なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS Wi-Fi allianceが第2世代802.11ac「Wave 2」の必要性を説いたらしい?

<<   作成日時 : 2016/07/28 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が待っているのは、IEEE802.11acではなくIEEE802.11ad(通称/WiGig)である。だから、adの話が出るかと一瞬思ったが、IEEE802.11acの話だけだった。そもそも、Wave 1と2は、Wi-Fi allianceの中での仕様であり、IEEE802.11acの中に規格として分離した要素があるわけではない。あくまで、Wi-Fi allianceが機器認証する過程において便宜上MU-MIMO対応の部分をWave 2に分けただけだ。

そのため、今更これの必要性を説かれたところで、微妙である。新しい無線親機を買いたいので、WiGigが登場するのを、私としては首を長ーくしてまっているのだから・・・。尚、親機は既に、NECなどの上位製品がMU-MIMOなどの技術を先行して(Wave 2ドラフト仕様)で取り入れており、今更な規格である。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1012423.html

スマホも、Wave 2のMU-MIMO対応は、まだ少ないと言うが、Snapdragon 810に使われるGobi系(MDM9x)のモデムプロセッサは、MU-MIMO対応である。820も同様である。ただし、これらは一部プログラマブルな部分があり、有効にすることが可能かどうかは、スマートフォンの製造元の判断に委ねられる。尚、Xperia Z5はMU-MIMOに対応しているはずだ。日本向けは知らないが・・・。

このように考えると、必要性を説く時期でもないと思う。尚唯一価値があるとすれば、160MHzチャンネルボンディングかもしれないが、日本の場合は住宅密集地が多いので、普及が進めば凄まじいレベルで輻輳(ふくそう、電波が重なって打ちけし合うこと)が起きることも危惧される。
http://powerpro.at.webry.info/201506/article_1.html

まあ、規格の幅が広がるのは良いが、帯域が広がれば、輻輳も多くなる。日本など人口が都市部に集中している地域の場合は、お隣も近所もこれを導入しはじめると、突然遅くなることも間々あるので気をつけなければいけないだろう。

<WiGigはまだか?>

個人的にはそれより何より、WiGigを待っている。Wave2対応の製品より、WiGig対応製品が出てくれた方が、私としては価値があると思っている。何せ私の場合は、見通し距離内に無線親機を設置するのだから、WiGigが干渉も少なく距離も短く一番良いのだ。何せ、我が家の周りには、シグナルは弱いが、沢山の無線がひしめき合っているのだから・・・。

画像



尚、Wave 2の一部を先取りしたルータ製品が欲しいなら、下の製品を買えば対応(予定含む)している。











NEC PA-WG2600HP Aterm WG2600HP 無線LANルーター IEEE802.11ac/n/a/g/b
ECカレント
↑↑↑正確な在庫状況は上記バナー「送料・在庫状況を確認する」をクリックして頂き、必ずご確認ください。


楽天市場 by NEC PA-WG2600HP Aterm WG2600HP 無線LANルーター IEEE802.11ac/n/a/g/b の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Wi-Fi allianceが第2世代802.11ac「Wave 2」の必要性を説いたらしい? なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる