なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS カオスサーガが1日でサービス終了・・・神の血が救う前に、世のルールで閉じた世界

<<   作成日時 : 2016/11/16 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲームそのものにあまり興味が無いので、ゲームネタはあまりやらないのだが・・・これはちょっと珍しいので書きたくなった。既に、いくつかのゲーム関連サイトやPC関連サイトで話題となっているちょっとしたニュースである。

DMMゲームの”カオスサーガ”というオンラインゲームが、開始1日でサービスを終了したというものだ。どうもキャラクターまたは世界観のどこかで他社のゲームからの盗用があったのではないかと見られているが・・・定かではない。
ちなみに、ゲームのサブタイトルは、「神の血よ...世界を救え」というものだったが、神の血が世界を救う前に、リアルな法的ライセンス問題がたった数十時間で世界を終わらせるという何とも、ファンタジーなゲーム世界とはかけ離れた大人の事情で終わったというのは・・・なかなか端から見るとネタとして、弄りやすいものになってしまった。



これが、来年の3月31日スタートぐらいだったら、4月1日に終わるとDMMもエープリルフールに、金かけたな〜ともっと世界からも注目されそうだ。また、11月1日に終了なら、いわゆるハロウィーンの仮装をして翌日に終わった的な雰囲気も出せるだろうが、タイミングはあまりよろしくない。やるなら、もうちょっと、何か時候のネタになるタイミングの方がもうちょっと面白く出来ただろう。DMM側としてはネタにするつもりはなかったのだと思うが・・・。たった1日という潔さにはすがすがしさを感じるが、一方でクローズドテストやベータテストしたんだよね?というも気にはなる。
http://www.4gamer.net/games/360/G036085/20161116048/
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/16/news114.html
http://cos-dmm.brabragames.jp/?mode=main

まあ、公式のTwitterなどもあったようで、そこに公式から面白コメントが出るかどうかに、注目しているメディアもいるようだ。どうも過去に、DMMゲームのタイトルで終了したゲーム(後継作品で復活したようだ)が、そういう裏事情をネタにしていたようで・・・。この機会にちょっと自虐ネタでも飛ばせば、他のDMMゲームに人がやってくるかも知れない。私のように日頃はゲームをしない見ないという人でも、取り上げることはあるわけで、そういう点ではプロジェクト終了のカオス(混沌、混乱)をサーガ(散文学)のように発信すると、喜ばれるかも知れない。

ただ、あまりこういうことが続くと、流石にこのやり方はどうなのと言う人も出てきそうだが・・・。DMMのことだから・・・よほどゲームシステムそのものがぱくりでどうしようもないなら別だが、半年〜1年ぐらい経過した後にタイトルを変えてカムバックしてくるような気がする。


この手のゲームは、ある程度初期の評判や前評判がなければ成り立たない。
そのため、スタートして利用してくれる人が少なければ、さっさと終わってしまうこともある。逆に言えば、スタートして諸事情で閉鎖を短時間で行い。それが記事になれば、次回作に興味を持ってくれる人は出てきそうだ。最近は、別に詐欺というわけではないが、ネタとして終わる終わるといって終わらない。閉店といってすぐに開店するといったことが、話題になるが・・・予想以上に売れていないとかそういう理由で、さっさと閉鎖して、そしたらメディアが取り上げるだろうというやり方だったなら、ある意味では策士である。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カオスサーガが1日でサービス終了・・・神の血が救う前に、世のルールで閉じた世界 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる