つ評価すべきだと思うが・・・左右に分かれていくのは、こういう部分が影響しているのだろう。正直、今の新聞は、昔のように三面記事が豊富で朝刊や夕刊一紙で100以上の小さな記事が集まっていたこともあった。今は週間誌並に記事の数が少ない。全部の新聞社をひっくるめて一つの新聞社レベルで、記事重複も多い。自分たちでこの新聞社は嘘つきなどと言って、評価基準を狭めてしまうと、多様な中から良いものを見つけ出すという判断力はどんどん低下していく。それが、心配でならない。


尚、記事元になったこの調査結果に意外性は全くない。
韓国の評価が低いのは毎年のこと。中国が低いのも仮想敵国故に当然だろう。韓国が低いのは、同盟国で考えると異常事態だが、他国でも韓国に対する見方は、年によって上下しやすいので、そういうお国柄であると見るしかない。その一方で、タイは高い傾向があるのも日本との関係性が良好な東南アジアの国の一つだからである。米国や英国が高いのは同盟国としての役割を金銭や経済面で果たしているからだろう。

まあ、嫌われても関係性を続けないといけないという点で、中国と韓国は難しい国である。
一方で、タイなどのちょっと遠い地域は、嫌われれば、目も当てられない。関係性が希薄になるため、関係修復が難しくなるが、一度関係性が出来上がると、侵略戦争や日本人がタイに大挙して押し寄せて(旅行して)、犯罪行為などでもしない限りは、悪化することは少ないだろう。それぐらい遠い国は、ある程度の関係性を保てていれば、悪くはなりにくい。(経済的な利益や政治的な利益は別として、イメージは悪化しにくい)

個人的に気になるのは、今日本人に対して調べても、韓国に対する見方も間違いなく下がっているという点がこれまでとは、大きく違うだろうということ。中国は分からないが、きわめて高くなることはないだろう。
日本では、近い国同士で、この険悪ムードになることを特殊だと思っている人もいるが、考えて見ると日本と隣国だから特殊という話でもない。

地理的に、関係を断つことは難しい国であるため、お互いの良い点も悪い点も見える。それ故に、互いに余裕があり、認め合う機会がなければ、接近するのは難しいということの表れである。

インドとパキスタン、シリアの周辺国など中東も似たようなものだ。北米大陸は比較的穏やかだが、欧州もこの数十年が安定しているだけで、くっついたり離れたりが数百年周期で何度あったか知れない。飛び石の土地は、管理も大変だ。だから、攻撃よりも交易で仲間にした方がよいが、近隣というのは、本当にお互いが仲良しごっこでは無く、歩み寄る姿勢を持たない限り、仲良くは出来ない。

即ち、近くの親戚より遠くの他人の方が、仲を保てるケースは多いということだ。

その理由は、隣にいると相手の素性が見えてくるからだ。要は、遠くならAさんの家が、今日何をして、明日何をするか、または近所とどんな関係性を持っているかなど知りもしないため、電話やメール、または時々会ったときに、Aさんから聞く愚痴や世間話から大変なんだなぐらいしか思わない。それは良好な関係となる訳だ。
もちろん、電話越しなどで喧嘩すれば険悪にもなるが、その場合は時間をを置けばよい。距離がある分、相手のことを考えることも出来、その間に元の関係に戻ることもあるかもしれない。

しかし、それがお隣や近所の場合は、近所からもあの人の良い話も悪い話も聞こえてくる。結果的に、近くの親戚の方が、一度悪い関係になると嫌いになり、その嫌いが長く継続することはよくあることだ。関係など断ってしまえと・・・現実的には、すぐには断てないにも関わらず断つことを望むケースもある。距離を置いて見ると、実はここが良かったというケースもあるのかも知れないが、近いと常々一緒にいるわけで、そんな遠くから俯瞰する余裕などなくなる。これが、近隣の厄介なところだ。

特に、それは高齢者ほど影響が出やすい。日本が、韓国や中国に対して反感を抱くのは、日本という国が老いに直面する中で、批判を浴び続けるからである。どちらも、既に十分発展していると日本人は見ているが、彼らはその発想を未だに持っていないと我々が感じる訳で、そこから、日本から見た中国や韓国のイメージが悪化するわけだ。
すると、向こうには歩み寄る姿勢自体が皆無な訳で、余計に悪くなる。

まあ、中国は敵国でも隣国でもある日本について、上手に世論を誘導しているだけである。
それに対して韓国は、中国と関係改善に動きTHAADで失敗し、その改善の切り札として少女像で日本を叩いたが、上手くいっていない。韓国は、結局これまでもこのように日本を叩くことで、日本が妥協するという流れを見てきたため、それを使ったのだが・・・今回は朝鮮戦争のリスクがあるため、たまたまその話題は消えているが、現状で韓国と日本の関係が良い方向に動くことは暫くないだろう。


このように見た時に、日本周辺で今、特異なのは、韓国だろう。一体どの国の味方で、どの国の敵なのかは、全く分からない。相手の国が嫌がることをすれば、相手の国がいつも折れてくれるはずと思っている。そして、世論も日本は信用できないと思うぐらいだ。米国のUSSカールビンソンが予定通りに来ないことに、捨てられたというのも、それだ。本当に捨てるなら、在韓米軍を引き揚げるはずなのだ。

まあ、この韓国の姿は明日の日本になるかもしれない。日本が知るべきは、○○の情報だけが正しい、○○の情報は間違っていると最初から決めつける人々が増えれば、韓国のようになりかねないということだ。この情報化の世界で思い込みほど、恐ろしいことはない。まあ、これは米国のトランプ政権を支持する国民にも言えることだが・・・。





明治 カールうすあじ 68g×10袋
明治
2015-07-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 明治 カールうすあじ 68g×10袋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




大人の贅沢カール(50g)
爽快ドラッグ
お店TOP>食品・フード>お菓子>スナック菓子>大人の贅沢カール (50g)★税抜1900円以上で送


楽天市場 by 大人の贅沢カール(50g) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本信頼できる?」韓国13%中国16% 6カ国調査・・・SNSの反応に誤認もある。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる