なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Windows 10無料移行」を拒んだ人が悔しがる“根拠”・・・根拠がびっくり

<<   作成日時 : 2016/07/14 09:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

最近のIT Mediaはタイトル飛ばしが増えたような気がするのだが・・・。

これは、私自身がちょっと前の記事で調べて(後述)いたから気がついたのだが・・・。

根拠が薄いというか、スライスが拙い。


まず、前提条件として、根拠というには、それなりにOSとしての価値を示さねばならない。ユーザーが増えているというのは、その根拠にはならず、あくまでみんなが使っているというだけになる。使わない人がいるのは、使わない理由があるのであって、その人達を移行させたいならその理由に対する対策がどこまで出来るかを伝えた上で、良さをアピールする必要がある。
無料移行を拒む人は、必要なら買い替える覚悟もしているだろう。

みんなが移行しているから、移行しない奴は悔しがるだろうと、それは根拠ではない。むしろその発想に”残念賞”である。というだけで終わるのが普通だが、これには先がある。出ているマーケットシェアが問題なのだ。
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1607/14/news03.html


ちなみに、マーケットシェアは、5月が48.57%がWindows7のシェアであり、Windows10は17.43%であった。6月は49.05%対19.14%である。確かに、Windows10の伸び率は7を上回っているが、6月は5月に比べてWindows7もシェアが伸びている。一方で、8と8.1やXPが減っている。要は、Windows7ユーザーは一度Windows10にしたが、使いたいソフトが使えないなどの理由で、Windows 7に戻したユーザーがいる可能性がある。これは、4月(April)まで戻れば分かるが、確実に7のシェアは復活している。7からの移行は、性能やアプリケーション、ドライバ面で弊害が多く、かなりハードルが高いのかもしれないという予測が出来る。Win7ユーザーは、今後を見据えた上で、Windows10への買い換えを検討する人の方が多いかも知れないと見ることが出来るだろう。

まあ、もちろん7月が最後なので、そこで変わる可能性はまだあるが、現状ではそう見るしかない。

尚、確認方法は以下のURLにアクセスし、Desktop Operating System Market Shareの右にあるカレンダーをクリックし、month RangeタブからStart MonthとEnd MonthをMay,2016に変更すれば、5月のシェアになる。デフォルトでは、6月のシェアとなっている。これは、ここで過去にも書いたが、先月と先々月さらに4月で比べるとWindows7の強さがむしろ、補強されているため、もし本気でWindows10が7などと比べて普及しはじめており、皆移行している根拠とするなら、このマーケットシェアを使ってはいけないのだ。
https://www.netmarketshare.com/operating-system-market-share.aspx?qprid=10&qpcustomd=0&qpsp=209&qpnp=1&qptimeframe=M



<決してWindows10の全てが悪い訳では無い>


一応断っておくが、Windows10はデスクトップアプリを使うには悪いOSではない。ただ、UWPを使うには、今の所、駄目OSである。
Windows8.1のモダンアプリ(ストアアプリ)の方が安定性は高かった。昨日ほぼ判明したが、私の環境で一部のアプリがWindows Updateが行われると、UWPアプリの一部が起動できなくなることに気がついた。(asphaltではない

画像


これは、Windows8.1ではこれまで発生したことがない問題である。.Net関連のエラーレポートが作られ、マ社に自動送信されていたが・・・。何も通知はないので問題の解決法はないようだ。ちなみに、この症状は、前回のWindows Updateの際にも起きており、Updateが原因かどうか情報が不足しているので書かなかったが、これで確定した。尚、この問題はPCを再起動するまで続く。

これで発生したUWP関連の問題は、いくつだろうか?小さなものも含めると、数えるのも面倒で、解決策も本当に面倒なものから、メーカーが対応しない限り無理なもの、マイクロソフトの仕様っぽいモノまで様々である。今回は、8.1より劣化しているように見えるので・・・レベルダウンである。APIレベルがいくら上がっても、これでは・・・。


尚、この症状は再起動が必要なアップデートを適用したときに、発生する確率が高いように見える。前々回はなかったので、ある程度環境依存や置き換わるモジュールの依存度が関係しているのだろう。Windows8.1時代のストアアプリではこういう症状はいくつかのストアプリを使ってきたが経験していない。

ちなみに、それ以外は互換性の問題がある古いデスクトップアプリ(Win32/64)やハードウェアを除けば、慣れれば誰でも便利に使えるOSと言えよう。(後は、アップデートを8.1までのように選択できれば良いが・・・)

そういう問題を抱える人は、更新しない方が良い。一方で、特に継承資産に問題がなく(例えばWord、Excelとブラウザぐらいしか使わないなど)メーカーのWindows10アップグレードに関するサポートがあるなら、更新した方が快適なケースも多いだろう。

といったところである。条件を満たせば良いOS、条件から外れると駄目OSになる。古いPCは古ければ古いほど、そしてWin32/64で動作するソフトが多ければ多いほど、不具合が起きやすい。(条件がマッチしなくなる)そのため、ただ更新しただけでは、後悔することの方が多い可能性もある。
だから、8や8.1からの移行は増えても、7からの移行はむしろ減っている可能性が高いのだ。


即ち、7なら無理をせずそのまま使った方が幸せかも知れない。どうしても、10を使いたいなら10搭載のPCやタブレットデバイスを買った方が良いだろう。


WN892【税込】 マウスコンピューター 8.9型 タブレットパソコンカバー&キーボード付属モデル(Office Mobile プラス Office 365 サービス) [WN892]【返品種別A】【送料無料】【RCP】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:最短24時間以内出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□2015年12月 発売【ご購入後


楽天市場 by WN892【税込】 マウスコンピューター 8.9型 タブレットパソコンカバー&キーボード付属モデル(Office Mobile プラス Office 365 サービス) [WN892]【返品種別A】【送料無料】【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Windows 10無料移行」を拒んだ人が悔しがる“根拠”・・・根拠がびっくり  なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる