なんとなく綴ってみた

アクセスカウンタ

zoom RSS 次はJALシステム障害、3重4重のシステム障害対策を求める人・・・不可能

<<   作成日時 : 2016/04/01 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今度は、JALで重量管理システム障害が起きたようだ。予想するにジャーナルのキューが捌けない問題が起きたのだろう。通信プロセスまたはサーバーの再起動を行ったと思われる。結果的に、少なくとも46便が欠航となっている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160401-OYT1T50093.html?from=ytop_ylist


航空機における重量管理システムの役割は、離陸重量の超過を防ぐことが最大の目的である。
航空機は、離陸可能な重量に上限がある。それを上回ると、地上から浮かび上がるだけの揚力が足りず、一瞬浮いて墜落する。昨年だったか、調布飛行場でPA-46が墜落した事故では、それが原因とも言われているが、航空燃料の量を積載貨物や人員の重量によって調整するのが、重量管理システムの役割である。

ちなみに、2000年代前半までは、手作業が多かったが、現在はデジタル化されている。ちなみに、間違いがあれば、命に関わるため、飛行前に機長はこの積載量を必ず確認(再計算)してから、離陸許可を申請しなければならない。


<障害対策の限界>

そんな、システムで起きたトラブルだが・・・これに対して何か対処可能な対策があるかは分からない。
正直、通信プロセスの停止であれば、バックアップする仕組みを作るのは難しい。なぜなら、もしメインのソフトが停止したら予備のシステムで動くという仕組みを作っても、原因が電文(通信しているデータ)と、システムの設計にあるなら、予備のプロセスもその電文を送るタイミングで止まってしまうからだ。



要は、道幅が5mの道を2本造り一本は、日頃使う道、網一本は災害時(それが使えない時)のみの緊急ルートとして災害の時だけ動くとしよう。その道幅に、幅6mの車が入ろうとしたら、それより後ろの車は止まるだろう。
止まったから、緊急ルートに迂回したら、やっぱり6mの車は通れない。結局、同じ事になる訳だ。

これは、本当に分かり易い例えに過ぎないが、新設のシステムで無ければ、そういった電文異常(本来の基準から外れたデータが届くこと)によってこういうトラブルが引き起こされることが多い。


もちろん、これ以外にメモリーリークなどの原因や、ANAがそうだったようにスイッチ機材の故障によって生じることもあるが・・・。何でも多重化すれば、起きないだろうという話にはならないのである。

そもそも、多重化は凄まじく金が掛かり、場合によっては多重化の同期プロセスが複雑な調停ソフトの開発に繋がり、バグを生み出すこともある。要は、多重化すれば、お互いを同期したり管理するためのソフトウェアが複雑になり、そのバグが、システム障害を誘発することもあるわけだ。

あちらをたてればこちらがたたずという状況になる。何より、多重化をやり過ぎれば、消費電力や設置スペースも大きくなり、ハードやソフトにお金をかけるより、人件費の方が安くなるケースもある。コストに対するロスの部分で、帳尻が合わないのである。


システムは何重にもバックアップを取れば大丈夫という人は、よくいるが・・・それは、家のデータでもバックアプスル時に言えることで、一企業のシステムを管理する中では、それがソフトウェア専業メーカーなど、それを売りにするメーカーで無ければ、無停止のミッションクリティカルシステムを組むのは難しい。

今それが出来るのは、電子決済が多い金融系のシステムぐらいだろう。それでも、一部でシステムトラブルが起き止まることがある。(全体が止まるのは希だが、未だにゼロではない。)本業が、そもそも電子的なものではなく、人を動かす物の場合は、残念ながら無停止のシステムを導入するのは難しい。

強いて言えば、GoogleやMicrosoft、Amazonなどのクラウドサービスに統合でもすれば、将来的に出来るかも知れないが・・・。それらも、2〜3年に一度はログインなどで、何らかのトラブルを起こしているので、ゼロにはならないだろう。

考慮不足やバグは必ずあり、故障もいつかは起きる。問題は、それが業務に影響する時間帯におきるか、それともほとんど人が動かない時間に起きるか・・・電子システムというのは、実はその程度の差であり、実体は結構脆弱なものかもしれない。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次はJALシステム障害、3重4重のシステム障害対策を求める人・・・不可能 なんとなく綴ってみた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる