なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 小池氏「辞退」発言、埼玉知事「勘違い」と反発・・・方向性がおかしくないか?

<<   作成日時 : 2016/10/15 12:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

正直、東京ネタが多いのは、私としては不本意なのだが・・・東京ネタでも、表面の話で馬鹿みたいに揚げ足を取り合っている政治家とメディアというのは、見ていてあきれる。日本人は、この批判の仕方を、もっともだと思っているのだろうか?だとしたら、この国は本当に先がなくなりそうだ・・・。

<そもそもの発端は・・・>

都知事がアスリートファーストという言葉を使ったことで、ボート施設の見直しなどについて、メディアはこれは何ファーストですかと質問したというニュースも見たが・・・何だろうな?と思う。小池氏の顔がこの記者は、何を質問しているのだろうか?(ちょっと小馬鹿にしたような感じ)の顔に一瞬なったように思ったのは、私だけではないだろうし、そもそもその質問をニュースにする必要があったのか?テレビ局は有名大卒が多いはずだが、学歴って何だろなと思う。「全部です」と言われるのは当然だろう。

報道は、場所選定ばかりを言っているが、そもそもの発端は、政治行政と金の動き、決定の過程に関する問題である。要は、建設の理由がはっきりしない施設を作っている。金額は高い。談合や汚職があったのではと思われるような計画が、今になって発覚し、それを見直すことにしたのが、小池知事である。

そして、これは東京都が誘致したオリンピックであるため、国が全部金を出すわけにはいかない。東京都として金を精査し、見直そうとしているわけだ。その中で、本来アスリートファーストを掲げるべきは、東京都よりも、選手を抱える各競技団体のはずだった。ただ、それがうまくいっていないから、東京都もアスリートを大事に考えていますとして、アスリートファーストと知事は言ったのだろう。ただ、予算の方が都民が重視している部分であったのは間違いない。尚、競技団体は利権にまみれていた可能性があり、選手は新設する競技会場より他が良いと今になって漏れ始めたのは、誰のせいで、誰を追求すべきか?選手も考えるべきだろう。

ボートに至っては、一番良いのが埼玉と言われるようになったが・・・そもそも、この埼玉の会場は、国交省の管轄であり、場合によっては国税で周辺だけではなく、全部を整備することになる恐れがあり、厳しいという話もあった。また、当該の場所は、水害などの調整池であるため調整池としての機能を損なわないように、運用しなければ、水害などを、下流の東京都や埼玉周辺に広げる恐れもあることは、想定しなければいけない。だから基本的には外したとされる。

結果、知事は軽く打診して辞退したと考えていた可能性が高い。そもそも、国交省を説得するのは、埼玉県知事の仕事だ。打診された段階で、国交省を今説得していますと言ったなら、別だが、それを言っていないなら埼玉開催は出来ないだろう。時間もないのだから・・・。

何より問題なのは、メディアはまるでこれを選手が望んでいるから、我々は代わりにそれを伝えているかのようなやり方をしているが、そもそも選手が本当にそこでやりたいと願うなら、その団体に対して、選手自身が改革を申し出ること。団体のトップを引きずり下ろして、団体の風通しを変えるように働きかけることが本来やるべきことだ。
メディアも本当なら、その後押しをすべきである。なぜ、選手が望んだ場所での開催が、決まらなかったのか?なぜ、未だに選手が望んでいない場所を、団体のトップは望むのか?

その方が、実は小池氏などが示した問題の根幹であり、それを政治担当者や社会面の担当者が、引っぺがすことで、真の改革が起きるのである。最近思うのは、表面的に流れを変えれば社会が変わるような雰囲気があることだ。それは、本当に悪事を犯している人を、見逃し同じ場所にずっととどまらせてしまう原因になることを、メディアは忘れたのだろうか?

それをして初めて、アスリートファーストは結実するが、どうもメディアが勝手に調べて、その結果ここが一番らしいよが、正しいというとらえ方になっているのは、確かに楽で分かり易いが、解決には至らない。今後も、ゴミのような箱物が計画され、後になって見つかったら変更、見つからなければ税金をただ投じるゴミばこになる。そうなっていくことを、これは示している。

確かに、会場の選定は重要だが、今回の場合は都の開催であるため、都知事と議会が中心となって、一番良い場所に打診することになる。そのため、埼玉県は勘違いなどというべきではなく、本当にする気があるなら、「国土交通省のご理解をいただければ」ではなく、「国交省を我々が説得し、少なくとも会場整備費の半数以上は埼玉県の予算で準備する用意がある」といったプレゼンをしなければいけない。
それが出たときに、初めてこれはニュースとなるべきである。今は、まだ早い。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161015-OYT1T50013.html?from=ytop_main4


最近、悪いのはあいつだという政治家が増えている原因はこれだろうか?だから、まともな政治家が馬鹿を見るのかもしれない。ちなみに、開催場所が少し離れた場合、日本政府という立場で言えば、たぶんうれしい話になるはずだ。政府がそこまで試算するかどうかはわからないが、東京にまず集まり、分散して他の開催地に行ってくれれば、それなりに移動コストが生じて、お金が落ちる。GDPの0.001%でも増えれば、今の日本国にとっては小さいながらも、馬鹿にならない。また、地方の会場をテレビなどで見て、そこに征こうという人も出てくるかもしれない。

コンパクト開催は選手的には確かに楽だが・・・経済的には、局所集中となり、恩恵は減る。また、混雑率が増加し、ついでの観光が減る場合もある。一方で、広域開催は選手は移動に少し時間を掛けることになるが、本拠と試合会場の間での移動が生まれたり、試合を見に行く人が分散するため、混雑率が減少し、相対的に見ると全体の経済効果が大きくなることがある。

まあ、IOC次第だが最終的にIOCと調整するのは、都知事になるだろうから、周りがそれにのりたいなら、まずは東京にアピールし、東京に負担がない手段を提案するしかないのである。

<報道とエンタメを混ぜすぎ>

はっきりいって、これはスキャンダルでも何でもない。言った言わない問題に近い話であり、政治でも何でもない。正直、小学生や幼稚園児の表層のけんかきっかけぐらいのネタを、わざわざニュースにしたのだ。

一般に、政治や経済を踏まえて、これからの社会のために、アスリートのためにと考えるということは、アスリートが今どこで何をしたいかではなく、コスト、環境、将来性、そして誰がお金を出すのかという3点を、確実に固めて、それに基づいて、4年を切ったオリンピックまでに、過不足なく準備が出来るかどうかの話である。そこに、可能な限りアスリートにとっても良い部分を入れる訳だ。

そして、政治や金という点で、アスリートは実はこっちじゃなくあっちが良いと言っていたというなら、追求すべきはその選手団体のトップで、それを執行してきた人である。選手団体はまず、自分はあれが良かったではなく、その選手団体のトップに対して、なぜこんな状況になっているのか?説明を求め、出来ないならなら辞任や解任(または追放)を要求するぐらいして、風通しを変えるべきだろう。メディアが勝手に拾って動いてくれるからじゃだめなのだ。ちゃんとやりたい場所があるなら、単に強化トレーニングしてればOKではなく、自らここでやりたかったのに、なぜこうなっているのかと聞くべきだ。

そこまでやったときに不正や汚職はなくなっていく。本当は、それを当事者(被害者)などとともに、追求するのが報道の仕事である。しかし、今やっているのは、ワンフレーズを引っ張り出して、あっちだこっちだという・・・芸人のちゃかしのような報道である。
これでも、とりあえず施設は出来るだろうが・・・まあ、後で何かしたらの後悔をする可能性は高い。


日本の報道や、社会の人々はこれを見て、どう思っているのかわからないが・・・少なくとも、どちらかを批判するのだろう。私は、どちらかというと、これが報道する話ではないと感じる。メディアで報道する前に、当人同士で足りなかった部分を話し合えば良い。プレゼンがしたいなら、勘違いという前に、プレゼンを打診し、国交省と交渉すればそれはニュースになるだろう。ちなみに、現段階でアスリートファーストは、団体が望む東京の施設建設などになる。メディアが調査したアスリートファーストの場所は、それにならない。

築地の場合は、当初から問題視する事業者がたくさんいて、行動もしていたが・・・今回の場合は、それはほとんどなかった。団体に属している選手は、トレーニングをしてメディアに情報を流せばOKではない。本当に、アスリートファーストを正しいものに変えてほしいと思うなら、団体に対して、経緯の説明などを求めて、方向を変えるように働きかけることも必要だろう。それを伝えることが、メディアの使命である。今メディアがやっているのは指迷(勝手に自分でこうだと調べて指して迷う)だろう。


最高のオリンピックを目指してというが、やっている過程は、最高を目指しているというより、混ぜ繰り返してぎりぎりまで揉めて、これしかなかったになりそうなお寒い予感がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小池氏「辞退」発言、埼玉知事「勘違い」と反発・・・方向性がおかしくないか? なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる