なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS アイ・オー、10万円を切る4K/60p対応の49型ディスプレイ

<<   作成日時 : 2017/02/01 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アイオーデータ機器が10万以下で4K液晶60p対応ディスプレイを発表した。製品パネルはADS LCDのようなので、BOE TECHNOLOGY GROUP CO .,LTD.の製品と思われる。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1041479.html


アイオーデータ機器は、三菱電機の画像処理エンジンを搭載した製品(AH-IPS、LG製パネル)を出していることで知られている。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/671180.html

しかし、最近はADS製品が増えているようだ。安価モデルの方が売れているのだろう。というか、最近はアイオーデータ機器の製品で何か買ったものがあるか?と聞かれると・・・ない。

昔、SEG CLIP(ワンセグチューナー)や、外付けHDD、PCIのビデオカードも格安で買ったことがあるが、今これという商品は無いなと思う。強いて言えば、上記の液晶ぐらいだろうか?

同様に、buffaloもこれという商品はない。店頭ではルータが並んでいるが、だいぶ必要な人には行き渡っているはずで、昔ほど成長していないように見える。(ちなみに、私はNEC派である。buffaloも使っていたことはあるが、当時はAtherosドライバとの相性が悪かった)

今、この2社のサイトを訪れて何が欲しいと言われると、
http://buffalo.jp/
http://www.iodata.jp/index.htm

悩む。

私が、一番アイオーデータの製品で気に入っていたのは、.net USBだったが周辺機器をあまり繋がなくなり、使わなくなった。今でも、製品は持っていて、Windows10上で使えるのだが、箱に仕舞ってある。考えてみると、PCの周辺機器を求めることは劇的に減った。今欲することがあるとすれば、何かが壊れた時にその買替えに後継品を探すぐらいである。
その後継品を探すにしても、実は昔使っていた製品が予備に使えるため、急がずゆっくり探せるという場合も多く、何よりアイオーデータなどのセカンドブランドを使うとは限らない。

そうしている間に、これらのサイトを参考に見ることも無くなった。

しかし、4Kディスプレイはそれほど需要があるのだろうか?LGの20型台の4Kが、3万円台であることを考えると、結構高い。まだ、使う気もない私には、よく分からないが・・・。ディスプレイの解像度があがり、それで編集する画像やデータの解像度が上がると、以前記事にもなっていたが、生体認証に必要な情報が漏れたりすることもあるわけで、綺麗だから何でも良いわけでもないというのも思う。

何より、今のテレビ番組がそうだが綺麗だけど、活かしていないコンテンツが増えている中で、果たして解像度が上がることがプラスなのかは、考えてしまう。

私的には解像度が上がるほど投資費用が掛かるとしたら、いっそ解像度を下げて、質の良いコンテンツのために、投資した方がよいと思うのである。ただ、そうなるとアイオーデータなど機器メーカーは苦しくなるのかな?

世の中難しい。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイ・オー、10万円を切る4K/60p対応の49型ディスプレイ なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる