なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜決定?Android Nの呼称は何になるか?バージョンは・・・

<<   作成日時 : 2016/05/18 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今夜、Googleは毎年恒例の開発者カンファレンスGoogle I/Oを開催する。このカンファレンスは、基本的に開発者に向けたプラットフォームの説明と、新しいAPI、ハードウェアの公開を行うためのものである。
既に、Android 6.1は既存のmarshmallowをマイナーアップデートしたものとして来月にも登場予定となっているが、メジャーアップデートとして、Android Nがバージョン6.2か7.0となり発表されると思われる。呼称が何になるのかも注目だろう。

発表内容として考えられるのは、Android NのAPIと名称の他、Google Glassの後継となる製品であろう。仮想現実(VR)を取り込んだ、Google VRか、それに近い名称を持つ可能性が高いが、こういう製品とAPIが出てくるのは確実であろう。


人工知能技術の強化・・・Coltana、Siriと共に成長しているOK Googleが強化されるというのは、もっぱらの噂として毎年やってくる。今年は、マルチプラットフォーム化でもされて、Android以外にも羽ばたくかもしれない。

Chrome OSの統合は、マイクロソフトのOne Coreと同じで、ChromeOSの開発チームをAndroidチームと統合したことで、その成果が出る頃ということだ。即ち、AndroidベースのデスクトップOSが登場する可能性が高い。もしも、GoogleがSurface BookのようなChrome製品でも出してくれば、驚きを持って報じられるだろうが・・・。

この他に、今はスマートフォンとテレビが中心のAndroidが、さらにIoTデバイスの幅を広げてローレベルAPIやハードウェアドライバへの対応を進める可能性は高い。
その中でも、近年Googleが進めているのは、自動車関連のソフトウェア開発である。自動運転技術を初めとして、カーナビゲーション(Android Auto)連携の機能拡充は、Googleが本気でビジネス分野として注力している部分である。昨年は、Autoを発表し既に国内でも一部の製品で搭載されている。今年は、それをさらに強めることは、間違いないだろう。


一般向けのサービスとしては、昨年は1,600万画素の写真とハイビジョンの映像なら無制限に保存できるサービス(Google Photos)を発表して、ニュースになったが、今年も何か面白いサービスを用意しているかもしれない。
https://www.google.com/photos/about/?hl=ja


ここで、もし人々が凄いと思うものが出てくれば、Googleはさらに成長することだろう。一方で、大したものがなければ、GoogleもApple同様に今年から来年は期待値が下がるかもしれない。まあ、ハードウェア中心のAppleとは違い、コンテンツ検索と広告収入が主軸のGoogleではスタイルが違うが、Appleがコンテンツにシフトし、停滞期で進化を見いだせない今、Googleに期待する開発者が多いのは確かである。


Android Studioではじめる簡単Androidアプリ開発 [ 有山圭二 ]
楽天ブックス
有山圭二 技術評論社BKSCPN_【高額商品】 発行年月:2014年12月 予約締切日:2014年1


楽天市場 by Android Studioではじめる簡単Androidアプリ開発 [ 有山圭二 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夜決定?Android Nの呼称は何になるか?バージョンは・・・ なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる