なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 証人喚問というチャンスを生かせない野党、初動に失敗した与党

<<   作成日時 : 2017/03/23 13:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、籠池氏の証人喚問があったようだ。
この手の流れを見て思うのは、野党も与党も「同じ穴の狢」だなというだけだ。

与党の方が政権担当能力があると思っている人もいるだろうが、私は今回の流れを見る限りこれも「ない」と思っている。じゃあ野党はどうかというと、これほど世論とメディアがこの問題に注目してくれたのに、全く落とせない。メディアが出してくる新しいニュースを、毎回拾って、今では原点がなんなのか分からない。汚い発言をするとお前らどっちもバカだろうとしか言えない。

ちなみに、前者の自民や公明は、問題がなければ、最初から参考人招致に応じればよかったのだ。それをしなかったから、怪しまれ今こんな混沌になった。まあ、今の段階でインターネット上には、擁護派が多いが、多くの国民はたぶん何か後ろめたいことはあるよねと思っているはずだ。出てくれば、政権や官僚の一部等が落ちるような何かがある可能性は高い。民主主義政治の中で、与党内から強い批判も出ないのは、これまでの日本の政治ではなかった異常な状態だからだ。まあ、党内野党である派閥がないのも影響しているのだろう。

ただ、野党がそれを突き止められない上に、安倍首相を当初怒らせたような、うまい突きが出来ないからこんな状態になった。
野党は、そもそも籠池氏を信用しすぎだ。本来なら、単純に安倍総理が怒るような部分をひたすらねちねちやるしかなかった。その間に、与党の内部から離反者を探して、切り崩すしかなかったのだ。まあ、蓮舫体制では全面対決姿勢しか示していないので、切り崩しなど出来ないのだろうが・・・。

本当に、何で谷垣禎一議員は、この場にいないのかと思ってしまう。もし、いれば流れはもう少し違ったかも知れない。


個人的には、もう今後も議会が正常に機能することはないのだろうと思っている。
いや既に、私には不満しかない。防衛省幹部の証人喚問はいつするのだろうか?籠池氏をやるなら、これを野党が請求した方が、支持率は今なら上がるかも知れないと思うが・・・。

こうやって、失望を生み、最終的に少ない利権だけで動く支持者が、支える国になっていく可能性もある。そうなれば、今後、今回のこの件以上の、隠れ汚職や不祥事が広まるかも知れない。疑わしきは罰せずというが、これは司法の場合である。米国でも、似たようなことが起きているが、政治の場合は疑わしい場合は、たいてい辞職に追い込むのが民主主義であれば好ましい。

しかし、何か隠していると思われ、消極的な支持が集まる与党と、バカ丸出しの野党・・・この国は選ばれた政治家による民主統治ではなく、政治家というパフォーマーを養うために、税を納める国民一人一人の我慢で成り立っているのではないだろうか?






六法全書 平成29年版
有斐閣
2017-03-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 六法全書 平成29年版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ポケット六法 平成29年版
有斐閣
2016-09-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポケット六法 平成29年版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
証人喚問というチャンスを生かせない野党、初動に失敗した与党 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる