なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊洲市場の建物下、都が地下空間の危険性把握・・・いつまで続くのか?

<<   作成日時 : 2016/09/14 09:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

5000億円を掛けて、作られているものがメディアのネタになり、メディアの広告収入という点では、数億円以上の価値があったということになるだろう。これが何年も続けば、民間の情報メディア的には、100億ぐらいの経済効果があるかもしれない。5000億はちょっと難しいだろうが・・・。ある意味、東京都は5000億円のハコモノを作って、新しいタイプの、公共事業を提案したのかもしれない。都が悪になるような結果を導き、マスコミがたたき、それにスポンサーが付くことで、経済を動かそうという・・・。上層部にMな人がいるのだろう。


冗談はさておき、これから問題がまだ広がる可能性がある部分を書いておくと次のようになる。

1つは、某自民党都議が激怒したというニュースや、築地市場協会のトップも激怒という話である。これは、一般人から見て、怪しすぎる。
普通は表でキレたりしない。当然、補償の問題などはあるので、裏で強く出ることはあるだろうが・・・あれだけ、推進してきた訳だから、自分達は可能な限りの確認をしているはずだ。耐荷重問題などもあり、それでも強引に進めてきた人たちが、何故今キレているのか私には、その神経が分からない。まるで某アジアの大国のように、推進派の中で「自分は悪くありませんよ」とアピールしているように見えてくる。まあ、初回はそれでも良いが、ずっとキレっぱなしだったり、そもそも率先して進めるポジションの人が、あれだと・・・。これは何かあると思うのが普通だろう。
この人たちもしっかり絞り上げた方が良いのではと思う次第だ。都民や、メディアはお優しいので、心で思っていても言わないだろうが・・・。

特に、築地市場協会の会長は怒る暇があるなら、まずは現状の確認と、損害額の把握に努め、それらを全て対処した後にまとめて意見書を上げるのが妥当だ。本当にトップとして、推進してきて騙されたと思うなら、他に付いてきた人や反対していた人に対して、面目が立たない。ただ怒って当たり散らしている余裕など今はないはずだが・・・これらを終わらせたら、責任を取って退場すれば、この人は苦労人だったのだなと私は思うだろう。しかし、現状は、こいつはなんか知っているか、ただの小物が大物の振りをしているように見える。こういう人が、東京都関連の役員や議員には多いのだろうか?まあ、これだけ文句が言える人は、少なくとも証拠はないと自信があるのだろう。(自信がなくて虚勢ならそれこそ、本当にどうしようもない人。)しかし、言えば言うほど、器の小ささが見えてくる。一度、自分の映った映像や記事を見て、今すべきことを考えるべきだと思うが・・・。どうせ、文句を言っても、まだまだ時間は掛かるのだから・・・。


2つ目は、都議会民主党が昨日地下に入ったらしい。匂いはなかったというが、青果市場の下は3cmの水が溜まっていたという。9月7日頃に、共産党都議団が入ったときには、1〜2cmぐらいまであり、匂いがあったという話もメディアのニュースでは流れていたが・・・。何故匂いが無くなり、共産党が嘘を言っていないなら、たった数日で誤差はあるかもしれないが、1cmも水かさが増えた可能性がある訳だ。話によると雨水かも知れないとか・・・そうなると、遮水が出来ていないことを意味する。ほぼ建屋は完成しているはずで、その状態で雨水が地下に入るというのは、工事会社がどんな工事をしたのか・・・。これは、建設会社に説明を求めた方がよいだろう。都の職員は抜きにして。
これは、なんとなく証拠隠滅をされているのではないだろうかと私は思っている。実は昨日これを書くつもりだった。今の東京都の職員は全国の公務員でも最悪レベルの集まりだと私は思っている。議員の現場の立ち入りを許さないとか・・・普通はしないことだ。それをやっているということは、予め最悪の状態を隠している可能性も否定は出来ない。


3つ目は、豊洲に限らずオリンピックの開催場所なども、こういう問題が出てきそうだということ。さらに、都が作るインフラなどでも、こういう問題がこれから出てくれば、4年間ずっとこういう問題が続くかもしれないということだ。こうなると、都政は停滞どころではない。そもそも、今が退化と同じ状況なのだから・・・しばらくは、適正な状態に戻るまで基盤の教育から行う必要が出てくるのだ。すると、上手に回せるようになるまで時間が掛かる恐れがあり、都民がしびれを切らして支持率が低下する可能性もゼロではない。そこが気になる部分ではある。

このところ、小池氏の政治と金問題が時より出てくる。これが全くプラスにならず、むしろ小池氏を潰さないと、こういう利権が全て明るみにでて困るからとみられるのは、それだけ大きなものを引き出した実績があるからだ。ここで、こういう話を週刊誌が出すというのは、普通の週刊誌なら悪手になることは目に見えている。

こういうのは、相手が弱ったときに出してこそ、効果があるのだから、何故今出したのか?どういう意図なのか気がかりな一方で、そういう情報が流れる状況をみると、本当に膿を全て出し切るなら、1期4年の最低半分程度は停滞する覚悟(今までは都民が知らないだけで、マイナスに進んでいた)が都民に必要となるかもしれない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160913-00512412-shincho-pol


しかし、そろそろ豊洲地下ネタも切れつつあるように見える。
次に動くのは、構造計算でも偽装していれば別だが、たぶんそれは無いと思うので・・・環境汚染検査をした後か?それとも、別の施設に飛び火した時か?それとも、議会が始まってからになりそうだ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160914-OYT1T50011.html?from=ytop_top
http://www.hochi.co.jp/topics/20160913-OHT1T50088.html
http://mainichi.jp/articles/20160911/k00/00m/040/106000c

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊洲市場の建物下、都が地下空間の危険性把握・・・いつまで続くのか? なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる