なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 秀逸なフラッシュモブを作るのは、日本では難しい。

<<   作成日時 : 2017/03/08 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一時期、日本でフラッシュモブの話題が頻繁に取り上げられたことがあった。最近はあまり聞かなくなった。時より新規で上がっているようだが、質の高い物は減っているようにも見える。

なんとなく、気が向いたのでそんなフラッシュモブで秀逸なものを上げてみようと思う。基本は海外のものである。質の高い物は、オーケストラやオペラ歌手が絡む物が多いようだ。また、周りの人は最初、全くフラッシュモブだと気付かず、徐々に気が付き、立ち止まり大きくなっていく。この流れが、感動に繋がるのだろう。これは、一発勝負でやるには、なかなか難しい。

Som Sabadell flashmob - BANCO SABADELLはベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)のSinfonie Nr. 9 d-moll op. 125(交響曲第9番)を町中で突然演奏するフラッシュモブである。最初は、一人のコントラバス奏者の置いた帽子(ハット)にコインを入れて演奏をはじめるところから、始まる。挿入の演出が良く、閲覧数は世界のフラッシュモブの中でもトップクラスとなっている。ちなみに、日本でもこれをコピってタイトルを日本語化して稼いでいる人もいるようだ。




Christmas Food Court Flash Mob, Hallelujah Chorus - Must See!は、突然始まるフードコートで、ヘンデル(Georg Friedrich Händel)のMessiah(メサイア)が流れ、ハレルヤの合唱となっていく、面白いのは、歌う人が固まっていないこと、最初のスタートが携帯電話で電話をしていた人であるところだろう。これも高いアクセス率を誇っている。



Sound of Music | Central Station Antwerp (Belgium)は駅から始まるサウンドオブミュージックである。せわしく人が動き回る東京や大阪の都市部では出来ない駅という場での大規模なフラッシュモブである。これは、なかなか綺麗に纏まっている。最初が大人と子供から挿入する辺りが、ミソなのだろう。長くからあるフラッシュモブの一つである。



面白さは分からないけど、アクセス1億回のフラッシュモブ。
Spider-Man: Spider-Verse Flash Mob Prankはその名の通りスパイダーマンのフラッシュモブらしい。何が面白いのか全く分からないが、アクセス率が恐ろしく高い。水増しでもしたんじゃないかと言うほどに・・・・。まあ、スパイダーマンはアメリカンコミックであるため、米国ではこういう映像が好かれるのかも知れない。



日本のフラッシュモブは、良くて以下ぐらいだろうか?
大阪市音楽団によるフラッシュモブ(高画質)、(施設のみ許可を得て)非公式に突然出来る場所は日本では都市部ほど少ない。そして、田舎でやれば誰もいないだろう。だから、現実として海外のようにうまく溶け込んでは出来ないようだ。


日本のモブは、突然の路上や施設で演出というよりは、余興をやりますとしっかり準備をしているものや、演出に凝っておかしくなっているものも多い。また、芸術や感性から来る広告(オーケストラの知名度向上など)より最初から商業ありきのような面も見られる。
基本的に、フラッシュモブは通りすがりを装ってパフォーマンスをするのだが、何故か結婚式でサプライズを広告するCMだったり、最初から舞台があったり・・・・フラッシュというより、ただサプライズパーティーや、弾丸ツアーのようなものが上位に多いのだ。後は、海外の焼き直し(日本語版タイトル)である。
一部には、芸能人を使った番組ネタのようなものもあり、それが上にあると、JASRACの国だからかな〜などと思うのは、私だけなのだろうか?


プロポーズなどにしても、海外でフラッシュモブを使う物は、他とは違う凝った演出を自分で考えていたりするが、日本ではグループか企業が協賛しているものが多く見えるのも、冷める部分だろう。


サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 ブルーレイ(3枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 ブルーレイ(3枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヘンデル:オラトリオ「メサイア」
ユニバーサル ミュージック クラシック
2007-02-21
ショルティ(サー・ゲオルグ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘンデル:オラトリオ「メサイア」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秀逸なフラッシュモブを作るのは、日本では難しい。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる