なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 市川海老蔵さんが会見 妻・小林麻央さん病状報告

<<   作成日時 : 2016/06/09 16:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

小林麻央さんは乳がんだったようだ。ステージは濁しての会見だったが、公にせずに1年8ヶ月、子育てをしながら番組にも数ヶ月前に、テレビや舞台にも出ていたとされることを考えると、頭が下がる。一方で、芸能人というのは、隠していた情報が少しでも漏れれば会見をしなければならないほど、個人や家族のプライバシーとは無縁の仕事なのだと思う。

少なくとも芸能とは遠い私には、家族ががんだと、これほど気丈に振る舞うことは出来ないだろう。


ここまで、するべきではない。酷いという話も世の中ではあるだろうが、私はどこから漏れようが、この会見をすることを決めたことは、とても凄い決断をされたのだと思う。そもそも、隠すと決めたときから、こういうことも考えていたのかもしれない。

子供にも、今まで伝えていなかったという点から言えるのは、この機会を上手に転機にしたいという心情もあるのかもしれない。潔い人だと感心してしまう。


<この先の病状などは語るべきではない>

会見までわざわざして、現状で語れる範囲を語ってくれた人に対して、礼を尽くすなら、これ以上は詮索や推測をしないことだろう。今後元気になっていくとしても、闘病中における家族の時間は、大事である。そっとしていて欲しいと海老蔵さんが言っているのだから、それは尊重すべきである。何より、子供にまだ伝えていなかったこと、そして、この会見を見てという段階で、察さなければならないことは、大人なら分かるはずだ。

会見をしたという事実だけを伝え、専門家見解などは出さず、自宅などに張らず、そこで話した言葉だけでもう終わらせて欲しい。

当人達には、医師から病状が伝わっているはずなのだから、周りが予想して、どうこう言う話ではない。
もし自分や、自分の子供がそういう話題を周りで語られたなら、いい気がする人は少ないだろうから・・・(私は医療関係でもやってきたので、漏れたら患者家族がどう思うかは、よく知っている。)
遠くから回復することを、願うことが、唯一できることだろう。本当に、元気になって、笑顔で回復の会見が出来るようになることを願っている。そして、マスコミが、このお願いに対して紳士淑女であることを願う。



がん生と死の謎に挑む [ 立花隆 ]
楽天ブックス
文春文庫 立花隆 日本放送協会 文藝春秋発行年月:2013年08月06日 予約締切日:2013年08


楽天市場 by がん生と死の謎に挑む [ 立花隆 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市川海老蔵さんが会見 妻・小林麻央さん病状報告 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる