なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 対馬で盗難の仏像、韓国の寺に所有権=裁判所が引き渡し命令・・・国なのか?

<<   作成日時 : 2017/01/26 13:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まあ、以前から韓国の司法はこういう判決が多いので、なるだろうとは思っていたが、やはりそうなった。
地方裁判所が、「14世紀に朝鮮半島などに出没していた海賊、倭寇によって略奪された」可能性を理由に、返還命令を出すという日本からすると、荒唐無稽な判決となった。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012600242&g=soc

韓国には時効もなければ、疑わしきは罰せずという発想もない。もっと言えば、一端返還してその後、政府を通じて返還してくれないかという協議をする発想もないのは、残念を通り越して呆れてしまう。

<可能性があれば裁く国>

何より凄いのは、○○が○○した可能性があったなら、それで容疑者が悪いというのは、民主的な法治国家と言うより、冤罪が恐ろしく蔓延しているかもしれない。これは、怖いことである。

もう一つ気になるのは、14世紀の話を、今に適用していることも凄いことだ。一体この国は、いつからいつまでの司法を司っているのだろうか?確かに、凶悪犯罪だと、時効がないものもあるが、基本的に被疑者がいない(死んでいる)状況の中、しかも被害者サイドも実際に被害を受けた当人ではないという状況で、数百年前の事柄を、裁判で決めることが、本当に荒唐無稽以外の何物でも無い。

まあ、14世紀から被害届が出ていたなら別だが・・・。

韓国との関係を取り繕う必要などもうないという人が出てくるのも、ある意味では当然かも知れない。


一般に、もしも返還を願う場合、こういうきわめて歴史的に古い物品は、まず元の場所に戻すのが妥当だ。その上で、元々あったという場所の人や韓国政府が、今所有している寺や国と協議した上で、交流を持ちこれなら返還しても仕方が無い。良いよねという関係性を築くべきだろう。その際に、相応に利益のある取り組みがあれば、場合によっては交流観光なども生まれるが・・・もうそれはなさそうだ。

目先の利益しか考えない、人たちばかりで日本との関係性は無くなった方がよい、ぐらいに思っている人が多いのだろう。


<間違いなく嫌韓と韓国離れは加速する>

今回の判決で間違いなく、日本人から見た韓国のイメージは悪化するだろう。天皇陛下に土下座(跪いて謝罪)をといった前大統領時代より、悪化するかもしれない。それぐらい、状況が悪いのに、韓国は司法も、市民も団体も、国も気が付いていないか、気が付いていても、最後には日本が折れるとでも思っているように見える。まあ、政府が韓国に対してより強く踏み込むかは分からない。本当ならやりたいだろうが、同盟の兼ね合いや中国にとっての日本と韓国の関係性を考えると、下手には動けないのである。

そこを旨く付かれているのだろう。良い迷惑である。

この先を考えると、状況が良くなる見込みは、当分ないだろう。韓国的には、日本が折れれば韓国の感情は良くなるのかも知れないが、日本が折れることはたぶんもう少なそうだ。
韓国政府が旨く改善のための施策を打っても、暫く日本国民から見た韓国のイメージは払拭できないだろう。これは、韓国における教育の賜物なのだろうか?日本が盗人だと思うほど嫌なら、「君の名は」などを見なきゃ良いのにと思うが・・・。そうすれば、経済などの関係も韓国には向かわず冷え込むのだから・・・。

日本の企業も、韓国にいくら商機があっても、暫くは投資を控えて欲しいと本当に思ってしまう。こう考えるのは決して良いことではないが、これが日本にとって、日本が本当に韓国に嫌悪を抱いていて、関係性が大きく壊れる可能性があることを伝える最後のチャンスかもしれないのだから・・・。


新・韓国現代史 (岩波新書)
岩波書店
文 京洙

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新・韓国現代史 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
対馬で盗難の仏像、韓国の寺に所有権=裁判所が引き渡し命令・・・国なのか? なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる