なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS iPhone 7に早くも脆弱性が見つかる・・・何が脆弱なのか?モノの大切を知らない愚かさ。

<<   作成日時 : 2016/09/19 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初の数文字を見て本当に見つかったのかと思ってしまった。後ろまで読むと、プレス機に掛けてだったが・・・何とも中身のない酷い内容だった。年々、やっていることの中身がないものを、探してきているように見えるのは、気のせいだろうか?

IT Mediaがサブカルチャー記事として載せている話だが、iPhone7をプレス機に掛けて、脆弱性だというニュースを流している。こういうのは、GalaxyやXperiaなどでもやられているが・・・もう、古くて使わなくなった物を、最終的にリサイクルする前提で破壊するならまあまだ許せるが、未使用で一般の人がそれに巻き込まれることはほぼないであろう内容というのは・・・。笑えない。


そして、脆弱性と書いているがこれは、脆弱性ではない。そもそも、こういう負荷重量に関する脆弱というのは、軀体(くたい/筐体・きょうたい)の設計における欠陥を示すものであり、100kgの重さに耐えられる設計のものが、何らかの原因で50kgで壊れるといった場合を示す。例えば、製造時に金属やガラスにヒビが入っているとか、一定の温度(ハードが安全としている温度内で決まった温度以上や以下)にすると金属やプラスチックが壊れやすくなるといった理由があり、想定した圧力より早く壊れる場合に、脆弱となり、それがリコールに繋がることもある。

重量を点や面の大きさに対して示して、どのぐらいで壊れるかを実験したなら、まだそれだけの耐荷重に耐えられるという役に立つ情報だが、ただプレス機で潰しました。ぺしゃんこになりました。面白いでしょう・・・というのは、どうだろう。少なくとも、日本人にはあまり共感して欲しくない話である。昔は、これを同様にやっても、圧力計算機能付きの製品を使うことが多く、脆弱性といっても、どのぐらいの負荷で壊れていたかの数字も出していたと思うが・・・。


これは、脆弱では無くただの破壊である。まあ、考えなければ、面白記事なのかもしれないが・・・まるで昔のやんちゃな高校生が、破壊衝動に駆られてやるような行為をネットメディアが取り上げている・・・程度なのが・・・空しさを感じる。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/17/news046.html


私には、ただ物を過剰な装置で破壊して、そのデータも十分にないなら、面白いとは思わない。それは、条件を持たないからだ。スポーツだって、ルールはある。脆弱性ということを協調するなら、少なくともどのぐらいで壊れたか?比較する商品を決めて(別にスマホで無くても良い)、それに対してこっちが先に壊れたというなら、まあまだ比較が出来る分、荒唐無稽でも多少は役立つかも知れない。(それでも、私は破壊検査なら、前の機種や今の機種、他社の製品と比較するか、1平方センチで与えた重量を示すべきだと思うが・・・)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
iPhone 7に早くも脆弱性が見つかる・・・何が脆弱なのか?モノの大切を知らない愚かさ。 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる