なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows10 Creators Update 不具合対応情報、第二部

<<   作成日時 : 2017/04/16 13:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

更新情報:4月27日-2017年4月25日付けのMSBlog情報


PCWatchの記事にMS Blogの記事が載っていたので書いておく。
どうもBroadcomの無線デバイス(Bluetooth統合Wi-Fiカードと思われる)での通信不良に伴うもののようだが、既にCreators Updateの配布更新を始めていたモデルで、不具合が見つかったと思われる。そのため、Broadcom関連の無線デバイスを搭載している製品は、暫く更新から外されるという話だ。
再接続の問題なので、スタンバイ後の不具合関連や、無線を切って入れた時に繋がらないというものだろう。

尚、この問題が起きたら、Feedback Hubへ情報提供を呼びかけているようだ。まあ、当該の機種になるかどうかは、[Windows]+[X]キーを押して、デバイスマネージャーを見れば分かるだろう。以下のように無線にBroadcom製品があれば、更新は暫く来ないはずだ。まあ、既に更新した人で、調子が悪い場合は前のビルドに戻すのも手だろう。
画像


尚、記事のタイトルを見る限り、これは第一弾の更新で発覚したもののようだ。しかも、フェーズとしては新しいハードウェアを中心とした更新と思われる。今後、更新対象が拡大するまでには、改善されると思われる。
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2017/04/25/windows-10-creators-update-rollout-first-phase-update/
https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-hardware/my-bluetooth-le-devices-arent-reconnecting-as/39548c86-077f-4cbc-8a54-c2e05adf6689?tm=1492523972182
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1057410.html

これまでのものはこちらである。


最初の不具合情報記事が文字数制限に掛かるのでこちらに追加情報を新設することにした。徐々に数が増えてきて混沌としてきた気もするが、目次を楽に作れるようなBlog構造でもないので、あくまで、仮置き場的なものだと思って貰えればと思う。

4月26日現在で、前回4月22日だったかな?の不具合より新しい不具合は、W10Aでは1件である。メインマシンのデスクトップは現在遅延設定しているので、対象外。VAIOノートはまだ更新がやってきていない。これで不具合が起きるとしたら、Dolby Home Theaterだろうか?

ちなみに、W10Aの不具合はスリープから復帰しない。復帰に時間が掛かる不具合がある。これは地味に痛い。
イベントには、予期せぬシャットダウンイベントとして表示されている。やはりスリープ系が不安定なのだろう。それ以外は、メモリーの消費が多くなった。メモリー2GBのW10Aでも消費が多くなり、元々Atomだから遅いのだが、さらにのっそのっそと動く印象だ。ネットワーク関連のメモリー占有メッセージが出ているので、メインメモリそのものの容量が既に厳しいのだろう。年2回あるとする秋のアップデートは出来るのだろうか?

PCの買替えを検討している人で、2年3年使うつもりなら、しっかり予算を付けて、メインのディスクがSSDであること、メモリーが8GBぐらいあることを条件に購入されるのがよいだろう。


<ホームグループが消える/参加できない不具合>

この不具合の内容はホームグループの参加がリセットされるというものである。Creators Updateを適用したコンピュータだけが参加できなくなる。新規に参加を問い合わせても、ネットワーク上にホームグループが見つからなくなるのだ。まさかまたなるとは思わなかった。

実はこれ、過去のビルドアップやWindows8.1、7などでも時より起きているメジャーなものだが、Microsoftの日本語コミュニティはMSOP保守要員までいるのに今回の対応方法を回答出来なかったようだ。良いな〜この緩いWebOP業務。

今回の対応方法は、私が試した限りでは一つである。今ホームグループを組んでいるPCを全て起動し、一端ホームグループを解除する。その後、問題のCreators Update端末をホームグループの親としてもう一度ホームグループを作成する、ホームグループに全ての端末が接続できるはずだ。

実は、これ今回が初ではなく、もっと厳しいもの(レジストリーを操作するもの)も何度かTH1/RS1で遭遇した。そのため、これで治るパターンに遭遇した人は、まだラッキーである。面倒だが全てのネットワーク上のWindowsPCを起動して、ホームグループを一度作成し直すと良い。

手順は、タスクバーのネットワークアイコンを右クリック→ネットワークと共有センター→アクセスの種類の下にある「ホームグループの参加済み」をクリックする→「ホームグループへの参加の終了...」→[ホームグループへの参加を終了します]で終了し、Creators Updateを適用したパソコンでグループを再作成、後はそのほかのPCで再び参加すればよい。(手順画像は気が向いたら追加するかも)

これでダメなケースもあるのだがダメなら、レジストリ作業付きの対応をするか、OSのリカバリ(再インストール)か、とりあえず一端前のバージョンに戻すか・・・後は、ホームグループを卒業して、古くからのフォルダ共有を使うか・・・しかない。

基本的にホームグループ系の不具合が起きたときには、同じネットワーク上の全ての端末をホームグループから外すことだ。それで、ホームグループを新規作成できるかどうかが全ての鍵になる。それで、作成できない場合、またはもうホームグループ端末がないのに、グループキー(パスワード)を求められる場合は、別のネットワークを有線などで一つ作って、一台だけでホームグループを作り、それを既存ネットワークに加えてから、その新グループキーで他の端末をグループに加えると上手くいくかもしれない。


<AHCIドライバの問題>

前のページに記載の動作が遅くなる不具合について、追加です。SATA/AHCIドライバが標準AHCIドライバに戻っていないか確認を。
http://powerpro.at.webry.info/201612/article_14.html

どうも、Windows10のフィーチャーアップデートはドライバ関連が毎度のことですが、結構なくせ者です。環境によっては、最新を引っ張り出して、置き換えてくれますが、それが性能を押し下げることがあります。

まあ、古いドライバーはサポート対象ではないので、別の不具合を起こす原因にもなりかねず、マイクロソフトが強制的に最新版にするのでしょう。しかし、古いハードウェアからアップグレードしている環境の場合は、標準に戻されると、低頻度の不具合より、日頃の動作支障の方が問題になるので面倒です。

我が家のCLIDE W10Aのドライバは、BMA2x2のドライバが最新に変わると、画面が向いている方向と反対にひっくり返りますから・・・。

尚、メーカーサイトなどからダウンロードして適用したドライバは、必ずバックアップをUSBメモリーやCD-Rなどにバックアップして取っておきましょう。保守が終わると、ダウンロードが困難になることも最近はよくあります。

壊れなかったと仮定して、我が家のPC達は、2020年の標準サポートフェーズを切り抜けられるのでしょうか?心配です。

<ディスプレイがちらつく>

我が家のCLIDE W10Aは、スリープからの復帰時に画面がちらつく不具合に悩まされ始めた。再起動することで改善したが、どうも画面をある方向に(ジャイロが入っているので)傾けると、画面が真っ暗になる。そして、方向を変えると映るようだった。しかも、それが起きると、ロックスクリーンに戻るという不思議仕様である。

これはCreators Updateから起き始めた。これはCentralでもちらつきなどの症状と、スリープ復帰時に不安定または、アプリが終了する(している)などの情報があるため、それの関連と思われる。
もしかするとジャイロドライバーが古いという点もあるのかもしれない。ただ、W10AでBMA2x2の最新版を入れると、ジャイロ設定が上下逆さまになるので、それだとどうにも出来ない。


<海外最新情報>

Windows Centralは不具合の新しい情報をまとめたようだ。
http://www.windowscentral.com/windows-10-creators-update-user-experience-complaints

内容は、ブルースクリーンから、オーディオの不具合(スクラッチノイズ)、さらにゲームが衛星中継のように遅く(遅延する)症状などが発覚しているとか、これらはドライバの不具合がほとんどで、ドライバのバージョンを以前のものに戻すことで改善するケースが多いようだ。

ただ、ブルースクリーンはディスクパーティションの仕様によって、生じるインストールトラブルもあるようで、対応不能とするケースもあるようだ。(新規で入れれば入るかも知れないが・・・そこには触れられていない)

後は、一部のアプリが消えた。スリープから復帰しなくなった。画面がちらつく(私のタブレットでも発生しています)、スリープ後に一部のアプリが終了(ハングアップ)している。後は、LTEなどのセルラー回線を付きの端末では、回線速度が150Mbpsで契約しているのに、劇的に落ちてしまう不具合も発生しているとか・・・

オーディオ系は、Creativeのサウンドチップも目出度く不具合が追加されたようだ。Dolby関連の追加拡張が効果を発揮しているのだろう。CreativeはDolby Liveなどをオプション(有料)でサポートしている製品もあるため、それらとの相性が悪いケースが見られるようだ。

これらの問題は全体の一部としているものの、これに填まると大変かもしれない。


−キーボードドライバ更新通知が何度もやってくる−

キーボードドライバの更新が何度もやってくるのは、言語設定に不明な言語設定が出来ているか、デバイスマネージャーのHIDデバイスなどに問題があるかもしれない。
画像



他に、イベントログにいくつかのエラーが上がるとか、設定の変更で治るものとは違うおかしな挙動もあるが、実害があるのか、無いのか、どういう条件なのかが見えていなかったり、小さなことなのでここで記載するのは保留(または予定無し)にしているものもいくつかある。







【送料無料】Microsoft(マイクロソフト) 【USBメモリ】 Windows 10 Home ANNIVERSARY UP KW9-00443 (32bit/64bit) (KW900443)
ソフマップ楽天市場店
Windows Ink でペンがより使いやすく、省電力化と拡張機能をサポートした Microsoft


楽天市場 by 【送料無料】Microsoft(マイクロソフト) 【USBメモリ】 Windows 10 Home ANNIVERSARY UP KW9-00443 (32bit/64bit) (KW900443) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows10 Creators Update 不具合対応情報、第二部 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる