なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS SoundFontが使えるISAサウンドカード・・・PC-9801-86

<<   作成日時 : 2016/09/29 10:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

PC Watchの記事を読んでいてPC-9801-86(←NEC 121wareの商品情報に飛びます)という文字列に目がいってしまった。当時は、NECのPC98を使っていたが、FM音源6和音、SSG音源3和音、リズム6和音、PCM音源1音という仕様は、すごいものだった。ちなみに、今のようにPCIスロットを使う製品ではなく、汎用拡張スロット(通称Cバス)を利用するカードである。尚、Windowsなどでの割り込み設定(Plug And Playには対応していない)は手動である。

今考えてみると、携帯電話のようにパソコンも当時は音源が進化を始めている頃だったのだと思う。


ちなみに、121wareでは当時の製品型番を知っていれば、以下のように商品の価格なども知ることができる。
256KBの増設RAMボードが定価39000円だった時代もあったのだ。
http://121ware.com/support/product/data/spec/bod/a146-1.html

専用高解像度ディスプレイがこんな価格なのに、こんな解像度だったり・・・。ちなみにこれは使っていた。
http://121ware.com/support/product/data/spec/dsp/d078-1.html

また、OSなどのディスク媒体やオプションもあるようだ。
http://121ware.com/support/product/data/spec/sft/sw047-1.html

しかし、昔はこのオプションカードやOS、ソフトで一財を築ける時代(会社を興せる)だったのだと改めて感じる。まあ、パソコンを当時買っていなかった人から見れば、よくわからないかも知れないが、30代ぐらいなら、サウンドカードという目線で見ると、和音の数が増えていく時代・・・だから先に述べたように携帯の歴史のようなものだ。

今では、たとえばサウンドカード(FM音源、SSG音源、MIDI音源)をならす機能は、PCのマザーボード上に搭載されている一つのチップである。当時の86ボードやSoundBlaster以上(DLS対応)の音源を持っている。PCM音源のオーディオはタブレットなどを一部を除けば、HD Audioに紛いなりにも対応する。

ソフトも今は無料が多く、個人でも作れる一方で、売れる商品にするには、個性が大事だ。ブロック崩しを有料で売っって儲けるのは楽ではないだろう。それだけ、コンピュータは進化したともいえるが、完成されてしまい淘汰されてきたともいえる。近年はこれからは、IoTだとか、AIだとかいうが、個人的には昔のようにこの産業が多くの企業に多くのチャンスを与えることはもうないのかもしれないと感じる。

あくまで、AIなどはすべてこれまでに育てたハードウェアやソフトウェアの延長線上にしかなく、全く新しいものではないからだ。コンピュータに対するロマンも昔とは変わったなと思うのである。


まあ、これは決して悪い話ではなく、むしろコンピュータのように長く発展する拡張性のある製品を今からでも、生み出せば、30年ぐらいは裾野と新技術が伸びることを示している。それをもしも見つけ出すことができれば、あなたは後の世に、名を残せるかも知れない。

ちなみに、80年代か90年代に百数十万ぐらいした3次元グラフィックス装置(ユニット)などの商品もあったはずだが、型番は覚えていえないので、調べようがない。今度ゆっくり調べてみようと思う。



機種が検索できる点で121wareは他社とは違う。ちなみに、他の企業は保守を終えると、こういうデータベースの中身もすべてクリアしてしまう。特にF社のVシリーズになる前の、革命や町シリーズは・・・消えていったのをよく覚えている。ちなみに、今も続くVシリーズを、私的に日本語にするとVGAではなくいろいろな意味で犠牲者(Victim)である。
今ではNECの一般向けPCは、レノボグループの一員だが、こういう保守情報の継続性は今でも素晴らしいと思う。
今後も、こうであってほしいし、こうであるからこそ今でも国内最大手を貫けるのであろう。IBMの時もそうだがLenovoは本当に良い企業と提携し、市場を取ったものだと感心する。この選択こそが一流なのだろう。ちなみに、NECはパッカードベルで失敗した。あれが当時は成長途上のDellや世界トップを取る前のCompaqだったなら・・・などと思ったことは何度もある。
http://121ware.com/support/product/data/spec/bod/a180-1.html
http://121ware.com/support/product/data/spec/bod/a338-1.html








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SoundFontが使えるISAサウンドカード・・・PC-9801-86 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる