なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS オアシスから34年・・・・思えば遠くへ来たもんだ!!

<<   作成日時 : 2016/05/06 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は5月6日である。
海援隊の曲ではないが(以下動画)感慨深いものである。オアシスといえば、砂漠にある渓地で水の湧いている場所や、憩いの場・・・他に海外のロックバンド、後は、お笑いのオアシズ(光浦靖子と大久保佳代子)などをイメージする人もいるだろう。いずれも違うが・・・このサイトは、PC関連が多いので、それに関係するといっても、若い人は知らない人も多いだろう。


これは、富士通が開発したOASYSシリーズの最初の製品である日本語ワープロ、マイオアシスを発売した日である。当時の希望小売価格は75万円だった。75万円というのが凄い話なのであって、これがOASYSの始まりではない。その2年前にOASYSシリーズは登場している。画期的なのは今の言葉で言えば、このマイオアシスという製品が、100万円を下回っていたことが画期的だったのだ。

人によっては、何これ・・・サーバーか何かなのと思うかもしれないが、これはただのワードプロセッサーハードウェアである。要は、文書作成と印刷をするためにしか使えないコンピュータ製品だった。それが、75万で売り出されて、安価だともてはやされたのである。

後発の富士通が業務ワープロ市場でトップシェアを獲得した画期的な製品である。ちなみに、親指シフトはOASYSシリーズの特徴である。

あれから、34年、富士通は今やPC事業を分社し、この先がどうなるかも分からない。HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)はほぼ政府事業頼み(京の後継)である。SPARC Enterpriseがそんなに売れるわけでもない。ハードウェア事業は厳しい立場にある。

これを当時予測できた人は、ほぼいないだろう。まあ、予測できていても34年経てば彼岸(我々生者からみて三途の川の向こう側)に旅立ったものもいるだろうし、その前に予測は付かないはずだ。多くの人は未だに、日本の技術は世界で通用する凄いものと思っているぐらい楽観的というか、先が見えていないのだから・・・。


まあ、75万のワープロでも売れたほど、不便な時代が34年前にあったのである。もし、あなたが10代ぐらいで34年前はずっと昔だと思っても、きっと今から34年経過した暁に、あなたが生きていれば、34年前は大した昔ではないかもしれない。懐かしめる過去かもしれない。そのぐらいの時間であり、そして34年後には今予想も付かない技術が世界に溢れるわけだ。それが必ずしも、国益や自らの利益にはならなくても・・・。

<思えば遠くに来たもんだ>

30年は一般に世代が一つ変わる時間である。1世代が凡そ20年〜30年であり、今の社会では30年と括ることが多い。(寿命が短く元服が10代だった昔は15年だったかもしれない)そう考えると、子が親になり、父が祖父になり、祖父が曾祖父になり、曾祖父が他界するぐらいの時間である。

それだけの時間の中で、コンピュータの進化は恐ろしいものが合ったと言える。特に、90年代から2000年代の進化は、劇的と言うべきほどだった。グラフィカルなユーザーインターフェース、高度な言語処理、高性能なプロセッサの登場、ディスク容量の飛躍的な向上と、半導体技術の劇的な進化が一度に進んだのが90年代〜2000年代である。

2010年代に入りPCは徐々に一般からはフェードアウトを始めているが、タブレットやスマートフォンなど携帯型のコンピュータデバイスが一般化した。2020年代にはどうなるか?今先を予測するのは難しい。ただ、一つ言えるのは、先の見通しはいつの時代も白紙だと言うことだ。

その白紙にどのような画を描くか、自分が予測したものを描くには、自分がそれを提唱するしかない。

この34年という時間の経過は、全ての家電商品、そして当時のハイテク製品の低価格に及んだ。ワープロはPCのアプリケーションとなりフリーソフト(無料)でも入手出来る何の変哲もないものとなった。キーボードのないタブレットやスマホでも使える時代になり、PC本体は新品で性能を考えないなら2万円台から入手出来る時代。音声認識で入力も出来る。価格は、75万どころか、6万出せばPCならワープロ・表計算からデータベースソフトまで一式揃う時代。本当に、遠くまで来たものである。

ただ、そこまで豊かで便利であるはずなのに、決して幸せとは言えないのが今のものが溢れた世の中である。高くて手の届かないものが安く手に入る時代は、ものに対して、あこがれや羨望を持たない時代でもある。それが、物作りで稼ぐという社会において、一歩間違えれば誰でも失業する恐れがあるといった悲観に繋がってしまう。人は、いつしか精神的な豊かさをどこかで置き去りにしてしまったのかもしれない。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オアシスから34年・・・・思えば遠くへ来たもんだ!! なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる