なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩手・北海道で氾濫・浸水相次ぐ 11人死亡1人不明

<<   作成日時 : 2016/08/31 12:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日台風10号は、東北に上陸し強い勢力で通過したが、被害はやはり大きかったようだ。11人が死亡、1名が行方不明と朝日新聞が伝えている。
http://www.asahi.com/articles/ASJ8035RPJ80UTIL00N.html?iref=comtop_8_01

しかも、今朝までは被害情報が流れていなかった地域で、多くの被害が今見つかっている現実は、その被害が広範囲だったことを示す。これは、台風の速度が予想より、比較的遅く(当初は昼過ぎには東北に上陸するはずだった)海を進時間が長かったことも影響しているのだろう。

浸水被害は、岩手の岩泉町のグループホームで9人が死亡、ほとんどが泥に埋もれていたようだ。


周囲には、ホームセンターや練習球場、道の駅もあるが・・・夜間の浸水だと、担当者は少なく対応できなかったことだろう。まあ、以前、山口県で川の氾濫により流されたことがあったが、スタッフが多く居たことで、被害を最小に止めたということがあった。災害の前には、こういう万が一の時のための、スタッフ常備人数も増やしておく必要も今後は出てくるのかも知れない。

災害が増えると、川沿いや山沿いにある施設は、一歩間違えれば、多くの死者を出してしまう。しかし、夜間だとなかなか手は回せないのが現状かもしれない。こういう被害を減らすには、2階など高所があるなら、予めそこに避難させることぐらいしか対処がないのが辛いところである。

今後もこういうことが起きる可能性を考えると、施設は夜間も含めた避難指針も厳格に定める必要が出てくるかも知れない。


<今年は最悪かも・・・>

春先〜梅雨には、熊本と大雨で九州で冠水、地割れ、倒壊などが相次いだ。梅雨時期に雨が降らず、関東地方では、本来水稲が育つ時期に水が足りないという事態も起きた。今もその影響はあると思われる。それに加えて、関東は8月において、天候不順気味で、ゲリラ豪雨が相次いでいた。

夏の7月〜8月は、西日本で観測史上では最高になるほどの日照りが続き、高温注意情報が連日相次いだ。これで、植物の日焼けによる夏枯れも多く発生し、ミカンなどこれから育つ植物が、水分不足で焼ける被害も出ている。


これに、北海道の豪雨被害(8月中旬以降)、東北の台風被害(昨日)が加わると、作物被害による農林水産資源の損失は、膨大になることが予想される。

ちなみに、今日はまだ8月31日である。一般的な台風シーズンは、9月〜10月である。そう考えると、これから被害が出る可能性もある訳で、秋雨なども考えると、今年は非常に災害に見舞われる年になるかもしれない。
これ以上の被害が起きる災害はやってきて欲しくない。一方で、西日本では台風の影響を受けた気圧の谷のお陰で、この数日は多少温度が下がったが・・・それでも、まだ足りない地域もある。

本来なら、もう少ししとしとと降って欲しい雨が、豪雨で降ってすぐに収まるため、結果的に足りなくなるのである。これを、改善するには台風が必要になるという場所もあり、難しい。


<海水温が高いため西日本でも来れば大型の台風>

怖いのは海水温が高いことによる台風の大型化である。猛烈な台風でもやってくれば、結果的に秋の実りを根こそぎ奪うこともあり、これからその季節である。
これが、現実にならないことを祈ると共に、大災害が起きるリスクがどこでもあることを、今後は視野に入れて、早めの避難をすること、各戸や施設でどういう条件でどこに避難するかを決めておく必要もあるかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩手・北海道で氾濫・浸水相次ぐ 11人死亡1人不明 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる