なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国公船が過去最高の13隻に、尖閣周辺を航行・・・2004年なら

<<   作成日時 : 2016/08/08 06:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

領海への侵入なら、海上警備行動を行うべきだと思うが・・・。2004年の潜水艦の侵入時にはやったことも、今の政権では出来ないというのが、腹立たしいところである。ガス田にレーダーまで作られてしまい。さらに艦船(軍艦)による接近が増える中で、言葉だけで苦情を言い続けるのは限界があるだろう。

戦闘状態にする必要はないが、これ以上踏み込んだら、危険であることは行動で示すべきだと思うが・・・何故やらないのだろうか?
http://jp.reuters.com/article/radar-unit-idJPKCN10I08V


<中国の現状は悪いが・・・誰も止められない>

しかし、このところの対外的な中国の動きを見ると、人民解放軍を政権がはけ口に使っているという見方と、政府が軍を十分に掌握でき無くなりつつあるという点の両方の可能性を示唆しつつある。要は、はけ口として使っている結果、彼らのポジションが高まり、過剰に動くようになる。ただ、内政が決して安定しているとは言えないため、それを政府は強く抑えることが出来ない。

結果的に、対外戦略で世界に批判される状況に陥る。地方政府の債務状況記事もあるが、こういう話がくすぶっては火消しが行われる。世界経済がまだ強ければ、中国の今の状況を決して容認しないだろうが、現状では世界経済が衰退傾向または低成長傾向であるため、偽装、ゾンビが存在していようが中国に頼るしかないという状況も見え隠れする。これが、増長を産む。
http://jp.reuters.com/article/china-robot-idJPKCN10G0Z6


こういう状況は、中国に限らず多くの部分、国家に対してある。
たった10年も前まで、世界秩序に反する国家は、経済制裁もしていたが、今やロシアより秩序がない国家が、No.2にいるのだから・・・。国連も機能が徐々に低下しており、この世界協調の勢いが低下していけば、紛争や戦争が再び散発的または全体的に増えていくかもしれない。

哀しいことだが、現実は上手くいかないものである。


三菱ゴールドバー 20g 三菱マテリアル発行 24金
三菱マテリアル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三菱ゴールドバー 20g 三菱マテリアル発行 24金 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国公船が過去最高の13隻に、尖閣周辺を航行・・・2004年なら なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる